帰路の長旅用におむすびを焼く。千葉迄は遠路である、腹が減る、そこで、おむすび。