akatonbo-jo.cocolog-nifty.com > 蓼科山登山

2009年7月15日早朝in 横浜
蓼科高原の神秘的な沼
蓼科高原の神秘的な沼
ピラタス蓼科ロープウエイ
標高2237メータの坪庭に到着
北八ガ岳案内板
南アルプス右から仙丈、甲斐駒、北岳
南アルプス背景にin 坪庭
中央アルプスの峰々(空木岳等)
溶岩の鞍部
坪庭と強風の空
北横岳への登山路
坪庭の散策路
中央アルプスから乗鞍
縞枯山荘にて
縞枯山荘は風力発電
これで山荘全ての電気をまかなう
縞枯山荘
中央アルプスを眺めロープウエイ下る
南アルプス(仙丈、甲斐駒、北岳)
南八ガ岳連峰
南アルプス(仙丈、甲斐駒)
北アルプス(穂高、槍方面)
南アルプス(仙丈、甲斐駒、北岳)
ゴンドラにて御泉水自然園に行く
湧水に魚が泳ぐ(透明)
伏水湿原植生
ハクサンシャクナゲ
御泉水に咲く野草
蓼科牧場
バーベキューパーテイ
炭で焼く
虹マスのホイル焼き
夕暮れ迫る
夕暮れ迫る
ジョージ意外と美味いよ!
鮭のホイル焼き
明日の蓼科山登山の検討
カウンターに酒を並べて登山検討
大河原峠 登山ルート
大河原峠登山口
大河原峠から見る浅間山
妙高・戸隠から白馬連山か
大河原峠 さあ出発朝8時20分
大河原峠とその周辺地図
大河原峠と前掛山
蓼科山まで3.2キロ
尾根に直登する道はガレの急斜面
尾根に出ると周りの木が枯れている
尾根筋を歩く
蓼科山が見えました
尾根筋から見える南アルプス甲斐駒
枯れ木と青空
蓼科山がチラ
ひどい立ち枯れ状態
尾根筋には立ち枯れの丸太が
立ち枯れの木が気になります
将軍平・赤谷分岐
大河原峠・赤谷分岐
もうすぐ将軍平ですよ
蓼科山が迫って来ました
赤岳を盟主とする南八ガ岳連峰
浅間山・白根山方面を遠望 
将軍平と蓼科山
将軍平 蓼科荘 9時50分到着
蓼科荘
将軍平 蓼科荘
夏の客に備えた荷物がヘリで到着
三人が山荘に到着しました
蓼科山山頂から南八ガ岳と南アルプス
南アルプス(仙丈、甲斐駒、北岳)
南八ガ岳連峰
中央アルプスの峰々
中央アルプスの峰々
乗鞍岳から穂高・槍連山に連なる
荒船・妙義・浅間山・烏帽子岳方面
白根から妙高・戸隠方面を望む
霧ケ峰方面
岩ちゃんやりましたね!
古河さん初めての百名山登頂
360度展望が出来る
小学生の昼食と槍・穂高連峰
岩だらけの山頂 さて昼飯にするか
荒船山、妙義山方面
蓼科山頂上ヒュッテ
頂上付近案内図
中央アルプス連峰(木曾駒、空木)
奥穂高、涸沢岳、北穂高岳
穂高の峰々
蓼科山神社
お賽銭をあげ、お参りしました
今日は小学生と高校生が沢山
白樺湖 後は車山 その後ろは乗鞍岳
白樺湖と乗鞍岳、奥穂高連峰
奥穂高から槍ガ岳、常念岳の峰々
山と子供たちと空と
南八ガ岳連峰(盟主は赤岳)
方位盤で眺める爺さん三人
蓼科山山頂方位盤にて
甲斐駒とトンビ
南八ガ岳連峰
下山を始める昼の12時
小島さんでかい荷物ですね
女子高生300人が登ってきます
将軍平への下りの岩場
子供を背負うリュック
将軍平から天祥寺原への下り
ルートを探す岩ちゃん
天祥寺原分岐到着15時
大河原峠に笹で囲まれた道をゆく
天祥寺原分岐に全員到着
蓼科山と鞍部の将軍平を望む
双子池へのルート
天祥寺原 亀甲池・双子池分岐
道が良くなりました あと40分
亀甲池・双子池方面
大河原峠に到着16時15分
烏帽子・白根山方面を望む
登山口に戻りました
大河原ヒュッテと前掛山
小島さんお疲れさん
合宿は無事終わりました