« ユカタン半島 マヤ遺跡紀行 目次編 | Main | 環オホーツク海の古代文化 »

英国紀行 目次編

 2009年10月久しぶりに倫敦(ロンドン)を訪問した。引退してからは初めての訪問です、今回は是非、ストーンヘンジを見学したいと考え、ロンドン・成田の往復便を確保し、現地では自由に行動する予定で出かけた。

 偶然にストーンヘンジを訪問した時に、バスの中で日本の考古学の専門家の方と出会え、現在、大英博物館で縄文土偶展が開催されている事を知った。普段ですと日本各地を訪ねないと観れない国宝級の縄文土偶を何と、海外で一堂に会した縄文土偶を見学する事が出来ました。

 問題は、大英博物館では全てが写真撮影可能ですが、何故か、日本の縄文土偶展だけは撮影禁止で、文化レベルの低い国である事を印象づけたと残念でした。何故、撮影を禁止するのか『理由を述べる必要有り』と思います。

 ・英国から無事帰国しました

 ・英国紀行 その1 (倫敦塔、タワーブリッジ)

 ・英国紀行 その2 (ウエストミンスター宮殿、バッキンガム宮殿)

 ・英国紀行 その3 (ケンジントン宮殿)

 ・英国紀行 その4 (コッツウォルズ ボートン オンザ ウオーター)

 ・英国紀行 その5 (コッツウォルズ 自動車博物館)

 ・英国紀行 その6 (バーフォード Burford)

 ・英国紀行 その7 (オックスフォード Oxford)

 ・英国紀行 その8 (ストーンヘンジ 前篇)

 ・英国紀行 その9 (オールド・セーレム Old Sarum)

 ・英国紀行 その10 (ストーンヘンジ 後篇)

 ・英国紀行 その11 (大英博物館)

 ・英国紀行 その12 (倫敦あれこれ)

|

« ユカタン半島 マヤ遺跡紀行 目次編 | Main | 環オホーツク海の古代文化 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ユカタン半島 マヤ遺跡紀行 目次編 | Main | 環オホーツク海の古代文化 »