山小屋のまわりの木々の間から、朝日が昇る。

私はこの瞬間がすきである。生きていて良かった。