« October 2013 | Main | December 2013 »

冬鳥の季節到来

 3年前頃から鶴見川の散歩の途中で鳥の撮影を始めた。最初は300㍉の望遠レンズで鳥を撮り始め今年の春頃から500㍉超望遠レンズを師匠の指導の元に使用始めた。夏頃からはニコンD7100を購入し使用している。

 12月には今年一年間の鳥撮の総括をする積りです。鶴見川で撮影した鳥、大倉山で撮影した鳥、北海道で撮影した鳥、その他地域での撮影と総括する積りです。

 数年前までは鳥と言えば、鶏・カラス・スズメ・カモメ程度しか知らない者が随分と鳥の種類を覚えるようになりました。日本では540種類程度の野鳥が確認されているそうですが、今年旅行したインドネシアでは1500種類の野鳥が存在しているそうです。

 鳥は恐竜の子孫であるとすれば、長い地球変動の歴史のなかで、熱帯地帯のインドネシア地域で主に生存できたのかも知れない。以前、ブログに記事を書いたが恐龍は夏と冬の季節で地球を南北に大移動していたらしい。鳥の渡りの習性はその記憶であるという話でした。

 病原体も鳥は恐竜時代からのものを持続している可能性があるのではないか。ウイルスで鳥インフルエンザというのも実は恐竜時代からの仲間かも知れない。ユカタン半島に衝突した巨大隕石で地球上の生物、特に恐竜が絶滅したらしいが、鳥の種類の恐竜だけは生き残った。卵を羽毛で抱卵するという子孫の残し方が生き延びた理由かも知れない。

 しかし、鳥は空を飛ぶという素晴らしい能力をもっている。鳥類以外で空を飛べるのはいるのだろうか、ムササビは滑空で飛ぶとは云わない、トビウオも滑空だ何㌔も飛べないと思う。コウモリと昔の翼龍程度だろうか。

 毎日、早朝から鶴見川の同じ場所での観測を始めてもうすぐ10カ月目になるでしょうか、その前も近くの河原を歩いて鳥の撮影をしていたので3年目という按配です。定点観測という観測の仕方ですが、年末の総括が楽しみです、果たして何種類の鳥の撮影が出来たか、どんな面白い写真が撮れたか。御期待下さい。

 来週は日本を離れ、ギリシャ旅行です、エーゲ海やオリンポスを観てくる予定です。経済状態が最悪のギリシャだそうですが、実体はどうなのか見聞して来ます。12月初めには帰国する予定です。

| | Comments (0)

ルソン島の大災害

 風速90㍍以上の風が吹く台風だったそうだ、ルソン島のレイテ島の惨状が毎日放映される。風速90㍍の風が吹けば木造家屋は殆ど全壊するらしい、そんな過酷な自然災害が起こっていたのだ。アメリカと日本が中心になり災害救援に向かっている、自衛隊も千人規模で投入するらしい。一刻も早く困っている人々を救って欲しいと思います。

 考えてみると、古代からこのような台風がルソン島や日本列島を襲っていたのでしょうね。そして、インドネシアやジャワ島から日本列島まで火山や地震、津波の災害が日常茶飯事の如く襲っていたのかも知れない。海を媒介とする文化を築いたこれ等の島々の地域は台風や地震や津波で跡かたも無く失われているのかも知れない。

 浦島太郎の物語そのものが、私には津波による災害の記憶ではないかと思っています。一瞬のうちに津波により消滅した海岸の村の惨状を浦島太郎の伝説に感じる事が出来ます。記紀に記録された伝説や古代から伝えられた物語には南方から伝播した話が多いと思います。

 かぐや姫の物語も竹の文化ですから、南方の文化で隼人が伝えたと想像されます。事実、かぐや姫の舞台は隼人荘があった京田辺の木津川のほとりです。因幡の白ウサギの話も『ワニ』は揚子江に生息するワニを神と崇める長江下流域からの渡来した人々であるという説に私は賛成したいと思っています。

