« 静かな週末 | Main | マレーシアからの客人 »

YouTubeに思う

 昔は誰でもが放送局をやれるとは考えも出来なかった。しかし、インターネットの普及と光ファイバーのお陰で技術的には可能になった。経済的に可能にもなろうとしている、それは広告モデルである。

グーグルはYouTubeを2000億円で買収した、グーグルは広告モデルで成立している会社である。今はテレビよりもインターネットを観てる時間の方が格段に抜いてしまったご時世だから可能なのだ。しかも、インーターネットを観てる人々はどちらかというと、インテリの比較的に裕福な連中である。

 だから、広告主も魅力のあるメデイアと考えるのではないでしょうか。パソコンのソフトを独占してる会社も明日はどうなるか判らないのが、今のご時世である。情報端末の普及とアクセスルートは今や多岐に渡り、高速無線、公衆無線LAN,家庭への光ケーブル、携帯電話無線網、とインフラが急速に拡大している。

 従来のビジネスモデルは永遠ではない、音楽の世界ではYouTubeは誰にでも世界の人々に自分の才能を訴える事を可能にしている。YouTubeは著作権を侵害しとんでもない奴だという人が多い、事実無数の著作権にかかわる係争を抱えている。

しかし、と思う、彼らは著作権を侵害しようとしてるのでは無く、投稿する連中の中で彼らが侵害している。だから、申告があれば抹消しているし、すべての裁判に立ち向かっている。現状の著作権者を最大限に守り、且つ彼らがもっと収入が増えればいいのだ。

 事実、米国の主要4大レーベルはYouTubeの株を持っている状況だ。新しい仕組みを作ろうとすると常に現状維持の権益で守られている人々は反発する。しかし、元々が音楽の世界とは誰でもが参加し、その中で才能がある人が世間に認められる仕組みが大事だと思う。

 話は、ソフトの世界になるが先日パワーポイントを2万8千円で購入した。多分このソフトの開発費用は100億や200億円ではきかないだろう、しかし、パソコンという世界で世界を相手に拡販し、安く手に入る事を感謝している。

しかし、いずれは、グーグルのような広告モデルを持ち込み、パソコンに自分のパワーポイントをインストールするのではなく、ネットワークから必要な部分だけをダウンロードし広告モデルと連動して格安でつかえるようになるかも知れない。グーグルはそれを狙っている。

 米マイクロソフトは5月、米オンライン広告会社aQuantive社の買収に現金で60億ドルをかけている。6千億円の金だ。世界が変わろうとしている具体例でしょうね。

(インターネットの回線料金負担は?)

 これが謎である。国際回線の料金負担は誰がしてるのか?日米の回線で昔は半々で両国政府が負担していたそうだが、最近は違うようです、かなり日本が負担してるようだ、言い分は日本から米国のサーバへのアクセスが多いという理由らしい。

今や、いかに日本のサーバに世界からアクセスして貰える知的財産を持つかが国同士の戦いだ。そういえば、インターネットのサーバの有名なものは米国が多いと聞く。目に見えない世界で国同士の戦いが展開してるのですね。

 硬い話は是までで・・・

 五輪真弓 雨宿り 大好きな曲です 恋人よ これも好き

 フォーククルセイダーズ イムジン河  あの素晴らしい愛をもう一度

|

« 静かな週末 | Main | マレーシアからの客人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

五輪真弓「雨宿り」いい曲ですネ! 知りませんでした。80年代のアルバム曲でシングル発売はないようです。検索してみるとNHKで夜9時の銀河テレビ小説「雨宿り(半村良原作 主演 愛川欣也、大谷直子)」の主題歌とのこと... インドネシアでのヒット作。80年代からの五輪真弓は興味がなかったのですが... アルバム「窓 せめて愛を/五輪真弓,1983」パリ録音。"特に前半はパリ町並みを思わせるシチュエーション。とくに「雨宿り」は最高傑作" とのこと.. 聞いてみたくなりました。五輪さんは英語でのアップが多くアジアでの人気が伺えます。<けんたあとむパパ>リンクは 五輪真弓のデビュー曲 少女(with 平原綾香)。

Posted by: けんたあとむパパ | 2007.06.13 01:50 PM

けんた&あとむパパ

 今長い一日を終えて帰宅しました。いい歌でしょう、せめて愛を も私は昔、アルバムを購入した時に収納されていたと記憶してます。

 彼女の歌は本当に素晴らしいと思います。

Posted by: jo | 2007.06.13 10:42 PM

この記事、重いのですよ。
どう考えて、どう論評してよいのか、わからない。YouTubeも、Jo記事もね。

現状は、Muは学生達に「YouTube」を私の科目で利用することを、問われれば却下しています。

教育とかは段階があって、まず「著作権」というものがこの世にあることを伝えることが先決でして。それを充分感得した上で、はじめてネット情報とかYouTubeの近未来に話が行くわけですね。

しばらくMuもYouTubeは静観しておきます。

なお、出所のわかりにくい大容量ファイル(動画)には、なにがひそんでいるか解りませんね。地球規模で文明を破壊するほどの、ウィルスだって、組み込まれるかもしれない。怖いな。

Posted by: Mu | 2007.06.15 06:49 AM

Muの旦那

 先生のお立場でのご発言は理解が出来ます。先ほど、長い一日が終わり帰宅しました。

今日も一日、世界中を駆け巡る連中と一緒で彼らのバイタリテイーには驚くばかりです。世界中の携帯電話と顧客を相手に商売している人々ですが、刺激を受けるものです。

 著作権は重要だし、正当な対価を得るのが当然ですよね、ただその仕組みは時代とともに変化するかも知れませんね。

著作権者がその対価として十分に得られ、名誉がまもられるようなシステムでないと長くは続かないし、世界は受け入れないと思います。

Posted by: jo | 2007.06.15 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 静かな週末 | Main | マレーシアからの客人 »