« スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(45) 巡礼の道 | Main | スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(47) レオン大聖堂のステンドグラス群 »

スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(46) レオン王国の都レオン

 承前 スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(45) 巡礼の道

Photo

 サンテイアゴ・デ・コンポステーラから東に358㌔、即ち、巡礼の道を逆に辿ると昔のレオン王国の都である、レオンに到着します。中世に於いて、巡礼の道を守る重要な拠点都市であり、繁栄した王都でした。

レオン王国はその後カスティーリャ王国となり、レコンキスタ運動の中核となった国でした。日本では、この国のポルトガル語発音であるカステラで有名ですね。本来は国の名前なんです。

2012spain2_1641

 この建物は19世紀末にガウディが設計した、カサ・デ・ボティネースです。ガウデイにしてはおとなしい建物と思います。

2012spain2_1645

 ロス・グスマーネス宮殿ですが、現在は県議会庁舎として利用されています。

2012spain2_1661

 レオン大聖堂です、13世紀にゴシック様式で建立され、世界最大級のステンドグラス群で有名なスペインを代表する一つの大聖堂だそうです。

 参考 スペイン レオン市内観光写真集

2012spain2_1672

 見て下さい、ゴシック建設なのに壁面がステンドグラスを生かすために最大限の窓が切り開かれています。こんなゴシック建築は私は初めて見ました。次回、この素晴らしいステンドグラスをご紹介します。

2012spain2_1799

 カテドラルの柱の上にコウノトリが巣を作っていました。スペイン・ポルトガルを紀行していて沢山のコウノトリの巣を高圧線の鉄塔の上に見つける事が出来ました。此処は、カテドラルですが、皆さんが大事にしているんでしょうね。

2012spain2_1798

 日本では、以前、大学時代のワンゲル仲間と訪問した豊岡のコウノトリの故郷で沢山のコウノトリを見学した事がありました。

  参考 但馬国紀行 コウノトリの郷公園(2010年12月記事)

|

« スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(45) 巡礼の道 | Main | スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(47) レオン大聖堂のステンドグラス群 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(45) 巡礼の道 | Main | スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(47) レオン大聖堂のステンドグラス群 »