« 2011年度 赤とんぼ秋合宿 糸魚川にて | Main | 明日から谷川岳 »

ベトナム縦断1800キロの旅(16) 中部編 フエ、グエン朝王宮跡(3)

 承前 ベトナム縦断1800キロの旅(15) 中部編 フエ、グエン朝王宮跡(2)

20116vieatnum_531

 王宮の門(午門=午の方角、南の門)で真中は王様以外は歩けません。

20116vieatnum_537

 午門の2階から北の方角、即ち左右の池に架かる中道橋を渡り太和殿を観ています。グエン王宮は故宮を意識して建造された王宮でした。日本もそうですが、東アジアの国々は中国の影響を強く受けています。

20116vieatnum_538

 逆に、南の方角には旗擡(はただい)が外郭の城壁に築かれています。現在はベトナム国旗が飾られております。昔は日本の国旗に似た、グエン朝の旗が掲揚されていた。

20116vieatnum_541

 王宮の内郭にも濠が廻り強固な要塞となっています。しかし、ベトナム戦争の時に海に近い欠点があり艦砲射撃を受けて殆どの建物が灰塵に帰してしまいました。

 マイフォト ベトナム中部 フエ、グエン朝王宮跡 写真集

 

20116vieatnum_551

 太和殿です、これも戦争の犠牲になり再建されました。

20116vieatnum_558

 歴代の皇帝が鋳造した青銅製の鼎が庭に置かれています。

20116vieatnum_561

 文官・武官が詰めていた建物だそうです。

20116vieatnum_565

 禁裏の建物群は殆ど爆撃で破壊されてしまいました。草むらとなっていますが、徐々に再建、復元がなされているようです。

20116vieatnum_580

 王宮内に象さんがいました。

|

« 2011年度 赤とんぼ秋合宿 糸魚川にて | Main | 明日から谷川岳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2011年度 赤とんぼ秋合宿 糸魚川にて | Main | 明日から谷川岳 »