« スリランカ紀行(22) ポロンナルワ ラター・マンダパヤ | Main | 15年前の職場の仲間 »

スリランカ紀行(23) ポロンナルワ アタダーゲ

 承前 スリランカ紀行(22) ポロンナルワ ラター・マンダパヤ

 『アタダーゲ Atadage』

 11世紀にウィジャヤバーフ王(1070年~1110年)が建立した仏歯寺跡です。

20115surilanka_560

 鳥居のような門が残っています、釈迦の歯を安置したお寺として有名です。現在はキャンデイーに仏歯寺があります。(別途掲載予定)

20115surilanka_561_2

20115surilanka_554

20115surilanka_555

 石碑はタミル語で書かれているそうです。

 碑文にはこの釈迦の歯はシンハラ人ではなく、傭兵であるタミル兵が守ったと記録されている。

 アタダーゲのアタとは8と言う数字を意味するそうです。8日間でこの建物を建造したという話や8つの宝物が存在したとも伝えられているそうです。

20115surilanka_556

20115surilanka_557

20115surilanka_558  52本の柱の上に建物は建造されていたそうだ。

20115surilanka_559

20115surilanka_562

20115surilanka_563

|

« スリランカ紀行(22) ポロンナルワ ラター・マンダパヤ | Main | 15年前の職場の仲間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スリランカ紀行(22) ポロンナルワ ラター・マンダパヤ | Main | 15年前の職場の仲間 »