« 南ゴビ砂漠探鳥紀行(2018年6月15日~20日) 総括 | Main | エゾライチョウとクマゲラを見る旅 総括編 »

2018年春の渡りの飛島 総括編

 1.概要
 
 

 渡りの季節の飛島は格別ではないでしょうか。今年は連休明けに珍鳥のラッシュとなったようです。私は残念ながら11日の羽田発の始発の飛行機で庄内空港から酒田港に向かい、フェリーに乗船予定でした。しかし、2度あることは3度ある、今回も欠航となり酒田で沈となった。本当に私は飛島にと相性が悪いのかも知れない。

 

 しょうがないので、11日は酒田の日和山で探鳥することとなり、私と同じように欠航で押し止めされたバーダーが10名ちかくおられたのではないだろうか。オオルリ、コルリ、ヒタキ類、マミチャジナイ、ムシクイ類を観察できた。その日の夕方には長野から同行する鳥友 遠藤さんが酒田に到着し夕食を共にした。美味しいフランス料理店でした。

 

 12日は無事フェリーも出航し私は14日まで、遠藤さんは15日まで探鳥することになる。共に今回も飛島のプロ、梁川さんにガイドをお願いした。

 

 さて昨年の春の飛島は以下の通リでした。昨年は4月後半、渡りの前半部となり、今年は後半となります。さて、違いはあるのか。

 

 2.記録
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 南ゴビ砂漠探鳥紀行(2018年6月15日~20日) 総括 | Main | エゾライチョウとクマゲラを見る旅 総括編 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 南ゴビ砂漠探鳥紀行(2018年6月15日~20日) 総括 | Main | エゾライチョウとクマゲラを見る旅 総括編 »