« メキシコ オアハカ紀行 目次編 | Main | アンコール ワット・トム遺跡の旅 目次編「2007年の旅」 »

おもちゃの室内飛行機

20094tsurumigawa_021  以前、義妹から貰った室内で飛ばすおもちゃのラジコン飛行機を昨夜飛ばしてみた。単三の電池三個をコントローラに格納し、飛行機を充電する為にコントローラに接続する。

 1~2分で充電が完了し、飛ばしてみた。コントロールしなくてもハイパワーで室内をグルグルと回っています。パワーコントロールとラダーの制御が出来る仕組みですが、もともと垂直尾翼が左旋回するように固定されている。赤外線で制御する仕組みですね。

 20094tsurumigawa_023 600回程度充電すると飛行機のコンデンサが駄目になるらしい。けど、部屋で飛ばすにはおもろいです。

 最近はおもちゃの室内用の電動ヘリも人気のようですね。将来何かの理由で入院でもしたら、暇つぶしに病室でおもちゃのヘリを飛ばすのもおもろいかと思います。

 (光るゴルフボール)

20094tsurumigawa_025  部屋をかたずけていたら、昔アメリカで購入した光るゴルフボールが出てきました。Twilight Tracerという製品で衝撃を与えると5分間光り輝くゴルフボールです。

 日本では禁止されていると聞きましたので、多分、お蔵入りしていたんでしょうね。20094tsurumigawa_027

20094tsurumigawa_029  

 衝撃を与える前とあとのボールの状況です、オレンジ色に輝くのですね。あちこち飛んで行く私にはぴったりのボールだったようですよ。しかし、何で日本では禁止なんでしょうね。

 私の部屋はメキシコ在住の長女が家に残した本や色んな雑貨が所狭しと置かれているし、彼女が購入した絵画も沢山ありまして大変なんです。飛行機も沢山格納というか、放置されているので、何時も家内に整理・整とんを迫られております。

|

« メキシコ オアハカ紀行 目次編 | Main | アンコール ワット・トム遺跡の旅 目次編「2007年の旅」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 おもちゃのお部屋

 Joさんのお部屋って、おもちゃ屋さんみたいですね(笑)。部屋の中で飛行機は飛んでいるは、ボールは光るは、楽しそうです。探せば、まだまだ面白いものが出てきそうですね。

 (義妹から貰った)というのにも、笑ってしまいました。妹さんは、いくつの子どもにおもちゃをプレゼントするんでしょう~

Posted by: ほかも | 2009.04.25 11:20 AM

Joさん、無沙汰しております。
こちらも、いろいろでねぇ~。

さて。ヘリは一度試したいです。ヘリの操縦は難しいようですね。

写真と同じメーカと思いますが、最近3000円を切った「人工知能ロボット」を見かけました。たしかにオモチャですが、センサーがいくつもついていて、知能的な動きをするようです。
(この記事みていて、ヘリやロボット志向がまたウズキだしました)

Posted by: Mu | 2009.04.25 06:07 PM

ほかもはん 今晩わ

 先ほど大学から帰還しました。朝早くから弁当持参で勉強しています。(笑)三時限目は履修していなので、2時間以上の余裕があり弁当を食べてあとは図書館で好きな本を読んで寝ています。

 5時限まであるので、終わるのは6時過ぎ、ホンマ疲れます。

 ところで、私の部屋は長女の収集したおもろいものが仰山あります。私と何処か似ているんでしょうね。

 義妹もメキシコにいるフウテン娘に何処か似てる所がありまして、おもろいです。

 そのうち、又、部屋の中のおもろいものが出現しましたら、御紹介しますです。
 

Posted by: jo | 2009.04.25 08:28 PM

 Muさん 今晩わ

 おもちゃのヘリは簡単ですよ。ラジコンヘリとは全く異なります。操縦せんでも、飛ぶと思うよ。

 最近のおもちゃは、安くておもろいのが仰山あるようですね。旦那はん、是非オリジナルを考えて、巨万の富を築くのは如何ですか。

 これからは、心を豊かにするものが売れると思うよ。

 ところで、次回の魔界探訪を楽しみにしていますよ。

Posted by: jo | 2009.04.25 08:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« メキシコ オアハカ紀行 目次編 | Main | アンコール ワット・トム遺跡の旅 目次編「2007年の旅」 »