« ハノイ歴史博物館 | Main | サンミゲールからの便り »

jo君のハノイ暮らし(7)

私の住んでる場所の近くを鉄道が走っています。ハノイとホーチミンを繋ぐベトナムの生命線の鉄道です。単線で、ジーゼルなんですけどね。

Tanroniseki_004 Tanroniseki_002  汽笛を鳴らしながら街中を走ります、ハノイ駅はあともう少しで到着なんです。一度は乗って、中部のフエ迄行きたいと考えています。

深夜とか朝方には時折ベッドの中で汽笛の音を聞きます。

 (結婚式が多い日でした)

Tanroniseki_054 Tanroniseki_119 Tanroniseki_120  これらは別々の場所の光景ですが、式を教会でする人もおられるんですね?日本みたいですね?こちらは、大げさにやるそうで、沢山の親戚とか友人とかそれはそれは、豪勢なものです。

この日はとても結婚式が多かったので、大安だったかな?自動車には花束をくくりつけて街中を走ります。華やかでとても気持ちのいいものですね。

 (謎の植物)

Tanroniseki_005  小さなみかんみたいですが、何でしょうね?テトの時の飾りの植物なんだろうか?判りませんが、おじさんは一生懸命運んでいましたね。

今度、ベトナムの人に訊いてみます。

Tanroniseki_052  南京豆の横にあるでかい長芋みたいなもんは何なんだろうか?でかすぎますよね?

これも、今後の調査にご期待下さい。

Tanroniseki_053 これは、薩摩芋ですね、紅芋だと思います。沖縄ではよく見かけましたね。あんま私は好きではありませんけど。

やはり、私は里芋派です。家内は薩摩芋派ですがね。

|

« ハノイ歴史博物館 | Main | サンミゲールからの便り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 Joさん

 ジーゼル機関車や客車の写真風景ですが、インドのチェンナイや台湾の台北へ遊びに行った時の風景を思い出します。看板や集合住宅風の建物、そしてその色合い、バイク、鉄柵・・・

 南京豆の隣、自然薯のようにも見えますね。紅芋?ヤーコンにも似てますd(^-^)

 忙しそうやね!

Posted by: | 2007.02.01 01:06 AM

テッチャン

 風景で私も感じるのは、建物がレンガを積み上げた建物だという事が大きな要素かな~~?インドもそうでしょう?

ベトナムに地震が来たら被害は大変でしょうね?それに、ハノイは河内だから地盤はしっかりしてない。

 土ぼこりが舞うハノイ、排気ガスが充満し太陽が見えない都会。それが、迫る旧正月には青空が広がるそうです。

ハノイは空っぽだそうだ。店は何処も営業しないそうです。昔の日本と同じだそうですよ。アタシャどうしょうかね?

 ヤーコンは初耳でした、菊科の根菜なんやね?南米原産と書いてました。
 

Posted by: jo | 2007.02.01 08:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference jo君のハノイ暮らし(7):

« ハノイ歴史博物館 | Main | サンミゲールからの便り »