« 明日が最後の授業 | Main | 甕棺墓の仲間たち »

ETV特集 日本と朝鮮半島2000年

 今夜もありますね、第四回そして日本が生まれたです。

 ETV特集 第四回『そして日本が生まれた 白村江の敗戦から律令国家へ』

 NHK教育テレビが10回シリーズで放送している番組ですね。

 過去記事 栄山江(ヨンサンガン)流域の前方後円墳

 過去記事 ETV特集 第二回予告

 過去記事 ETV特集 第一回

 先日からNHK教育テレビでは深夜に再放送をしていましたね。昨夜も深夜に起きて観てしまいました。今回は白村江の戦いから律令国家成立の過程を追います。統一帝国『唐』と朝鮮半島と日本の関係ですね。

 先年、私も白馬江を訪れ百済最後の落下岩を観ました、千人と言われる百済の女性が身を投げた場所です。その河口は白村江(はくすきえ)であり、羅唐連合と天智天皇の水軍が戦った場所です。

 百済と高句麗は滅亡し多くの亡命した人々が日本列島に移住して来ました。彼らの中には朝鮮半島に住み着いた中国人も沢山いたでしょうね。彼らの上級の人々は近江朝廷やその後の天武朝で史人として取り立てられ、急激に漢字による記録が増え始めたという。律令制度の草案作りから日本書紀、万葉集、ありとあらゆる文章が彼らの尽力で書き留められ始まるのです。

 日本書紀や律令を誰が書き記したかまで、最近の研究で判り始めているのですね。

 過去記事 日本書紀を書いたのは誰か

 日本列島が統一的な国家として成立した背景には仏教と律令が二本柱だったと思います。今夜も是非、暇な人はNHK教育テレビを観ましょう。

 (閑話休題)

 yaaさんの宮都研究の前期授業が終わっての記事が面白いですよ。

|

« 明日が最後の授業 | Main | 甕棺墓の仲間たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

落花岩

 今夜当方もこの番組を見ました。
(白村江の戦い)で負けたことが日本の律令国家へのトリガーになった。
律令制の御本尊の中国とケンカしているときにどうして学べたのだろう?
百済、新羅など朝鮮との関係だったのですねえ。

 百済が中国と戦ったとき、追い詰められた女性たちが崖から川へ身を投げますね。
何だか沖縄戦を思い出させられました。
当時の女性たちは今の(チマチョゴリ)のような美しい衣服に身を包んでいたのでしょう。
崖から飛び下りる様はまるで花びらが落ちて行くようであった。
それで(落花岩)。

 このNHKの番組は来年の(平城遷都1300年)を意識しているのでしょうねえ。

Posted by: ふうてん | 2009.07.27 02:23 AM

ふうてんさん

 番組観られましたか、最新の考古学の成果を踏まえた番組になっています。百済最後の悲劇の場所は『韓国紀行 (9)』http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2008/04/9_f3c3.html#comments
の私のビデオを見て頂ければ幸いです。

 私の印象では韓国の歴史で統一新羅が滅亡したあとの韓国の王朝では儒教を国家の統治イデオロギーにしましたね、そして百済や新羅や高句麗の仏教文化を否定しました。従い、最近まで韓国では百済文化に対しては偏見があったと思います。

 しかし、洛東江流域の伽耶・加羅諸国の遺跡の発掘や百済の考古学による発掘により当時の優れた文化文明が蘇り、朝鮮半島の人々が誇れる文化・文明を再確認されているのではないだろうか。

 これは、新しい日韓関係を考える上で重要だと考えています。考古学の世界では常識でしたが、一般の韓国や日本の人々には未だしられていない事を事実だったでしょうね。

 この番組に偏見はありません、発掘成果と歴史書文献批判の上に日韓の考古学・歴史学の学者がギリギリの所で合意できる部分を慎重に取り扱っていますね。

 韓国人で日本に留学し、日本の大学で学んだ考古学者や歴史学者が本国に帰り、日本の文献を学び日本の考古学成果の知識を踏まえた学者が続々と朝鮮半島南部に於いて最新の発掘成果について発言しているのが、新しい時代の始まりと思います。

 天智さん天武さんの王朝が世界標準の国家体制の律令を取り入れ始めたのは番組の通りでしょうが、日本から中国大陸に留学していた人々が祖国に帰り律令制確立の為に活躍した事も事実だと思います。

 私の家内の母方の古里である滋賀の蒲生郡老蘇は百済からの亡命者が沢山移住された場所なんですね。身近に感じています。

Posted by: jo | 2009.07.27 08:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明日が最後の授業 | Main | 甕棺墓の仲間たち »