« トルコ大紀行その4 オリエント急行イスタンブール駅 | Main | トルコ大紀行その6 ダーダネルス海峡を渡りチャナッカレへ »

トルコ大紀行その5 地下宮殿(地下貯水槽)

 承前 トルコ大紀行その4 オリエント急行イスタンブール駅

20101turky_1409 写真はイスタンブールにある東ローマ帝国時代にユスティニアヌス帝が地階に建造した貯水槽であります。5世紀末から6世紀になりますね。長さ138メータ、幅65メータ、高さ9メータの巨大な78000m²の水を蓄える容量です。

20101turky_1413 天井は1列12本、28列合計336本の大理石の石柱で支えています。高度なローマの土木技術を観ることが出来ますね。確かローマにもこのような地下の貯水槽が存在したと思います。

20101turky_1416 地下宮殿と呼ばれるほど、正に宮殿の列柱ですね。何故人目につかない地下の貯水槽をこのような豪華に仕上げたのか理解に苦しむが、それだけ水を大切にしたんでしょうね。ローマ人が作る水道橋もそういえば、立派で豪華ですよね。

20101turky_1418 メドゥーサの頭がひっくり返して土台に使用されています。可哀そうですね、ギリシャ神話にでてくるメドゥーサは元々が森の自然神だったと思いますが、ギリシャの文明に否定されたのでしょうか。

20101turky_1421 頭が二か所にありました。

|

« トルコ大紀行その4 オリエント急行イスタンブール駅 | Main | トルコ大紀行その6 ダーダネルス海峡を渡りチャナッカレへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トルコ大紀行その4 オリエント急行イスタンブール駅 | Main | トルコ大紀行その6 ダーダネルス海峡を渡りチャナッカレへ »