« May 2013 | Main | July 2013 »

壱岐紀行(2) 横穴式石室古墳群

 承前 壱岐紀行(1) 宗像大社(辺津宮)

  壱岐の横穴式石室古墳

 壱岐には6世紀末から7世紀にかけての約100年間に建造されたとする、260基に及ぶ横穴式石室を持つ古墳群が存在する。

鬼の窟古墳、兵瀬古墳、百田頭古墳、双六古墳、笹塚古墳、百合畑古墳群、掛木古墳、等々、壱岐の中央部に集中して建造されている。 

 参考 壱岐横穴式石室古墳群

 私は鬼の窟古墳を見学したが、壱岐の横穴式石室の古墳群は殆ど同じ構造で建造されているらしい。時代は朝鮮半島が動乱期に突入した継体天皇の時代が終わった頃から欽明天皇そして、それに継続する朝鮮半島動乱期の時代である。高句麗の南下と百済、新羅が対立する時代である。7世紀中葉に高句麗が滅亡するがその頃までの時代である。

 壱岐に宿泊した時にたまたま、夜、テレビを観ると壱岐のケーブルテレビで一支国博物館で開催された壱岐学講座の番組が再放送されており、面白く学ぶ事が出来た。

1.壱岐の横穴式石室古墳

蔵冨士寛氏が講演を行っていた。彼は九州の装飾古墳の専門家でもあるようですが、限られた100年間に建造された横穴式石室の分析が面白く語られていた。九州にもない、畿内にもない独特の横穴式石室が何故建造されたのか、そして、被葬者はどういう人だろうか。この考古学者は文献をもとに古代史を研究する歴史学者を刑事と呼び、考古遺物を扱う考古学者を鑑識と例えており、面白い発想だと思った。

2.壱岐の横穴式石室の特徴

横穴の一番奥に石室を安置する玄室が存在し、その部屋を閉じるように、袖石と呼ばれる大きな石が両側から迫る。そして、羨道には複数の部屋が袖石で区切られた部屋が存在する。玄室の次の部屋は祭祀を行った部屋だと考えられ、その次の部屋はお供え物を捧げた部屋かもしれない。幾つかの部屋が直列に存在し、部屋は袖石で区切られている。天井は大きな平たい石で覆われほぼ水平に横穴の天井は建造されている。古い時代程、天井の高さは高いそうです。玄室には九州の古墳には存在しない、近畿のような石棺が存在する。多くは組み立て式石棺のようですが、北部九州には存在しない石棺が使用されている。

蔵冨士さんの話では、北部九州では玄室に遺体を直接安置する葬送儀礼だそうです。だから、袖石で玄室を密閉する構造をとるそうです。装飾古墳の発達もこの遺体を直接玄室に安置するところから生れたそうです。まさに、イザナギがイザナミの腐乱死体を観て逃げる場面は北部九州の横穴式石室を連想させる描写である。畿内の横穴式石室では玄室に石棺の中に遺体を埋葬するので見えない筈です。

3.壱岐の特徴を持つ他の地域

蔵冨士さんの研究によれば、壱岐と似た横穴式石室を持つ地域として、三カ所を掲げていました。

先ずは『肥の国』、そして、『紀の国』、三番目に徳島県の吉野川流域の古墳群だそうです。

継体天皇の時代に『磐井戦争』がありました、北部九州を連合した筑紫の君はヤマト王権と戦争し敗退した。そして、代償として磐井の息子の葛子がヤマト王権に粕屋の屯倉を献上しました。博多湾の交易路を献上したのです。

4.結論

朝鮮半島の政治情勢が緊迫化し、高句麗の南下と百済、新羅、任那の抗争という激動の時代に継体天皇は九州の筑紫君である磐井に強大な権力を授け、朝鮮半島情勢に対応しようしたが、失敗し、磐井と戦争状態となった。北部九州は敗戦により権力を失い、壱岐から唐津湊そして、肥の国に通じる海のルートが活発化した。継体天皇の棺が阿蘇ピンク石であり、九州から瀬戸内海を経由して三島まで運ばれた事も思い出す。

