« アンコール遺跡の旅 (その2) | Main | アンコール遺跡の旅 (その4) »

アンコール遺跡の旅 (その3)

 アンコール・トムの環濠寺院都市はアンコールワットが建造された30年後あたりに、5倍の規模で建造されたようだ。宿敵のチャンパを倒しクメール最盛期の頃だろうか。インドシナ半島の殆どを領土とした頃なのだ。

 アンコールワットがヒンドゥー教の寺院にたいしてアンコール・トムは仏教の寺である。しかし、わが国における神仏習合に似た雰囲気を感じた。南大門の阿修羅と蛇神の乳海攪拌神話はヒンドゥー教である。

 (アンコール・トムのレリーフ群)

 私はアンコールワットのレリーフ群よりもここのレリーフの方が興味を持ちました。神話とか王様の権力とか戦勝記念の自慢だけでなく、庶民の暮らしが生き生きと自由に描かれている。写真を一部とりましたが、自分なりに感じた写真集として収録しました。

 アンコール・トム レリーフ群写真集

 レリーフ群はクメール軍がチャンパ軍を破る戦争絵巻がメインですが、クメールの人の特徴は耳が長く、ふんどし姿にタスキで裸です。これが、クメール人の特徴として描かれていますね。

 クメール軍には中国の人々も参戦しています。そして、当時の戦争には家族全員で参加している事が判ります。女房子供を引き連れ、家畜も引き連れ食料を持参しての遠征だったのですね。

 陸を進む軍隊には森の鳥や猿が驚いています、水軍が進む川では水中の魚や鰐やすっぽんが描かれています。とても漫画チックな描き方で自由な余裕を感じますね。

 当時の遠征は大変だっと思います、森では吹き矢で鳥を射止めて食料としたり、大きな鍋で豚を煮てる画面も面白いですね。当時のチャンパ王国は現在のベトナムの中部からホーチミン辺りまで細長く海岸に沿い存在した国でした。

 メ コン大河を渡り東に遠征したのでしょうね。何頭の戦闘象を使用したのでしょうかね。象の上から次々と槍を投げ下ろし戦う戦争ではなかったでしょうか。ハンニバルの軍団と同じでしょうね。

 膨大なレリーフを眺めているだけで、一日が過ぎ去ってしまいそうです。しかし、当時のクメールの人は体格はでかくて今のカンボジアの人と少し異なるように見えます。ガイドさんの話でも昔の人は色が黒くて、体格も立派だったと話されてました。

Angkor_123 Angkor_120

|

« アンコール遺跡の旅 (その2) | Main | アンコール遺跡の旅 (その4) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アンコール遺跡の旅 (その2) | Main | アンコール遺跡の旅 (その4) »