« アメリカ大自然 グランドサークル紀行(12) モニュメントバレーを去る | Main | スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(43) サンテイアゴ・デ・コンポステーラ 散策 »

橿考研 箸墓古墳・西殿塚古墳3D解析

 本日の朝刊によれば橿原考古学研究所と航空測量会社『アジア航測』は箸墓古墳及び箸墓古墳の次に建造された大王墓古墳と考えられる西殿塚古墳の上空500㍍からレーザー光線を使い精密な3次元測量を行い三次元地図を作製したと発表したそうだ。

 参考 中日新聞 『卑弥呼の墓』を3次元測量

 参考 日経新聞 『箸墓古墳』をヘリで3D測量

 参考 産経ニュース 天理の西殿塚古墳 通路中央部に窪み

 参考 『橿原考古学研究所』

 参考 NHKニュース 箸墓古墳最新技術で再現 

 参考 アジア航測 3D展

 参考(過去記事) 古墳を3D空撮測量

 箸墓古墳はここ数年の最新の考古学研究の成果により3世紀中葉、卑弥呼の崩御年に近い時代に建造されたという仮説が歴博やその他、研究機関により提唱され始め話題である。しかし、依然として箸墓古墳は宮内庁の管轄であり、考古学者の立ち入り調査は出来ない状況が継続している。今まで、周濠部の調査は出来ているが、やはり科学的な調査が出来ない状況です。

 今回の橿原考古学研究所とアジア航測によるヘリによる3D測量は考古学で言う基本的な古墳形状を正確に捉える試みであり、宮内庁の許可が必要であったかどうか、真相を知りたいですね。著作権の一般論では私有地の上空は土地の地主の著作権が及ぶ範囲ですから、許可が必要です。しかし、公有地からの撮影ならば著作権に触れないと思うのですが、今回の撮影は宮内庁の管轄する土地の上空から撮影したのであれば、予め橿原考古学研究所に宮内庁は許可をだしたと考えるのが順当ではないだろうか。

 しかし、現代の3D技術を使えば宮内庁の管轄する土地の上空を外して他の土地の私有地及び公道の上空からだけからでも3D測量は可能だと思います。ヤマハのラジコンヘリを使用してでも測量は可能ではないでしょうか。予めヘリが飛行するルートをコンピュータに入力しヘリのGPS機能により決められた、飛行ルートを飛ぶ事は可能です。

 今回、西殿塚古墳も測量したようですが、この古墳は宮内庁では継体天皇の皇后である手白香皇女陵即ち『衾(ふすま)田陵』として管轄していますので、立ち入りは宮内庁の許可が必要です。考古学の世界では誰も手白香皇女の陵墓とは考えていません、時代が違いすぎるのですね。箸墓古墳の次の古さで建造された古墳時代前期の古墳である事が判明しています。

 考古学者の中には卑弥呼の次に邪馬台国の女王となった『台与(トヨ)』ではないかとか、崇神天皇ではないか仮説を述べる人がおられます。いずれにせよ、大和(オオヤマト)古墳群、柳本古墳群、纏向古墳群、桜井茶臼山古墳に建造された古墳時代前期の大王墓・女王墓と考えられる巨大古墳が存在する場所です。

 今までの研究から箸墓古墳の後円部には埋葬施設が一つ存在すると考えられ、墳頂に祭壇が存在すると考えられていました。今回も円形の壇が存在する事が判明したようですね。一方、次の時代の西殿塚古墳では前方部頂上及び後円部頂上に四角い壇が存在し埋葬施設が前方部も後円部にも存在すると考えられていました。そうです、『ヒコ・ヒメ統治 巫女姉と男弟が二人で統治する世界』ではないかと仮説を述べる考古学者がいます。

 三輪王朝の時代には琉球王朝のような男王と女巫女(聞得大君キコエオオキミ)のような統治体制であり巫女が王よりも権威・権力を持っていたと考える政治体制を指します。仲間由紀恵さんが出演した『テンペスト』で、有る女優さんが演じた聞得大君を考えればいいと思います。

河内王朝の時代になれば政治・権力体制がガラリと変化したと思います、前方後円墳には馬具や冑が埋納され、武力の時代に変貌したと考えられています。

 参考 三輪山周辺を歩く

 参考 桜井茶臼山古墳と纏向遺跡紀行

 三輪王朝の時代は巫女が支配する世界だったと思います、実は古墳が築かれるのは女性のみだったと何処かで書物を読んだ記憶があります。当時は男の神は自然に何処かに消えてしまい、自然と一体化してしまい、墳墓のような形態を残さないと理解していました。例えば大物主さんの三輪山がしかりです。確かイザナミさんには墓所の神話が色々と残されているが、イザナギさんは何処かにお隠れになったと言う事になっています。

 どうも当時は母系社会ですから、女には綿々と土地との強い絆があるが、男はあっちこっちの女の家に出入りして行方が定まらない存在であり、死んでも何処で死んだか判らないのではないでしょうか。そんな社会習慣が神様の世界にも投影されていたんでしょうね。最近でも、学者で三輪王朝時代の話をしていて、巨大古墳があると女である筈がない、男の大王の墓だと考え発言する人がいるが、4世紀末から5世紀以降の時代背景で世の中を観てはいけないのではないでしょうかね。

 『生目(いきめ)古墳群』

 読売新聞朝刊では上記記事の他に、生目古墳群に関する記事が掲載されていました。

 宮崎市街を遠望する台地に約50基の古墳が密集している。今までこれ等の古墳群は5世紀の古墳群だと考えられて来たが、1998年から継続した調査により4世紀に営まれた南九州で最古級の首長墓群ではないかと過去の常識が覆され始めたと記事は述べています。

 宮崎市文化財課の竹中克繁主任技師の話として、「古墳時代前期に100㍍級の古墳が、一つの古墳群に3代に渡り営まれたのは岡山県より西では唯一である。」と述べてるそうだ。1号墳、3号墳、22号墳を指していると想定されます。

 墳形についても1号墳、3号墳が箸墓古墳や渋谷向山古墳(景行天皇陵ではないかと言われている)の相似形であり、初期ヤマト王権と密接な関係が存在したと推測される。又、『日本書紀』では日向の国造の祖は景行天皇の熊襲征伐のおりに生まれた皇子であるという伝承があります。南九州はヤマト王権と対峙した『熊襲』や『隼人』だけではなかったのではないと議論が始まった。

|

« アメリカ大自然 グランドサークル紀行(12) モニュメントバレーを去る | Main | スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(43) サンテイアゴ・デ・コンポステーラ 散策 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アメリカ大自然 グランドサークル紀行(12) モニュメントバレーを去る | Main | スペイン・ポルトガル3200㌔の旅(43) サンテイアゴ・デ・コンポステーラ 散策 »