« 天香久山 | Main | 明日から北海道です »

スペイン・ポルトガル3200㌔の旅 目次編

 2012年1月~2月の期間、スペイン・ポルトガル3200㌔の旅をして来ました。この記事はその記録です。

 この旅で、多くの事を学びました。300年以上イスラムに支配されたイベリア半島のスペインとポルトガル。中世のヨーロッパが如何にキリスト教に支配された科学の発展が停止した時代であったか。その中で、科学を発展させていたのはイスラムの世界だった。

イスラムがイベリア半島を支配していた時代は奇しくも欧州ではスペイン・ポルトガルが科学技術では最先端を走っていた事を学んだ。これが、私の長年の謎であった大航海時代のパイオニアが何故、ポルトガル・スペインだったかの回答であった。

 日本は戦国時代末期にポルトガル人との接触により多くの事を学んだ、その一番の理解者は信長ではないだろうか。そして、秀吉、家康は海外の国々との交易が如何に大事であるかを理解していた。信長は堺の商人経由及び、ポルトガルの商人・修道士・騎士と会話する事で重商主義を学んだのではないだろうか。

 信長が日本では初めて開始した多くの事業や制度改革、茶の湯や武士道の創設、経済の仕組みのヒントは彼らポルトガルやスペイン人からヒントを受けたのではないかと考えると、今まで以上に信長を理解出来るようになりました。

 ポルトガルの海外展開はテンプル騎士団という修道士であり騎士である清廉潔白な騎士が戦国末期の信長の気質とマッチしたと考えると日本の歴史の解釈も新たな面から眺める事が出来ると、今回の旅で感じた。茶の湯の精神の背景には千利休の役割が大きい、彼の精神はポルトガルのテンプル騎士団の修道士の精神の影響を受けていたと考えると今までと異なる面が観えるようになりました。

 現在でも日本語にポルトガル語は200以上も残っているそうです、是非、一度は戦国末期の日本の先輩諸氏が遭遇した旅、スペイン・ポルトガル紀行をお勧めします。

8か月に渡るスペイン・ポルトガル紀行はやっと終わる事が出来ました。如何に、今回の旅が面白かったを物語っています。

 紀行記

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅 無事帰国しました

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(1) 行程概要

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(2) カタルーニアを語る

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(3) モデルニスモ建築様式

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(4) バルセロナ市内のガウディ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(5) グエル公園

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(6) サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(7) カタルーニアを西進する

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(8) カタルーニアの古都 タラゴナ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(9) ラ・マンチャ ドン・キホーテの国

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(10) アルハンブラ宮殿 夏の離宮篇

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(11) アルハンブラ宮殿 アラヤネスのパティオ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(12) アルハンブラ宮殿 ライオンのパティオ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(13) アルハンブラ宮殿 二姉妹の間

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(14) アルハンブラ宮殿 カルロス5世宮殿

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(15) アルハンブラ宮殿 メスアール宮殿

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(16) アルハンブラ宮殿 バルタル庭園へ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(17) アルハンブラ宮殿 夏の離宮への道

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(18) アルハンブラ宮殿 夏の離宮

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(19) 白い街 太陽の海岸 ミハス

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(20) コルドバ ローマ橋・カラオーラの塔

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(21) コルドバ 街歩き

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(22) コルドバ メスキータ・オレンジの中庭

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(23) コルドバ メスキータ(聖マリア大聖堂)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(24) コルドバからセビリアへ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(25) セビリア大聖堂(カテドラル)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(26) セビリア ヒラルダ(風見鶏)の塔

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(27) セビリア 街歩き

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(28) ポルトガル 世界遺産エヴォラ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(29) ポルトガル エヴォラ博物館

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(30) ポルトガル エヴォラ旧市街散策

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(31) エヴォラからリスボンへ

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(32) ベレンの塔・発見のモニュメント

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(33) リスボン ジェロニモス修道院

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(34) 世界遺産 シントラ ムーアの城壁

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(35) 世界遺産 シントラ ぺーナ宮殿

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(36) ユーラシア大陸最西端 ロカ岬

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(37) テンプル騎士団と武士道

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(38) トマール キリスト教修道院

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(39) 世界遺産 ポルト歴史地区(1)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(40) 世界遺産 ポルト歴史地区(2)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(41) 世界遺産 ポルト歴史地区(3)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(42) 歓喜の丘

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(43) サンテイアゴ・デ・コンポステーラ散策

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(44) サンテイアゴ・デ・コンポステーラ参拝

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(45) 巡礼の道

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(46) レオン王国の都 レオン

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(47) レオン大聖堂のステンドグラス群

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(48) レオンのサンイシドロ教会

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(49) 世界遺産 セゴビア旧市街(1)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(50) 世界遺産 セゴビア旧市街(2)

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(51) マドリッドその1 王宮ほか

 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(52) マドリッドその2 ソフィア王妃芸術センター

|

« 天香久山 | Main | 明日から北海道です »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 天香久山 | Main | 明日から北海道です »