 和邇氏の先祖をそのように考えていますし、白兎は以前も紹介しましたが、新羅・宇佐・今来の意味があると考えています。和邇氏は古代に於いて天皇家に多くの皇后を出した名門家系でした。海幸彦・山幸彦の物語も隼人が伝えた伝承でしょうね。ともかく、フィリピンの惨状をテレビで観ていると人ごとではないような気持ちになります。

 川霧と真白き富士

 この数日、早朝の鶴見川は川霧が立ち込め、富士は真っ白なお姿をされています。防寒完全装備で、日の出の6時15分程度に自宅を出て鶴見川へでかけ日の出の光が富士を照らす風景を眺めている。ススキが河原一杯に茂りその間から富士を眺めている。川霧は上流から下流方向に流れてくるのですね、川の流れに沿っているのだ。

 急に真冬となり、蛇や蛙や冬眠する連中は慌てているでしょうね。鳥も、寒さに弱いものもいるのではないだろうか、『カワセミ』が活動始めるのは8時半過ぎですね、寒朝は苦手のようです。『コガモ』も飛び始めるが遅いです。朝早くから、ウルサイのは『ヒヨドリ』や『ジョウビタキ』、『アオジ』、そして夜中から活動していた『ササゴイ』とか『アオサギ』でしょうか。

 『アオジ』という鳥は私の座る後ろの草むらで鳴いています、振りかえると、草むらの中をあちこちと気ぜわしく動いています。地上をウロウロする鳥なんですね。だから、なかなか撮影が難しいです。『ウグイス』と同じですね。

 明日からは、あまりに河原の北風が寒ので8時頃から観察とします。手が凍えそうだから。

  

| | Comments (0)

横浜自然観察の森

 昨日、『横浜 自然観察の森』に出かけた。毎月第二日曜日にはバードウォッチングのイベントがあるというので、初めて参加した。横浜から京浜急行で金沢八景駅に向かい、バスで15分で横浜霊園前に到着する、そして山を7分程度登れば到着する。

 子供達も親に連れられ、参加している、森は横浜市が管理しており専門のレンジャーもおられ、安全に子供達も参加できるようです。日本野鳥の会のメンバーや森の友の会の専門家が大勢付き添ってくれるので、鳥の知識が無くても丁寧に教えて貰えます。自然を学ぶフィールドではないでしょうか。

 参加した小学生の子供は私よりも鳥に精通していると感じました。子供の能力とは凄いという事を改めて思い知りました。自分の興味ある事には才能が大人が学ぶより早く深く開化してゆくのだ。やはり、子供には色んな世界を経験させておく必要があるようです。

 私が参加したグループのリーダは大ベテランの老師でした。鳥を知るには、鳥の事だけでなく、樹木を勉強したり鳥の好む環境を勉強しなければならないそうです。鳥が生きている環境、自然を知りなさいという事ですね。

 お昼頃には観察会も終わり、午前中に観察した鳥の復習と鳴き声のデータベースを勉強し、持参したお弁当を食べて解散となった。自分で作ったおにぎりや卵焼きや、おかずを美味しくいただいた。持参した、自作の、ホットミルクティが美味しかった。

 デジスコとデジカメ

 今回の観察会で出合った『鳥撮』の二人は『デジスコ』と『デジカメ』を組み合わせた機材で撮影されていました。私のように500㍉の超望遠レンズに重くてでかいデジタル一眼レフに三脚の大げさな装備とは異なるようです。

 ネットを調べるとこの『デジスコ』と『デジカメ』で撮影した鳥のアルバムが掲載されていますが、素晴らしい品質に驚いています。鳥だけを綺麗に撮影するなら、そして静止している鳥を撮影するだけなら、この装備で十分ではないだろうか。

 

| | Comments (0)

« October 2013 | Main | December 2013 »