『古事記』『出雲の国風土記』に登場するヌナカワヒメと八千矛命(大国主命)との恋の話は翡翠の原産地と流通業者の提携を物語っている。