« 神河内逍遥記 記事目次編 | Main | 和倉温泉と能登紀行 記事目次編 »

小島和人先輩 引退関連記事編

 私の4年先輩で富士通時代に大変お世話になった小島さん(愛称:コジラ)が2006年の6月に富士通を引退された。十数年前に富士通がコンテンツ分野のビジネスに新規参入する時に直接の指導を受けた。

私は当時、古河さんの配下に居りマルチメデイア関連の製品開発の技術部門でATMを利用したCATVのデジタル化機器の開発とかデジタル衛星の関連機器の開発をしていた。まるで、分野の異なるコンテンツという世界に引きずり込まれたのでした。

 CD ROMのコンテンツ開発では台湾の故宮博物院と提携し清明上河図のデジタル化とか故宮にあるドラゴンのデジタル化とか、将棋の世界でのプロの棋譜のデータベース化とか、はたまた、徳間さんに頼まれた映画”ガメラⅡ レギオン襲来”の映画のプロデューサをやらされたり、幼児のパソコン教室を開始したり・・・・・楽しいけど毎日、お金が無くて苦労しました。

 コジラの旦那は大学時代は山岳部で富士通入社して直ぐにヒマラヤ遠征に会社を休んで出かけようとして危うくクビになりそうだったという逸話が残っている。その後、海外事業の畑を専門に歩かれ特に、ドイツのシーメンス社との提携事業では私もオンラインソフト部隊として印象が深い。その後、富士通の副社長を経験された。

 引退後は私はコジラ先輩と一緒に世界中の山を一緒に歩きましょうと約束した。しかし、丹沢の山を一緒に登り私の方が体力が劣る事に気がついた。もう少し、時期を待ちコジラの旦那の体力が衰えたところで、一緒にヒマラヤとかニュージランドのミルフォードトラックに挑戦したいと考えています。(笑)

 小島先輩の歓送会

 愉快な仲間音楽会2006

  丹沢表尾根縦走紀行

 蒲田 勝五郎宴会

 

|

« 神河内逍遥記 記事目次編 | Main | 和倉温泉と能登紀行 記事目次編 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22007/13557899

Listed below are links to weblogs that reference 小島和人先輩 引退関連記事編:

« 神河内逍遥記 記事目次編 | Main | 和倉温泉と能登紀行 記事目次編 »