定かではないようです、本物はプノンペンの博物館にあるそうです。これが、誰か諸説あるようですね。三島由紀夫は此処を訪れ、戯曲”ライ王のテラス”を書いたそうです。