« アンコール遺跡の旅 (その8) | Main | アンコール遺跡の旅 (その10)   »

アンコール遺跡の旅 (その9)

 やはりアンコール・ワットの旅と言えば朝日が昇る光景をみないといけませんね。Jo君が生まれ育った北河内郡大字招堤村の殿山第二小学校の卒業旅行は伊勢の夫婦岩の朝日を見る旅でしたね。気持ちは同じです。

 写真集 アンコール・ワット朝日を見る編

眩しい輝き 生まれて良かった!

眩しい輝き 生まれて良かった!

 さて、アンコールの旅で色々と食べましたが、そのうち断片をご報告します。

  写真集 アンコールの旅で食べたもの編

アンコールたこ焼き

アンコールたこ焼き

 何といいましても、アンコールたこ焼きでしょうね。実は中身に蛸は入っていません。クレープみたいなもんでしたね。ためしてガッテンを観てれば焼き方のノウハウがあるのですが、クメール語が出来ないので教える事が出来ませんでした。

野菜炒めと豆腐煮込み

野菜炒めと豆腐煮込み

 全体に甘い味付けですね、不味くもないし特別インパクトがある訳でもないです。でも、美味しいでした。ベトナム料理も、タイ料理も、上海料理も私は大好きです。

頭の上が気になる

頭の上が気になる

 アプサラ・ダンスのショーを見ながら食べるレストランです。多分、バンコクにいるテッチャンもこのダンスを観ながら食事をしてるでしょうね。シャムとクメールの文化は似てるのですね。けど、頭の塔が重そうで気になりますね。

宇治金時氷 オーナーは日本人女性

宇治金時氷 オーナーは日本人女性

 あまりにも暑いので(39度です)宇治金時のカキ氷を食べる家内です。私はマンゴーシェイクを飲みました。

 ホテルの食事は高級ホテルでしたので、特に取り上げるようなものは有りませんでしたね。食事も、ダンスも楽しませて頂きました。

|

« アンコール遺跡の旅 (その8) | Main | アンコール遺跡の旅 (その10)   »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アンコール遺跡の旅 (その8) | Main | アンコール遺跡の旅 (その10)   »