akatonbo-jo.cocolog-nifty.com > 翔羊(しょうよう)山荘修理ワークの記録(2011年9月)

2011/9/23~25 翔羊山荘ワーク
翔羊山荘
看板が落ちそう
鹿島槍にはガス
五龍・唐松へ続く
爺ヶ岳
唐松から白馬へ
五龍
鹿島槍ヶ岳
鹿島槍から五龍へ
鹿島川から鹿島槍
翔羊山荘散策路
中央高速豊科インター付近
中央高速豊科インター付近 カリンの樹
初日の夕方
初日の夕方
鷹取さん、吾朗ちゃん、インちゃん
流しの宮崎さん
初日の夜の宴会
大阪から4名の登山客を受け入れ
中川さんと吾朗ちゃん
二日目早朝 台所の改修工事に入る
看板をどう外すか思案するインちゃん
30キロはある重い看板
木ねじが廻らない
看板をロープで梁に固定し落下を防止する
パイプをくわえて見守る鷹取先輩
一方、台所チームは 穴から覗く
床板を全て撤去する事にする
考古学で言う試掘坑 ピットやね
看板チーム遂に宮崎リーダー登場
黙々と梁の鉄板を外す宮崎さん
インちゃんと不思議と息が合う二人
あれ~看板が墜落した~!
良かった!インちゃんは二階に逃げていました
喜ぶ二人 看板はどうなった?
木の下に横たわる看板 これで冬を越すのか?
梁の部分が壁に穴が開いたどうする
取りあえず、看板を支えた板を切断
看板を支えていた板を切断する二人
やっと岡本さんに仕事です 防水・防腐加工です
一方台所チームでは地味な作業が続く
看板を支えていた板には2本のボルト有り
廃材をどんどん燃やす
台所チーム 床板を全て外したようです
中川さん、吾朗ちゃん、阪本さん真剣です
ノコギリを引く中川さん 見守る二人
防水・防腐加工をされた看板
床の横材に取り掛かる
河原に岡本さんと気分転換に出かける
鹿島川河原 アカン 鹿島槍は雲の中
唐松方面が僅かに見える
小屋に帰る岡本さん
四十数年ぶりに開いた床下
基礎には全てジャッキを入れる
お茶の時間にしようよ
防腐材加工をした床を支える材木
次は床板を張る作業か
未だ10時40分です ティタイム
しばし、くつろぐ飯場の人々
床板を張る前
穴のあいた壁に材木を埋め込む
ベランダ支柱の基礎を掘り起こす
基礎を掘り起こせました
このまま埋め戻します
翔羊山荘
隣の山小屋
隣の山小屋
台所のテーブルの組み立て
看板にボルトの埋め込みとフック
昼はトマトカレー
森田さん美味しい食事有難う
楽しい昼飯 台所は使用不可
看板がちゃんと出来ました
看板を取り扱ったメンバーです
看板を取り扱ったメンバーです
森田さんの車がバッテリー障害
床板を張り替えました
水道のスイッチを教えて貰う
看板チーム仕事が終わり休憩
看板チームやる事無し
晩御飯 晩御飯
長野在住のOBからの差し入れ
今回の修理完了山小屋
後立山連峰ともさようなら
翔羊山荘ともお別れ
大町ともお別れ
秋の大町の田園
大町ともお別れ
後立山の山々
初秋の安曇野
蓮華岳でしょうか
初秋の安曇野
初秋の安曇野
秋の安曇野
道祖神
八ヶ岳
八ヶ岳