akatonbo-jo.cocolog-nifty.com > 国指定名勝 三渓園

月華殿
聴秋閣
蓮華院
合掌造 白川郷より移築
合掌造 二階
古民具
とても可愛いい三羽
白いネックレスお洒落
ぬいぐるみみたい
カモ、カモ、カモ・・・・
餌くれ
鯉三兄弟
鵜が侵入
着水か
着水の瞬間
暮色飛行
猫コイを狙う
亀の子石神社
亀の子タワシ奉納
三渓園入口
藤棚より大池を眺める
大池と鶴翔閣を眺める
大池と三重塔 絶景なり
バウバウの木みたいだ
大池を影を映す三重塔
餌くれ 大池の鯉
鯉の三兄弟
原三渓(富太郎)旧邸宅 鶴翔閣
鶴翔閣(かくしょうかく)案内
原三渓(富太郎)旧邸宅 鶴翔閣
原三渓(富太郎)旧邸宅 鶴翔閣
原三渓(富太郎)旧邸宅 鶴翔閣
原三渓(富太郎)旧邸宅 鶴翔閣
涵花亭と観心橋をながむ
三渓園茶寮、月影の茶屋
星桜は未だつぼみ
沢山のカモ
麩をあげること出来ます
涵花亭とカモたち
梅林に向かう
海岸門(ここから内苑です)
梅林
海岸門 鬼瓦と桃
蓮華院 三渓作、田舎風茶室
竹林の茶室
下馬
重要文化財 旧天瑞寺寿塔覆堂
重要文化財 臨春閣
旧天瑞寺寿塔覆堂説明
重要文化財 旧天瑞寺寿塔覆堂
亭榭
亭榭
聴秋閣遠望
重要文化財 臨春閣
庭園の川
臨春閣
襖絵は狩野探幽、狩野安信
瓢箪文手水鉢
臨春閣より三重塔を観る
天楽の間
天楽の間
次の間
次の間
臨春閣と庭園
臨春閣庭園
亭榭遠望
重要文化財 月華殿階段
重要文化財 聴秋閣
重要文化財 月華殿
月華殿
月華殿 皆さんここで茶会できます
重要文化財 天授院
重要文化財 天授院
月華殿、金毛窟(茶室) 説明
天授院説明
梅と天授院
梅と天授院
月華殿
茶室 金毛窟
月華殿
重要文化財 金毛窟(茶室)
庭園の階段を下る
月華殿を見上げる
竹の橋がいいですね
重要文化財 聴秋閣説明
重要文化財 聴秋閣
重要文化財 聴秋閣
苔むす屋根と裏山
障子から庭がながむる
上品な作りですね
モダンな造形 聴秋閣
モダンな建物 今でも斬新
感激の光景 亭榭と臨春閣
聴秋閣裏庭
奈良から石棺
春草盧前に置かれた石棺
石棺の蓋
春草盧待合
重要文化財 春草盧
茶室 春草盧
重要文化財 春草盧説明
茶室 春草盧
茶室 春草盧全景
春草盧庭園 飛び石に注目
庭の苔
巨木あり
竹林の茶室 蓮華院
茶室 蓮華院
蓮華院説明
蓮華院庭 飛び石に凝ったそうです
竹林と茶室
旧天瑞寺寿塔覆堂
臨春閣と池
池に映る臨春閣
桜の古木
臨春閣
内苑庭園景色
臨春閣説明
亭榭のある風景
浪華の間
浪華の間 伝:狩野永徳
琴棋書画の間 狩野探幽
琴棋書画の間 狩野探幽
水仙の花
唐風門
お庭の橋
竹林茶室 蓮華院風情
海岸門から外苑へ
上海横浜友好園
湖心亭 上海横浜友好園
上海横浜友好園
昭和30年代までは海岸
昔の横浜三渓園海岸
大正10年の内苑 月華殿には回廊が
昔は移築した僧坊を休憩所にしていた
松風閣への山道
関東大震災前の松風閣
松風閣 
埋め立てられた海岸 昔は眺望が抜群
三重塔への尾根道
聚星軒を明治20年初代、善三郎が建造
出世観音
三重塔出現
重要文化財 旧燈明寺三重塔
旧燈明寺三重塔 解説
三重塔 関東大震災でも無事か
美しい姿ですね
500年以上昔の建物
聳える三重塔
見あげる三重塔
綺麗な姿です
初音茶屋、湯茶接待
初音茶屋と湯茶接待
初音茶屋
水仙と梅
水仙群生
臥竜梅 下村観山名作のモデル
臥竜梅
滝があります
幽谷の滝
重要文化財 旧東慶寺仏殿
旧東慶寺仏殿解説
合掌造(旧矢箆原(やのはら)家住宅)
合掌造(旧矢箆原(やのはら)家住宅)
合掌造(旧矢箆原(やのはら)家住宅)
巨大建造物
合掌造(旧矢箆原(やのはら)家住宅)
臼と杵
囲炉裏
あんどん部屋
囲炉裏部屋
二階 民具展示
機織り機
いじり臼 江戸時代
臼と杵
欄間工芸 扇模様
欄間 錨(いかり)
欄間 櫓
1階囲炉裏
馬小屋 橇
馬小屋
田舎家 石置き屋根
二階の窓
茅葺き屋根
2階の窓
屋根の風景
横笛庵
月影の茶屋
横笛の庵
待春軒
紅梅
昔の風景
重要文化財 旧燈明寺本堂
重要文化財 旧燈明寺本堂
旧燈明寺本堂 解説
重要文化財 旧燈明寺本堂
灯篭のある風景
灯篭と大池
観心橋
杉の茶屋
大池
涵花亭
観心橋
楠公社と観心橋
涵花亭より三重塔
梅と三重塔
梅香る涵花亭
梅と大池
観心橋
白梅と大池
紅梅
水仙と梅
清楚 水仙
高浜虚子句碑
高浜虚子句碑
明治35年鶴翔閣風景
松の浜
三渓園地図
御門
大正初めの頃の御門
春の七草
春の七草
森に囲まれた大池
着水の瞬間
暮色旋回
夕闇迫る三渓園