« 豪州鳥見紀行 目次編 | Main | 2017年 春の渡りの飛島記録 »

豪州鳥見紀行 ケアンズ・エアーズロック・シドニー チエックリスト

 2018年1月28日に日本を旅立ち29日、30日をケアンズで探鳥、31日、2月1日をエアーズロックで探鳥、2月2日、3日をシドニーで探鳥した。以下はその成果である。
 飼育個体や亜種や移入種を除き初見となった野鳥は43種である。初見亜種は6亜種となりました。
 家族旅行でこれだけの成果が出るのは場所がオーストラリアという特殊な大陸だからだと思います。ケアンズでは探鳥地が植物園と海岸だけで、今後20カ所以上残された探鳥地を是非宿題としたい。
 
 今回の探鳥記録が出来たのは、丁度私が日本を出る2018年1月末に出版された以下の図鑑があったから出来ました。
 
 著書名 : ケアンズ探鳥図鑑
 著者  :  松井 淳
 出版社 : 文一総合出版 
 
  エアーズロック地区ではこの図鑑では困難でした、しかし、シドニーでは大丈夫だったと思います。図鑑はケアンズの詳しい探鳥地についても地図や記述が詳しくケアンズに行かれる日本人には必須のフィールドガイドと思います。松井さんに感謝します。
ダチョウ目
 
  ヒクイドリ科
  ・Southern Cassowary   ヒクイドリ          飼育(ケアンズ個体
  ・Emu                          エミュー            
 カモ目
 
  カササギガン科
  ・Magpie Goose             カササギガン
  ・Black Swan                コクチョウ
  ・Raja   Shelduck           シロガシラツクシガモ
  ・Pacific Black Duck       マミジロカルガモ
  ・Hardhead                   オーストラリアメジロガモ  (亜種)
 キジ目
 
  ツカツクリ科
  ・Australian Brushturkey      ヤブツカツクリ
  ・Orange-footed Scrubfowl   オーストラリアツカツクリ
 ペリカン目
 
  トキ科
  ・Auatralian White Ibis     オーストラリアクロトキ
  ・Royal Spoonbill            オーストラリアヘラサギ
    ・Nankeen Night Heron    ハシブトゴイ  (飼育個体)
  ・White-faced Heron      カオジロサギ
  ・Pacific Reef Heron      クロサギ    (日本と同亜種)
  ・Australian Pelican       コシグロペリカン
 カツオドリ目
 
  ウ科
  ・Little Pied Cormorant    シロハラコビトウ
  ・Little Black Cormorant  ミナミクロヒメウ
  ・Australasian Darter      オーストラリアヘビウ  (亜種 novaehollandiae)
 ツル目
 
  クイナ科
  ・Australasian Swamphen  オーストラリアセイケイ
  ・Dusky Moorhen             ネッタイバン  (日本と異なる別亜種 tenebrosa )
  ・Eurasian Coot               オオバン   (日本と別亜種 australis )
 チドリ目
  イシチドリ科
  ・Bush Stone-curlew        オーストラリアイシチドリ
    チドリ科
  ・Masked Lapwing            ズグロトサカゲリ
  ・Greater Sand Plover      オオメダイチドリ    (日本とは異なる亜種)
  シギ科
  ・Bar-tailed Godwit          オオソリハシシギ   (亜種 baueri)
  ・Far Eastern Curlew        ホウロクシギ            (日本と同じ)
  ・Great Knot                   オバシギ             (日本と同じ)
  ・Red-necked Stint          トウネン         (日本と同じ)
  ・Curlew Sandpiper          サルハマシギ      (日本と同じだが初見)
   カモメ科
  ・Silver Gull                    ギンカモメ
 ハト目
   ハト科
  ・Spotted Dove               カノコバト
  ・Crested Pigeon            レンジャクバト
  ・Diamond Dove      ウスユキバト
    ・Peaceful Dove              オーストラリアチョウショウバト
  ・Torresian Imperial Pigeon    パプアソデグロバト
 フクロウ目
  メンフクロウ科
  ・Eastern Barn Owl         オーストラリアメンフクロウ (飼育個体)
 ヨタカ目
  ガマグチヨタカ科
  ・Tawny Frogmouth         オーストラリアガマグチヨタカ (飼育個体)
 ブッポウソウ目
  カワセミ科
  ・Laughing Kookaburra     ワライカワセミ
  オウム目
  オウム科
  ・Little Corella                      アカビタイムジオウム  (飼育されていた鳥が野生化)
  ・Sulphur-crested Cookatoo   キバタン
  インコ科
  ・Rainbow Lorikeet                ゴシキセイガイインコ
  ・Yellow-tailed Blackcokatoo   キミミクロオウム
 スズメ目
  ミツスイ科
  ・Brown Honeyeater              サメイロミツスイ
  ・Hornbill Friarbird                 ケープヨークハゲミツスイ
  ・Yellow-throated Miner         コシジロミツスイ
  ・Varied Honeyeater              タテフミツスイ
  ・White-plumed Honeyeater    ミミジロコバシミツスイ
  ・White-fronted Honeyeater    シロビタイキバネミツスイ
  モリツバメ科
  ・Black Butcherbird               クロモズガラス
  ・Australian Magpie                カササギフエガラス
  コウライウグイス科
  ・Australasian Figbird             メガネコウライウグイス
  ・Olive-backed Oriole             シロハラコウライウグイス
  オウチュウ科
  ・Spangled Drongo                  テリオウチュウ
  オウギビタキ科
  ・Willie Wagtail                       ヨコフリオウギビタキ
  ・Grey Fantail           ハイイロオウギビタキ
  カササギビタキ科
  ・Magpie-lark                         ツチスドリ
  カラス科
  ・Torresian Crow                   ミナミガラス
  ツバメ科
  ・Welcome Swallow                 オーストラリアツバメ   (亜種 neoxena )
  ムクドリ科
  ・Common Myna                     インドハッカ  (移入種)
  ハナドリ科
  ・Mistletoebird                        ヤドリギハナドリ
  カエデチョウ科
  ・Scaly0breasted Munia            シマキンパラ (移入種)

|

« 豪州鳥見紀行 目次編 | Main | 2017年 春の渡りの飛島記録 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 豪州鳥見紀行 目次編 | Main | 2017年 春の渡りの飛島記録 »