« アンコール ワット・トム遺跡の旅 目次編「2007年の旅」 | Main | 千葉飛行会 2009年5月2日 »

古代の奈良盆地南部

Photo  奈良盆地の南部の写真です。

赤い線は古代のハイウエイである大和川の水系であり難波津に通じ瀬戸内海から大陸への貿易路に繋がっています。

 弥生時代には写真の唐古・鍵遺跡あたりに大きな環濠集落が栄えていました。そして、3世紀には三輪山の方の上流に移動し、纏向遺跡が邪馬台国の時代であろうと想定されます。纏向には日本列島各地の土器が発掘されている事から首都的な都市が建設されたと想定されています。

 その後、三輪山の麓に初期のヤマト王権の都が栄えたと考えられています。考古学者の間では崇神天皇から続く三輪山の麓のヤマト王権を三輪王朝と呼ぶ人がおられますし、概ね間違いないと想定されています。巨大な前方後円墳が山の辺の道に沿って築かれたのです。

 その後日本列島の様子は中国の史書から姿を消し、突然に5世紀になり河内に巨大な前方後円墳を築いた倭の五王の話が登場するのですね。神功皇后、応神天皇に始まり仁徳天皇から武烈天皇に続く河内王朝の時代となります。

 5世紀の河内王朝を支えたのは葛城氏と考えられています。写真で奈良盆地南西部に巣山古墳や築山古墳を表示していますが、所謂、馬見古墳群と呼ばれる古墳群が葛城氏の関連古墳と考えられています。北葛城郡河合町、広陵町から大和高田にかけての馬見丘陵に築かれた古墳群を指します。

 5世紀の大王の嫁さんは殆どがこの葛城氏の出身となります。一番有名なのが、仁徳さんの嫁さんの磐之媛さんですね。彼女については今まで沢山の事を記事にしてきましたので、省略します。いずれにせよ、葛城襲津彦を祖とする葛城一族は朝鮮半島との貿易を当時は独占していた可能性があります。

 歴史家の中には葛城王朝が存在したという説を言う人や、三輪王朝と併存していたという人も居られる程ですが、5世紀の河内王朝は葛城氏の時代であったと考えられます。しかし、雄略天皇の時代に葛城一族は大王家に滅ぼされる事になり、また、吉備も滅ぼされます。大王家に力がついた結果でしょうね。

 襲津彦という人物について記紀は朝鮮半島での活躍を記録している訳ですが、今後の韓国での伽耶諸国や新羅の遺跡発掘で新しい事実が解明される事を期待しています。朝鮮半島南部に於いて彼は活躍した痕跡が発掘される事を期待しています。

 そして、その後の歴史は河内王朝が滅び北陸・琵琶湖西岸の勢力である継体天皇が新しい王朝を築く訳です。私はこの奈良南部から大和川から難波津経由瀬戸内海ルートの王朝交代史が日本の正史として語られているが、同時に日本海から琵琶湖、木津川、淀川水系を利用した巨大な勢力が常に存在していたと考えています。

 ともかく、日本の遺跡の発掘だけでは今や真実を解明する事は難しく、朝鮮半島の考古学者と協力してかの地の遺跡の新しい発掘成果を期待しています。

|

« アンコール ワット・トム遺跡の旅 目次編「2007年の旅」 | Main | 千葉飛行会 2009年5月2日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アンコール ワット・トム遺跡の旅 目次編「2007年の旅」 | Main | 千葉飛行会 2009年5月2日 »