« トルコ大紀行その13 聖母マリアの家(エフェソス) | Main | トルコ大紀行その15 パムッカレ後篇 絶景なり »

トルコ大紀行その14 パムッカレ前篇(暮色)

 承前 トルコ大紀行その13 聖母マリアの家(エフェソス)

20101turky_624 エーゲ海沿岸から内陸部に入った山の上にローマ時代からの温泉保養都市パムッカレという場所があり、世界遺産に登録されています。複合遺産であり、美しい石灰棚の自然環境とヒエロポリス遺跡があります。パムッカレという言葉は『綿の宮殿』という意味だとか。

Photoギリシャ・ローマ遺跡としてはエーゲ海より随分と陸地に入った場所がお判りと思います。グーグルアース パムッカレ位置情報

「Pamukkale.kmz」をダウンロード

20101turky_626

20101turky_632  酸性雨が地下に沁み込み、温泉として噴き出しこのような石灰棚を形成したそうです。この山の上に巨大なピエロポリスが建設されていた。

 マイフォト パムッカレ暮色写真集

20101turky_634 ここに到着したのはもう夕日が沈む頃でした。

20101turky_644  この夜は山の上のホテルに宿泊となりました。

|

« トルコ大紀行その13 聖母マリアの家(エフェソス) | Main | トルコ大紀行その15 パムッカレ後篇 絶景なり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

とてもありがたい情報が満載で楽しく拝見しています。ぜひ続きを掲載してください。
3/5から同じコースに出発します。
トルコの気温を毎日チェックしているのですが
意外と暖かいようですが貴方がいかれた時点では
かなりの雪が見られますがどうなのか心配です。トルコ10日間とエジプト10日間のツアーに以前
参加したのですが姉妹のうち一人が未経験なので姉妹3人仲良く今回の旅に参加します。
続編熱望です。

Posted by: | 2010.02.26 09:44 AM

 三姉妹で旅をされるおかたさん

 素晴らしいですね、仲の良い三姉妹なんですね。実は私の家内も三姉妹の長女です。とても三姉妹仲がいいですよ。

 3月5日からトルコ大周遊に出かけられるのですね、楽しみですね。トルコの天候は私の印象ではイスタンブール地区、エーゲ海沿岸地区、半島中央部地区と三カ所が異なるようですね。

 昨夜、昆明から北京経由で帰国しましたが、羅平の棚田に咲く菜の花は見事な景色でしたよ。残念ながら、1週間早ければ良かったです。しかし、自然はしょうがないですよね。

 トルコ紀行、楽しんできて下さい。

Posted by: jo | 2010.02.27 08:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トルコ大紀行その13 聖母マリアの家(エフェソス) | Main | トルコ大紀行その15 パムッカレ後篇 絶景なり »