明の時代に創建され、清の時代に再建された峨眉山の麓に位置する最大の寺院。此処から峨眉山の巡礼が始まる基点。