生贄が必要であり、戦争を恒常的にアステカ人は行った 毎日200人程度生贄を捧げていた