肥の国・徳島の吉野川・紀の国の紀の川、彼らは海の民である。この系列の人々が壱岐を大陸貿易拠点として勢力を築いたと推測出来る。

  参考 マイフォト 鬼の窟古墳

| | Comments (0)

壱岐紀行(1) 宗像大社(辺津宮)

 承前 壱岐紀行より無事帰還しました

 初日は宗像市に宿泊し、宗像大社(辺津宮)を参拝した。宗像大社は三カ所に分かれ、九州宗像市に辺津宮(三女の市杵嶋姫)、大島の中津宮(湍津姫)、沖ノ島の沖津宮(田心姫)が祀られいます。宗像三姉妹です。

 全国に7000社以上の宗像神社が存在するそうですが、沖の島は海の正倉院と呼ばれる祭祀場所であり、夥しい祭祀献物が全て国宝に指定されています。日本の国家建設時に航海民として安曇族とともに宗像族は大きな役割をしたと考えられている。

 私が興味を引かれているのは桜井茶臼山古墳そばの宗像神社です。桜井茶臼山古墳は箸墓古墳に次ぐ古い大王級の古墳であり、外山(トビ)、鳥見山、という名前も神武天皇の故事と関係が深く神武東征神話と海導者としての宗像族の関係が推測される。

このあたりの推測は森浩一さんがいろんな場所で述べられてる仮説ではないでしょうか。

 ともあれ、辺津宮の写真集を御参考にして下さい。

 マイフォト 宗像大社(辺津宮) 写真集

| | Comments (0)

壱岐紀行 無事帰還しました

 2013年6月18日より壱岐紀行を行い、無事に昨深夜羽田空港に帰還した。

昔から一度は魏志倭人伝のルートを辿る旅をしたいと考えていましたが、ようやく今回その一部分を辿る事が出来た。生憎、殆ど雨に遭遇し写真を撮影する事が出来ませんでした。

 概略の紀行

 羽田から福岡空港に飛び、宗像大社(辺津宮)近くのホテルに宿泊。初日は宗像大社の辺津宮を参拝し荘厳な宗像の杜を散策し降臨場所である高宮祭場を参拝した。神道の原型と考えられ、沖縄の『ウタキ』を連想させる場所であった。

 本来なら、宗像船団ならば鐘ヶ崎から大島(中津宮)経由で沖の島(沖津宮)経由、対島を経由し朝鮮半島、大陸へと航路は存在した。しかし、今回は博多湾からフェリーに乗り壱岐を目指した。昔の奴国の海外交易ルートである。阿曇族の大陸交易ルートである。

博多湾を出る時に京都のMuBlogの旦那と訪問した海の中つ道と志賀島を右手に観ながら玄界灘を横切り壱岐へと向かった。

 壱岐では弥生時代の重要な遺跡である原の辻遺跡や一支博物館、6世紀末から7世紀初めの100年間に沢山建造された横穴式石室を持つ前方後円墳、その代表、鬼の窟遺跡の訪問、そして、アマテラスさんの弟を祭る、月讀神社発祥の地を訪問出来た。

 帰路は魏志倭人伝ルートにて壱岐より唐津湾をフェリーで渡った。素晴らしい旅だった。

 マイフォト 壱岐紀行 無事帰還編

| | Comments (0)

鶴見川河原から世界を眺める

 毎日、朝5時頃には起きて家族の朝食を用意して6時過ぎには鶴見川の河原に出かける。早朝は蚊がいるので、肌を出すのは危険だ。だから、手袋をして長袖との間も閉鎖する為に昭和初期の事務員がしていた黒い布の筒状のもので両端にゴムが仕込んだものを両手に装着し、帽子の下には日本手ぬぐいで顔を隠す格好で河原に向かう。

