明治25年から大正11年60歳で没する30年間住まいとした場所。この自宅から江戸湾や品川沖の白帆が見えたという。