« 家内も還暦迎えました | Main | トルコ大紀行その1 アヤソフィア(アギヤ・ソフィア大聖堂) »

トルコ・エジプトから帰国しました

20101turky_690 昨日、トルコ・エジプトの旅から帰国しました。12日間という長い旅程でしたが、無事に楽しい旅をする事が出来て幸せでした。

20101turky_293 トルコは列車の旅を含め3000キロに及ぶ長い旅程でしたが、風邪もひかず体調も崩さず無事に乗り切りました。同行の人々の中には風邪を引かれたり体調を崩された人々が多くおられましたが、私たち夫婦は無事でした。

20101turky_327

 今回の旅はJTBさんの『旅物語』というツアーに参加し、40名近い人々と一緒の賑やかな旅でした。添乗員さんは素敵な高橋さんという美人の女性でした。プロとして大車輪の活躍をされており、きめ細かな気配りにはほとほと感心しました。

20101turky_857 トルコは雪が降る厳しい天気でしたが、イスタンブール以外では天気に恵まれ素晴らしい写真を1800枚も撮影できました。

 一緒に旅をさせて貰った人々ともお知り合いになれて良かったと思います。おいおい、記事を書きたいと思いますので、是非楽しみにして下さい。

 写真は1枚目がトルコ・パムッカレの石灰棚、二枚目三枚目はトルコ・ベルガマのアクロポリス遺跡、最後はカッパドキアの鳩の谷の写真です。

|

« 家内も還暦迎えました | Main | トルコ大紀行その1 アヤソフィア(アギヤ・ソフィア大聖堂) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

凄い写真ですね

 トルコ方面の(青)と(白)。
よろしいなあ。
この写真たちの、(何となく淡い色合い)がいいですなあ。

 日本に帰ってきたらずいぶん景色が違うでしょう?
あちらの色と比べるとずいぶん(濃い)でしょう?
緯度のせいなのでしょうかねえ。
あるいは季節のせいでしょうか。
ひょっとしたら、カメラマンの気分のせいでしょうか・・・。

 一眼レフというのは悪くないですねぇ。
いよいよ(能あるタカ)の(隠されていたツメ)が・・・。

 JOさんが留守にされていた間に日本では政界や角界でもずいぶん色合いが濃くなったのですよ~っ。
産業界でもアレがありコレがありましてねえ。

Posted by: ふうてん | 2010.02.03 11:39 PM

ふうてんさん ご無沙汰してます

 流石に博学、トルコブルーを御存知ですね。別に意識した訳ではないのですが・・・・。写真がそう言ってますね。

 今回初めてあまり知識の無い、トルコを3000キロも走破しました。現場を歩いて感想は、ギリシャ文明とローマ文明、そして遊牧民の文明、イスラム文明、そして黒海を挟みスラブの文明そしてチグリス・ユーフラテスの文明が交差する十字路の非常に重要な場所でした。

 現在は、アラビヤ文字を捨てローマ字を使用し、西側のNATO北大西洋条約機構の最前線として中東諸国と対峙しています。

 イスラム教の国ではありますが、第一次大戦でアラブ諸国に造反され、憎しみが多いようです。おいおい、写真を掲載して行きたいと思います。

 エジプトは5千年前と変わらない世界でした。非常に住むのは厳しい世界でしょうね。

Posted by: jo | 2010.02.04 12:37 AM

わーーーー! すごい美しい!!!!!
母の念願のトルコ。。。
還暦にぴったりにお祝いだったね!!!
こんな素敵なら同行すればよかったーーー!笑
日記たのしみにしてます♪
食べ物はどんなのなの???

Posted by: ミサヨ | 2010.02.04 10:19 AM

Misayo 元気そうやね

 先ほど、依頼の仕事は済ませましたよ。

 トルコ料理は世界三大料理と言われているんですね。古い歴史を持ち、文明の十字路に位置していますから、色んな料理文化が融合し美味しいトルコ料理が成立したと思います。

 多分、シシカバブという肉を揚げて、再度焼いた料理が有名だと思います。地中海沿岸、エーゲ海沿岸地方ではオリーブが産地なので、オリーブオイルを使用します。中部から東部の山岳地帯ではオリーブは採れないと思います。

 日本人にはこのオリーブオイルが身体に合わない人が多いと思います、かなりな人々がバスの長旅による疲れと、寒さでダウンされていました。風邪を引かれた人々も多かったです。

Posted by: jo | 2010.02.04 12:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 家内も還暦迎えました | Main | トルコ大紀行その1 アヤソフィア(アギヤ・ソフィア大聖堂) »