« トルコ大紀行その9 ベルガマのアスクレピオン | Main | トルコ大紀行その11 エフェソス(エフェス)遺跡後篇 »

トルコ大紀行その10 エフェソス(エフェス)遺跡前篇

 トルコ大紀行その9 ベルガマのアスクレピオン

20101turky_595 エフェソス(エフェス)遺跡の案内となります。エフェソスが有名になったのは、世界七不思議の一つに数えられた『アルテミス神殿』が存在した事でしょうね。現在は廃墟となり当時の雲をつく神殿は残されていない。エフェソスはアルテミス信仰の中心として栄えたそうだ。アルテミスはゼウスの娘でアポロンと双子の妹の方であり、狩猟・純潔の女神であり月の神でもあります。『アルテミス神殿』跡から発掘されたアルテミス女神像は胸に乳房のようなものが沢山飾れた像でしたが、博物館で観れます。

 さて、写真はエーゲ海の港から上陸し大理石で出来たアルカデイアン通りの突き当たりに存在する2万4千人収容の大劇場であります。BC30年代にクレオパトラとアントニウスは船から上陸し戦車に乗りこの大理石の道をバージンロードとして進み、2万5千の大歓迎が待ちうけるエフェソスに迎え入れられ長く滞在したという。

20101turky_594 この道路はアルカデイアン通りと呼ばれ大理石で出来ており大劇場とエーゲ海に面する港との間を繋いでいた。列柱の上には火が灯されこのエフェソスの都市の豊かさの文明の高さに驚嘆したという。クレオパトラ7世も驚いたと思う。

ギリシャ文明のゆりかご エーゲ海沿岸文明圏
エフェソス(エフェス)遺跡群 世界七不思議の里 エフェソスのエーゲ海における位置関係(昔は海が近くまで接近していた)と遺跡群をグーグルアースより引用した。位置関係を確かめて下さい。
 
 マイフォト エフェソス(エフェス)遺跡写真集(140枚) 未完成ですが、おいおい完成させます。
        

20101turky_590 この大理石の道の先が港であった。

20101turky_583 クレオパトラとアントニウスを歓迎し迎えた2万5千の市民達の歓迎の声が聞こえるようですね。ここでは、剣闘士と猛獣の戦いも行われたそうです。彼ら二人も観戦したのでしょうね。

20101turky_560 ケルスス図書館です、ローマ帝国のアジア州執政官だったケルルスの墳墓の上に息子が図書館を建造した。

20101turky_565 知恵・運命・学問・美徳を象徴する女性像が正面を飾る。オリジナルはウイーンの博物館にあるそうだ。

20101turky_568 下部はコンポジット式(コリント式とイオニア式の混合形式)で、上部はコリント式の柱頭である。

 参考 ウイーン・エフェソス博物館    

|

« トルコ大紀行その9 ベルガマのアスクレピオン | Main | トルコ大紀行その11 エフェソス(エフェス)遺跡後篇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トルコ大紀行その9 ベルガマのアスクレピオン | Main | トルコ大紀行その11 エフェソス(エフェス)遺跡後篇 »