« 箱根から三島大社を歩きました(箱根西坂) | Main | メキシコ紀行(2011年秋)(6) メキシコシテイ篇(6) テオティワカン 死者の大通り »

ベトナム縦断1800キロの旅(19) 中部編 ホイアン ミーソン遺跡(2)

承前 ベトナム縦断1800キロの旅(18) 中部編 ホイアン ミーソン遺跡(1)

20116vieatnum_830_2

 ミーソン遺跡が見えて来ました。チャンパ王国時代の聖なる場所だったようです。近世にはグエン朝に滅ぼされた時とベトナム戦争では米軍の空爆により遺跡は壊滅的な破壊を受けたという。フランス統治時代の写真が残っているので、ベトナム戦争以前の状況は概略把握できるそうだ。

20116vieatnum_831

 本遺跡は世界遺産なのでユネスコ関連のホームページで詳細は勉強出来ます。

 参考 UNESCO My Son Sanctuary ホームページ

 参考 Global Heritage Fund 『My Son』

20116vieatnum_832

 痛みが激しく塔が傾いていますし、草が壁面に生えています。早く修復しないと本当にこの遺跡は消えてゆく危機にあるのではないだろうか。

20116vieatnum_833

 煉瓦作りの聖なるヒンドゥー教の建物が崩壊の危機にあります。世界遺産というより、危機遺産ではないでしょうか。4世紀から13世紀(UNESCOホームページ)にかけての建物群です。

20116vieatnum_834

 インドの文化文明はタイ・カンボジア・ビルマ・ラオス・ベトナム中部南部・マレー半島と広がっておりヒンドゥー教や小乗仏教が広まりました。このチャンパはヒンドゥー教を信奉する王国でした。

20116vieatnum_835

20116vieatnum_837

|

« 箱根から三島大社を歩きました(箱根西坂) | Main | メキシコ紀行(2011年秋)(6) メキシコシテイ篇(6) テオティワカン 死者の大通り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 箱根から三島大社を歩きました(箱根西坂) | Main | メキシコ紀行(2011年秋)(6) メキシコシテイ篇(6) テオティワカン 死者の大通り »