西側断層は糸魚川ー静岡構造線(ISTL) 東は、新発田(しばた)-小出構造線(SKTL)
と柏崎ー千葉構造線(KCTL)で構成されると考えられている。従い、関東山地はフォッサマグナの中に包含される事になる。