« Jo君モンゴルに行く (7) | Main | 早朝フライト 真夏の2007 »

Jo君モンゴルに行く (8)

 今回は自然環境について感想を述べたいと思います。昨夜の日本のテレビでは日本の自然が異常をきたしている報道がなされていました、特に日本海の温度が1.4度上昇したり軒並み日本近海の温度が上昇し、大阪ではクマ蝉が百万匹発生したとか。

 北極海の氷床もあと何年もつか?という危機に直面してるようでが、そうすると白熊さんの問題だけでなく北極海から沈み込む地球最大の深層海流の巨大ラジエターシステムが崩壊するのではないかと、心配になります。

 地球温暖化が進むと、ヨーロッパから同緯度にある北半球は砂漠化するそうですね、既に欧州の夏の気温は異常な上昇です、モンゴルでも今年は雨が少なくお花畑は壊滅でしたね。多分、食べる草の生育と時期の関係で羊、馬、ヤギがお花畑の芽を食べてしまったのでしょうね。

 (鷹匠のルーツ)

 日本でも御馴染の鷹刈りのルーツはモンゴルにあります。

 参考 大草原にイヌワシが舞う

以前にNHKでは日本の鷹匠のルーツについてモンゴルを取材する番組を観ました。戦国武将から江戸時代にかけて鷹刈りの風習は軍団を維持する為に必要不可欠だったのですね。

 動画紹介 鷹とカメラおじさん「mongolia_tour_2007_315.avi」をダウンロード

 動画紹介 鷹匠「mongolia_tour_2007_312.avi」をダウンロード

 (巨大魚イトウ)

モンゴル自然史博物館で幻の巨大魚イトウを発見しました。開高健さんが求めた魚です。魚へんに鬼と書く魚です。

 参考資料 開高健のモンゴル大紀行

 参考資料 世界怪魚釣行記

 (馬頭琴)

 馬頭琴は日本の小学生二年で学ぶ”スーホの白い馬”で有名ですね、又、異なる民話も残されているそうです。ともかくモンゴル人と馬頭琴の歴史は古いようですね。

 参考文献 スーホの白い馬

 参考文献 馬頭琴の民話

 (モンゴルの犬)

モンゴルの犬です、狼二匹と戦っても勝つと言われています。夜、羊やヤギを守ります。見るからに怖そうですね、未だ狼の遺伝子が色濃く残っているのではないでしょうか。私は戌年生まれですが、こんな怖そうな犬は初めて出会いましたね。(笑) 

 (モンゴルのエーデルワイス)

今回はお花畑を散策するコースが組み込まれていましたが、以外とツーリストキャンプで幾つかの花を見つけました。モンゴルのエーデルワイスですが、現地でも人気がある花だそうです。

このエーデルワイスはスイス紀行でユリア峠サンモリッツで見かけたものですが、同じですね。スイス紀行アルプス稜線の花

 (満天の星空)

 これは写真が有りませんが、モンゴル紀行では一番感動した光景でした。まさに、満天の星空であり天の川から無数の星が煌いていました。子供のころに眺めた星空です。今ではプラネタリウムでしか見れない光景が、今でもモンゴルでは観れるのですね、これは感動でした。

 ゲルの天窓からも一晩中見れますし、同行の山形のカメラおじさんとか、ギャルの皆さんは深夜毛布をまとい何時までも星空を眺めておられたようです。

猛禽類が空をめぐる光景とか、ゲルの周りでウロウロするリスとか、夜中にゲルのまわりをウロウロする馬の気配とか楽しい話は沢山ありますが、是非、現地を訪れて体験して欲しいと思います。

 星空を眺めて連想する歌 アフリカ、ナイロビを歌う”風に立つライオン”

|

« Jo君モンゴルに行く (7) | Main | 早朝フライト 真夏の2007 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 Joさん

 本当に最近の気象は気になりますね(∋_∈)

 怖そうな犬、それと鷹ですね。エーデルワイス、実物は見たことはありませんが可愛い花ですね。緯度や気候を考えると、オホーツクにもエーデルワイスがあってもいいように思いますが、ありませんでした。満天の星空はありましたがね\o(^o^)o/

 暑気払い、いつにします?声を掛けて下さい。

Posted by: | 2007.08.18 06:44 PM

テッチャン

 大学時代にワンゲルで日本アルプスにでかけてましたが、ウスユキソウと言うのがエーデルワイスです。

 真白な綿毛のようなもので覆われていて、特に美しくはありませんが、地味でつつしみ深い感じです。

 北海道でも、大雪山とか山に登ればあるのと違いますか?利尻富士と旭岳に登りましたが気がつきませんでした。

 来週あたりに暑気払いやりますか。

Posted by: jo | 2007.08.18 08:07 PM

 Joさん

 「ウスユキソウ」北海道にも沢山自生しているみたいですね σ(^◇^;)。。。 知りませんでした。オホーツクでは鈴蘭の方が、可憐でポピュラーな花ですね(*‘‐^)-☆

Posted by: | 2007.08.18 08:28 PM

テッチャン

 スズランは大学4年生の時に千歳空港から関西に帰る時に、蝦夷這松と一緒に空港で実家への土産で買いました。

その後、スズランは実家の庭でどんどんはびこり、這松も大きくなりました。思い出があります。

 しかし、毎日がバンコクみたいな天気やね。

Posted by: jo | 2007.08.20 03:17 PM

懐かしいな、モンゴル行きたい。また満天の星空みたい。

Posted by: tuya | 2008.11.08 09:34 PM

 tuyaさま ご無沙汰いたしております

 先日、モンゴル仲間で新宿で懐かしいメンバーとお会い出来ました。

 モンゴルの旅は本当に楽しい、仲間も素晴らしい人々でした。又、訪問したいと思いますね。

 今度、皆さんで山形の某メンバーの故郷にでかけようと話していますよ。

 これから、寒くなりますねお身体には気を付けて下さい。

Posted by: jo | 2008.11.09 07:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Jo君モンゴルに行く (7) | Main | 早朝フライト 真夏の2007 »