« ワンゲル時代の思い出 | Main | 何処でもつかまり立ち出来るようになる »

ミワ、カモ、クズ 古代のヤマトの風景

Photo  承前 司馬遼太郎『竹内街道』シルクロードの終点より

 司馬さんの『街道をゆく』では奈良盆地では出雲系のミワ族とカモ族が農耕を営んでいたと記述されていました。そこに、外来の崇神さんが侵入してきたと述べています。同時に、吉野の山には国栖(クズ)と呼ばれる土着の漁労・狩猟民族が存在していた事を述べています。

 記紀によれば、神武さんが熊野からヤマトを目指した時に、吉野川上流で出会った不思議な風体・習俗をした土着の民族について触れています。彼らは、神武軍を受け入れ従ったと言われている。国栖と呼ばれる人々ですね。彼らには尻尾があり、穴の中で暮らしていたとあります。誰が書いた書物か忘れたが、彼らが神武軍の味方をしたのは、彼らのルーツは元々が薩摩半島・大隅半島に住んでいた人々が大昔に吉野川を遡上し住みついていたと仮説を述べる人も居られました。

 彼ら国栖の人々は明治の時代に至るまで、皇室と関係が深い人々として歴史を残しています。神武さんの時代は、時折ヤマトの盆地に下り宮門を警護し山の幸やウグイなど献上し歌と笛を吹き歌舞をした。そして大嘗祭に於いて、隼人とともに歌笛を献納する行事を行った。天武さんが吉野に逃げると彼を助け東国に逃げる手助けをしたという。

 南北朝の頃は後醍醐天皇を吉野で支えたのも国栖の人々であり皇室を守る守護神だったのですね。

 司馬さんの話では、明治維新の時にも十津川郷士として新撰組と戦ったそうだ。十津川郷士の中井某が新撰組の斎藤一と花屋町の料亭で戦い山で習得した居合抜きで攻撃したが、初太刀をかわされ斬られたという。その後も、明治になり皇宮警察が諸門を警備したが薩摩、長州、土佐以外では十津川出身者のみに許されたといいます。なんと、歴史というのは面白いですね、古代の国栖の伝統が明治初年まで綿々と続いていたのです。

 国栖の研究についてはネットでも検索可能な論文が存在しました、参考にして下さい。

  参考 国栖の歌笛奏上とこれに関わる官司について

 隼人とともに如何に国栖の人々が王権の儀礼に関わったのか興味ある研究です。

 吉野と言えば、子供の頃に風邪を引くと母が飲ませてくれた葛湯を思い出しますね。吉野葛は有名ですよね。国栖と葛は発音が同じですね、神武さんの頃から山の幸として国栖の人々は利用していたんでしょうか。彼らが元々は南九州から黒潮に乗り渡来し和歌山の紀伊から吉野川を遡上し土着していたと考えると面白いと思います。

 しかし、神武さんの頃からの話を明治の頃まで続けるというのは、日本という国は面白い国ですね。ひょっとすると、今でも続いているのかも知れませんよ。

 日本の古代史は難しいですね。文字の無い時代は語り部でしたから、口で伝えていたのでしょうね。大事な話になればなるほど、口頭で伝えて来たのでしょう。

|

« ワンゲル時代の思い出 | Main | 何処でもつかまり立ち出来るようになる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル時代の思い出 | Main | 何処でもつかまり立ち出来るようになる »