一般の車両は此処で終わり。此処から峨眉山には専用のバスで登ります。(道幅が狭く急カーブが多く危険なのです)