 私は高血圧の薬の影響で今は極端に皮膚を紫外線にあてる事を禁じられている。まるで、怪しい風体で鶴見川の河原で早朝から鳥や亀や虫や魚を眺めている。まさに、鴨長明の『方丈記』の世界です。しかし、彼は貴族だったし、名門の鴨氏の一族、琵琶や琴も演奏出来たし、教養も私の何倍もあったと思います。

 『行く川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶ泡沫は、かつ消え且つ結びて、久しく留まりたるためし無し。』この言葉は受験時代に覚えた方丈記の世界である。毎日、鶴見川の流れをみているとこの方丈記の言葉が現実のように思う。

 時に、上流で殺された鯉やボラの死骸が流れてくる。色んなものが流れてくる。残念ながら『もも太郎』の桃には出会えていない。鶴見湾の干潮・満潮の影響をうけて河底が見えたり、満々と水を蓄えた川の風景にもなる。鳥たちはこの干満の差をよく、存じているようだ。

 まだ1年か2年しかこの鶴見川の四季を真面目に観察していないが、日々変化がある事に気がついています。目の前に登場する鳥が先ず異なる。ムクドリが子供達を育てたと思ったら、急に全員居なくなる。何時もいるのはカラスとスズメとカルガモだけだ。

 私の師匠は7年以上もこの場所で自然界を撮影して来られている大先輩である。定点観測というのは自然科学の世界では重要だそうだ。動かずに世界を撮影し続ける事は重要であるようだ。鳥を撮影する専門家は鳥を求めて撮影に行く。しかし、同じ場所で何年も何年も撮影を継続する事の方が自然科学的には意味があるような気がする。

Continue reading "鶴見川河原から世界を眺める"

| | Comments (0)

新穂高ロープウェイ

 2013年5月下旬に新穂高ロープウェイを初めて経験した。新穂高温泉駅から二度乗り継いで西穂高口駅(2156㍍)で展望を楽しんだ。快晴の夕方だったが、素晴らしい展望だった。

 マイフォト 新穂高ロープウェイ(2013年5月下旬)写真

| | Comments (0)

飛騨高山 高山祭りミュージアム

 飛騨高山の人々が世界に誇る高山祭りで使用する文化財を収納したミュージアムがあります。文化財を湿度・温度一定に保つ目的で山に横穴を掘り、その先に横穴式石室を巨大化した大空間を掘削し、巨大な高山祭りで使用する、北河内では『ダンジリ』、京都では『ヤマ』と呼ばれる祭りの作品を収納している。

 欧州ではワインを収納するのにケーブを利用するが、流石に鉱業でも有名な高山、見事な横穴式お祭り道具収納倉庫を岩盤を切り開き作りました。此処の人々は特殊な技能を持った渡来系の人々を先祖に持つ重要な場所であると再確認した。

 マイフォト 飛騨高山 高山祭ミュージアム写真集

| | Comments (0)

新聞記事 奴隷一人=銅鐸原料50~70㌔

  弥生時代の銅鐸原料

 2013612日、読売新聞朝刊にて『奴隷一人=銅鐸原料5070㌔』という見出しで奈文研の難波洋三氏の論文を紹介していた。

概要をご紹介すると以下のようになります。

 弥生時代の銅鐸の原材料を中国に依存していたと考える説があります。とすれば、銅鐸の原材料の価格はいくら位であったか、弥生時代の日本列島の人々は購入出来る値段か問題になります。

 難波氏の論文では、河北省・満城漢墓で出土した銘文入り青銅器に注目し、紀元前121年の年号と840銭で購入したと刻まれているそうだ。重さは1680グラムなので、1㌔あたり当時の四銖半両銭で500銭となり、直後に流通した貨幣価値の高い五銖銭ならば300銭となります。

 ちなみに米の値段は幾ら程度だったでしょうか。籾20㍑で五銖銭30100銭だったそうです。50銭とすれば、銅1㌔が籾120㍑相当となります。

 日本の銅鐸は概略10㌔程度の重さですから、籾1200㍑相当の値段となります。登呂遺跡の高床式倉庫の容積が1万㍑と推定されているので、拠点集落では余裕を持って数個の銅鐸原材料を購入できたと推測する。

