akatonbo-jo.cocolog-nifty.com > 御坂黒岳登山

可憐な白い清楚な花
黒岳から観る富士
黒岳から観る富士 ハエが飛んでいます
黒岳から観る富士
黒岳から観る富士
黒岳から観る富士 ハエが飛んでいます
黒岳山頂 G4メンバー
アールヌーボー風 
キンバイの仲間でしょうね
新道峠にて
食中植物でしょうか ウツボカズラの仲間か
清楚なブローチのようですね
何と言う花でしょうか
クサタチバナでしょうか
新道峠にて見る富士
河口湖
河口湖
登山口 天下茶屋
トンネルは有形文化財です
有形文化財 御坂隧道
文化財 御坂隧道
天下茶屋から眺める風景
御坂峠まで70分 登山開始10時10分
井伏鱒二が建立した太宰治碑
いきなり厳しい登りが連続
霧で前が見えない
お!峠の分岐か
若者は元気一杯
厳しい登りですね~
新緑のブナの森
落ち葉の絨毯の道 豊かな森だ
湿度100% 五里霧中
ヤマツツジでしょうか
やっと花と出会えた 山躑躅
眼下に河口湖
G4五里霧中
落ち葉がスポンジのよう 快適
御坂峠か
御坂峠
御坂山山頂にて記念写真 11時30分
御坂山山頂にて G4記念写真
もののけの森
新緑に包まれる巨木の森
御神木
御神木の幹
霧の彼方に河口湖
霧の彼方に河口湖 ピントが合わず撮影困難
黒岳尾根を歩くG4
もうすぐ黒岳のはず
霧のブナの森を縦走するメンバー
閉鎖された御坂峠の小屋
閉鎖された御坂峠の小屋
なんだ此処が御坂峠か 黒岳まで1時間10分
御坂茶屋の名前がある
御坂峠標識
御坂城跡
微かに祠が見える
御坂天神様だそうです
空堀を撮影したけど・・
稜線に沿って深い空濠
空堀が延々と続く 遺跡が残っている
御坂城空堀り跡
登山道に沿って向こう側が空濠(掘)
何と言う花でしょうか
キキョウの種類でしょうか
ヤマツツジ
満開のヤマツツジ
満開のヤマツツジ
黒岳頂上が近い
黒岳自然保存地区
標高1792メータ 黒岳山頂
頂上で昼食をとる登山者達
黒岳山頂展望台へ
黒岳展望台 何も見えん
眼下に河口湖 富士は?
蠅が飛び交う展望台
黒岳山頂 G4メンバー 13時到着
黒岳山頂 赤坂メンバーと
新緑のブナの森
新緑のブナの森と落ち葉の歩道
新緑の森に吸い込まれる
新緑がこんなに美しいとは
可愛いい花をみつけた
縦走を続ける
すずらん峠から河口湖
すずらん峠から河口湖
すずらん畑への案内 まだ咲いていない
破風山に向かう
破風山に向かう 10分程度か
薄くらい木立の道
珍しく笹が生えて来た
霧の木立の道
破風山山頂到着 14時30分
キキョウの種類でしょうか
可愛いい 提灯のような花
御坂山山頂にて記念写真
御坂山山頂にて G4記念写真
眼下に河口湖
眼下に河口湖
眼下に河口湖
残念富士が見えない
眼下に河口湖
眼下に河口湖
ウマノアシガタでしょうか
ウマノアシガタでしょうか
新道峠から観る富士
新道峠から観る富士
これ花でしょうか?
ブローチのような花
山躑躅の種類でしょうか
文化勲章のような花
新道峠から下山するメンバー
やっと林道に出る 4時のバスには間に合わない
樹を切り出すレール
富士が顔を出し始める
林道から眺める富士
林道から眺める富士
林道から眺める富士
林道から眺める富士
ダムと富士
目の前に富士
夕闇迫る富士
ホテルの部屋から眺める河口湖
ホテルの部屋から眺める河口湖
右はしが黒岳で左の山々を縦走した
右はしが黒岳で左の山々を縦走した
黒岳と河口湖
黒岳 よく歩いた
ホテルの部屋から眺める河口湖
ホテルの部屋から眺める河口湖
カチカチ山ケーブルカー