« 本日は啓蟄 | Main | オバマ御縁 地域興し »

Eco時代に道路か海運か

 今日本では田中角栄時代に創設された道路特定財源の存続を巡り喧々諤々議論が伯仲している。道路のお陰で信州まで高速道路で便利に飛行機を飛ばしに出かける事が出来て感謝している。しかし、道路を作ればそのメンテ費用は膨れるばかりでしょうね。

ローマの崩壊を思い出されますね。沖縄に行くと電車が無い、道路しかないこれはアメリカ文明ではないでしょうか。狭い国土で、人口密度が高く、山国では鉄道輸送が効率的ではないのだろうか。

 しかし、人口密度が少ない日本の過疎地では鉄道は採算が合わない、だから車による輸送手段に頼らざるを得ないのは実情でしょうね。けど、角栄さんの時代から随分と時代は経過したし、道路を作るのは地方の経済活性化に繋がるのという話は本当なんでしょうかね。疑問です。

 西欧を旅していると鉄道が充実しているのが判りますね、多分産業革命以降豊富な鉄資源とアジアを初め帝国主義で植民地政策で沢山の財を蓄えたので、鉄道に投資できたのでしょうか。アジアを旅していると鉄道が貧弱ですね。沖縄なんて道路しか無い。不便極まりない世界だ。

昔サンノゼに暮らしていたが、鉄道が無い、人口の集中と道路の混雑を避ける為にサンノゼ市は日本にデレゲーションを送り鉄道を勉強した。そして、鉄道を敷設したが、失敗した。どうも、米国人は鉄道を好まないようだ。

 (ローマ文明と海運文明)

 そこで、話は飛躍するのだけど、道路と言えばローマですよね。鄙な地であるガリアの地までローマは道路を建設した。文明とは道路であるというのがローマ文明ではないだろうか。アメリカはまさに、ローマ文明を受け継いだ文明ではないだろうか。

 欧州は実はパリにしても多くは運河で結ばれた国なんですね。豊富な河川を利用し交易の要所に都は出来ている。実はアジアの盟主である中国も隋の時代から運河を掘削し、長江と黄河を結び河川による輸送を中心にした文明であると思う。

日本列島の歴史は明らかに海運の歴史です。平城京の時代に陸運を重視した国衙を地方に設け陸運重視の政策を採用したが殆ど失敗している。山岳が80%を占める日本では無茶な政策だったのでしょうね。

 (エコ時代到来)

 東京では殆どの江戸時代からの河川は道路に変更された。大雨が降ると神田川は氾濫するので、地下に巨大な溜池を構築している。しかし、考えてみると関東平野の周りの山々は変わっていないのだから、降った雨は扇状地に流れますよね。何か、昔の河川を埋めるとその代わり別の水路が必要という事ですよね。

 それでは、何で河川を埋めたのでしょうね。人間と物資の移動を車に頼ったからですよね。しかし、東京は今や夏はヒートアイランド状態です、昔の数多くの河川と水路が存在していればもっと効率良い世界が出来ないのでしょうかね。

 化石燃料ももう100年以内には無くなるでしょうし、地球温暖化の問題は切迫していますよね。もっと、船と車と鉄道が共存した輸送を考えた方が環境に優しい世界を作れるのではないでしょうかね。

 

|

« 本日は啓蟄 | Main | オバマ御縁 地域興し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

陸海空のバランスですかねえ

 いろんなことを考えさせられる記事ですね。
これまでは輸送効率ばかり考えて陸、海、空の輸送手段を考えればよかった。
ところが自然環境とかエネルギーとかも考えなくっちゃいけなくなった。
JOさんの言われるように輸送手段すべてを考え直す時期に来たことは確かですね。

 記事を拝見していて、あるコラムに出ていた次のような一文を思い出しました、ちょっと長いですが。

(国の予算のうち、土木・建築が占める割合は、ヨーロッパが6~7%、アメリカが8%ですが、日本は40~50%。コンクリートの使用量を国土の単位面積あたりで比較すると、日本はアメリカの33倍。日本は世界のスタンダードとはケタ違いの異質さなのです)
((アレックス・カー氏。著名な東洋文化研究者。京都町家の庵主催者))

Posted by: ふうてん | 2008.03.06 11:59 AM

ふうてんさん

 驚きの数値ですね、驚愕ですね。40%も国費を使用してるのに何でアメリカみたいに高速が無料にならないのですか。

 このままでは国は壊れてしまいますね。将来は道路の補修だけで予算を使い切りそうやね。

道路建設に関わる人々の仕事の内容を他の産業に転換しないと駄目ではないでしょうか。

 それと、輸送そのものを考え直す必要がありますね。フードマイレージについては以前に記事を書きましたが、色んな事を考えて世界に先駆けてやりたいですね。

Posted by: jo | 2008.03.06 02:02 PM

 Joさん

 3年半前、50年振りに訪れたОхотскで高速道路を建設している様子を見て、驚愕しました。道路の補修、除雪費用は誰が負担?一般国道の整備に留めなければと思いました・・・

 最近驚いたのは、日本各地に空港整備事業とかいうのがあって、茨城にも空港がオープンするとか・・・ヒャー、日本よどうなっているの?と、唖然としました

Posted by: | 2008.03.06 10:23 PM

  てっちゃん

 明日から岩岳ダス。

オホーツクに高速道路ですか?又、北狐の高速ですか。ホンマどうなんでしょうね。

 地元の人々は望んでいるんですかね。北海道は高速がなくても空いてましたよ。

地方の空港は何処も赤字やそうやね、大阪の国際空港ですら赤字と違うかな~~。

 田中角栄に代わる、人物が出現しないとアカンようやね。

Posted by: jo | 2008.03.06 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本日は啓蟄 | Main | オバマ御縁 地域興し »