 大陸に対価として籾を運ぶ訳に行かないので、魏志倭人伝にも記録されている生口(奴隷)で支払った可能性が高い。当時の奴隷の値段ですが、一人あたり1500020000銭ではないかと研究成果がある。銅1300銭であれば奴隷一人で5070㌔の銅を購入出来たことになる。

 歴史書に残された記録では、107年(後漢)倭国王 師升が後漢の安帝に生口160人を献上。239年(魏景初2年)卑弥呼が魏の明帝に男生口4人、女生口6人を献上。243年にも献上し、248年卑弥呼を後継者である台与が生口30人を献上とある。

 私の印象では意外と銅の原材料の値段が安く感じています。勿論、輸入だけでなく国内で銅の原材料を開発したという説もあります。生口については色んな説があるようですが、中国大陸には沢山の人が存在する訳ですから、価値の高い人材を生口と呼んだのではないかと思います。特殊な技術者、例えば翡翠の玉を加工する技術者とか潜水漁法が出来る海女さんとか、漆器製造の技術者とか、色々と考えられます。特に大陸の人は海に潜れないので、海人、航海術に長けた人材も候補ではないだろうか。

 確かローマ時代でも高度な技術を持つ異国民の奴隷が多く存在していた事実がありますね。中国大陸には存在しない特殊技術を持つ人材を献上し貿易を行った可能性が高いと思います。

 来週、壱岐旅行をする計画です。魏志倭人伝ルートではなく宗像氏のルートを辿る旅となります。そして、瀬戸内海にある生口島というのが昔から気になっています。

| | Comments (0)

ジャワ島・バリ島紀行(8) バリ島 タナロット寺院

 承前 ジャワ島・バリ島紀行(7) ジョグジャカルタ プランバナン寺院

 波の浸食や地震の影響でしょうか、今や海中の岩の上に残されたヒンドゥー教の寺院があります。モンサン・ミッシェルのアジア版を想起させる場所があり、インド洋に沈む夕陽が美しい場所です。

 マイフォト バリ島 タナロット寺院 写真集

| | Comments (0)

上高地(神河内)逍遥 大正池→河童橋(左岸ルート)

 承前 神河内(上高地)逍遥記 目次編(2006年5月末記録)

 2006年5月末から7年ぶりに同じ季節、5月末に上高地梓川河畔を歩いた。今回は大正池から河童橋という短い距離でしたが、昔と変わらない美しい自然が残っている。

学生時代は徳本峠を越えて蝶ヶ岳や鑓ヶ岳に登ったものでした。老人になっては上高地を渓谷を歩くのが精いっぱいです。

 マイフォト 上高地(神河内)散策『2013年5月末)記録

| | Comments (0)

上高地 梓川河畔の『ゴジュウカラ』

 承前 上高地(神河内)散策 『ゴジュウカラ(五十雀)』

 標高千㍍以上の高山にしか生息しないという『ゴジュウカラ』、上高地散策時に梓川河畔で巣穴を見つけた。その時の記録です。

 マイフォト 上高地の『ゴジュウカラ』(2013年5月下旬)

| | Comments (0)

中央高速・長野道からの日本アルプス

 2013年3月赤とんぼ合宿が恒例で白馬村で行われた。途中の中央高速や長野道、特に梓川サービスエリアから眺める、世界に誇る日本アルプスの姿は感銘を受けます。

 私は世界中を歩いているが、日本のアルプスの姿は欧州の本場アルプスに負けない自然の美しい姿だと自負しています。日本人が誇る自然世界遺産だと考えています。

ちなみに、私が18歳の頃から松本・信濃大町に通い始め鹿島槍ヶ岳山麓に大学のワンゲル部の山小屋建設にも携わり、通い始めて半世紀は経過している。私の第二の故郷みたいな場所で誇りです。

 マイフォト 中央高速・長野道からの日本アルプス風景

| | Comments (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »