« トルコ大紀行その21 カッパドキア(洞窟ホテルと奇岩峰) | Main | トルコ大紀行その23 アンカラエクスプレス(アンカラ→イスタンブール) »

トルコ大紀行その22 カッパドキア(ギョレメ屋外博物館)

 承前 トルコ大紀行その21 カッパドキア(洞窟ホテルと奇岩峰)

20101turky_1130  ギョレメ谷には30カ所を超える岩窟教会と沢山の人々が暮らしていた洞窟住居が存在します。今屋外博物館として保存されており世界遺産に登録されています。

20101turky_1157  元々がローマのキリスト教弾圧から逃れてきたキリスト教徒達が移り住んだと思われますが、その後イスラムの攻撃を受け11世紀から12世紀にかけてこのギョレメ谷に多くの岩窟教会と人々の洞窟住居が掘られました。写真はリンゴの教会、聖バルバラ教会ですが、見事なフレスコ画が残されています。

 マイフォト カッパドキア(ギョレメ屋外博物館)

 詳しくはマイフォト カッパドキア(ギョレメ屋外博物館)を参照して下さい。

20101turky_1147

20101turky_1190  母后ヘレナとコンスタンテイヌス大帝のフレスコ画です。ヘビの教会(ユランル・キリセ)に残されていますね。

20101turky_1191  聖ゲオルギウスが蛇を退治するフレスコ画です。

20101turky_1189  ギョレメ谷の岩窟教会と洞窟住居の遺跡です。

20101turky_1215  これ、ラクダに似てますね、ラクダ岩です。

 アナトリア半島の殆どがイスラムの勢力に制圧されても、このカッパドキアの岩山に築かれたキリスト教徒達の町は生き残ったのです。

|

« トルコ大紀行その21 カッパドキア(洞窟ホテルと奇岩峰) | Main | トルコ大紀行その23 アンカラエクスプレス(アンカラ→イスタンブール) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トルコ大紀行その21 カッパドキア(洞窟ホテルと奇岩峰) | Main | トルコ大紀行その23 アンカラエクスプレス(アンカラ→イスタンブール) »