« November 2006 | Main | January 2007 »

2006年大晦日 イン ハノイ

 遂に2006年の大晦日となりました。何でハノイなのかが不思議だ。一寸先は闇ですね?

今日は仕事の予定だったが、無しとして飛行機の製作をしている。早朝はネットの調子がいいので今までのblog記事に写真を貼り付けた。

 昨夜は今日の夕刻から忘年会に郷端さんのお家に招待されているので、手土産として、バラ寿司の製作をしていた。椎茸は日本から持ち込み、高野豆腐も日本からのもで、人参はハノイ産である。昨夜、椎茸を戻しコトコトと煮込んだ。

寿司飯は日本から持参した昆布を入れてハノイ産のコシヒカリを炊飯した。問題は酢が無い事に気がついた、しょうがないので、五目ちらしの素があったので、それを入れて混ぜたが、酢が弱い。

 しょうがないので、紅しょうがを沢山入れて紅しょうがの酢で誤魔化す事にしたのだ。金糸卵焼きも作り準備は昨夜のうちにしておいた。今日の忘年会はハノイ工科大学に日本語を教えに駐在されている日本からこられた先生達だそうです。

ラジコン所長もどうせ工場関係のむさくるしい野郎ばかりで忘年会だと予想していたので、郷端さんの忘年会にどうだろうか?お誘いしたが、人数が多く郷端さんの家には入りそうも無いらしい。既に13名も招待されているそうだ。私とラジコン所長の二人なら大丈夫だそうだ。

 (バレリーナ製作で失敗)

 ビールを飲みながら、作りなれたバレリーナ、油断大敵、主翼の後縁のバルサ材を間違ってしまった!(ア茶ーー!) そこで、困った時はラジコン所長、電話するとリブと後縁材の接合部を切り落としてしまえ!との、お言葉。

ところで、今夕の忘年会だが、やはり先ず私が所長のアパートに行き、所長を連れて郷端さんのアパートに行く事になった。

_306 _307

接合部を切り落とし、再度、主翼を作り直した。

瞬間接着剤と木工ボンドを併用した。なんとかなるだろう?

(ハノイ工大関係者忘年会)

_308 _310

郷端さんのアパートにてハノイ工大で活躍している人々の忘年会がありました。

私はバラ寿司とワインを持参して参加、関係ないけどラジコン所長もお誘いして参加。

_311 あれ、所長お着きですね?

明日の、元旦のフライトは大丈夫ですか?今、ベトナムのラジコンクラブの会長と忘年会を済ませてきたとこだ。

_312 _313  今日の忘年会はハノイ工大で日本語を教える先生たちの慰労会でもある様子です。

このプロジェクトは長期10年ですから、皆さん数年は駐在されるんでしょうね?

_315_1 _320_1 2007年は猪ですがこちらは、豚ダス。ケーキの上にいるのは明らかにブタです。

そうそう、ベトナムの十二支では兎の代わりに、猫なんですよ~~~~。

_316_2 郷端さんが昔懐かしい、フォークを歌い始めました。赤ぺらですよ、上手でしたね、昔のフォークで青春を過ごした仲間です。

でも若い人々でも意外とみなさんご存知なんですね。驚きました。

_322_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

12月30日 ハノイでは

_303  日本では今日は年末も押し詰まり、大掃除とか正月の煮しめ料理の製作とか餅つきとか、テレビでは今年一年を振り返る番組とか・・・・・、でしょうね?

_300 こちら、ハノイでは流石に今日は大企業は休みの様子ですが、殆どの人々は働いています。従い、私も働いています。明日31日も仕事ですが、元日は休みでラジコン飛行機を飛ばす予定です。

 _304 昨夜、日本から届いた電動機2機の修理を行い、バッテリーも大丈夫か充電して検査し_305 た。1機はボロボロのスプリースポーツであり、水平尾翼二枚が壊れていた。もう1機の千葉のラジコン親父から餞別で戴いた、高速電動機は秋合宿で脚が壊れたので、今回は取りあえず、一本の脚をつけた。(笑)

_302 午前中は経営会議をやり、当面の見通しは出来そうなので、会長の奢りで高級レストランで昼食となった。フランス統治時代から有名な高級ホテルのレストランである。明日も,頑張る。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ネットが繋がらない(依然)

 これは,大問題です。昨日、インターネットが回復した記事を書いたがそれは、会社のネットの話で自宅に帰ると全く駄目。もう個人宛のメールは三日間読めていない。

昨夕はラジコン所長の指示で、彼がカスカニ断続的に繋がる、DNSサーバーのアドレスを教えてもらい、自動から切り替えたが駄目だ。

きょう朝、会社ではネットが繋がるがNIFTYの個人メールは会社で見れないので、当分は日本との個人メールは不通が継続します。

 ラジコン所長の会社ではインターネットは全く繋がらない状態だったそうだし、ハノイ工科大學でも駄目だった。こんな大事な話が日本で報道されているんだろうか?台湾は何をしてるんだろうか?この状態は台湾の話では、2週間以上は継続するそうだ。

こうなれば、会社のネットで個人メールを見れるようにするか?それとも、自宅のパソコンを会社の使用しているDNSサーバアドレスに切り替えるか、何とかトライします。

朝10時ですが、今こちらの葬儀に出席し帰る。会社のインターネットは接続可能なのでniftyのメールも会社で見れるようにした。

_287 _288  今日の国葬は偉い軍人さんの葬儀で96歳での御崩御でした、ベトナムでは有名な軍人さんが7名おられたそうですが、その一人だそうです。荘厳な軍による葬儀でした。

(越語を学ぶ事にした)

 正月明けから個人教授に週一回会社に来て貰い勉強する事にした。正月明けからである。毎回一時間半の授業を受ける。還暦過ぎた親父が果_290 たして覚える事が出来るか?疑問ですね。

 _291

_292 _294 _295 _297 _298

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本と繋がらなかった

 先日の台湾の地震により、海底ケーブルが切断されたのか、台湾の通信施設がトラブったのか?二日間程度、ハノイではインターネットも日本とのパソコン通信は途絶えた。

どうやら、ベトナムへの海底ケーブルは台湾近海を通過しているらしい。全てのケーブルが切断したのではなく60%とか報道があったが、インターネットの方式上の欠点としてバンド幅制御が通信確立時に制御できないので、輻輳すると全く糞詰まりになる。

 電話でハノイに進出してきている製造業の工場に勤めるラジコン所長に連絡すると、インターネットは不可だが、日本の本社との通信は確保されていると言う。ちゃんと、台湾ルートでない複数の迂回路を確保しているのだ。あたり前でしょうね。

しかし、多くの企業はインターネットを使用して仕事をしている、これが通じないと仕事にならないのだ。しかし、何故に丸々二日間もインターネットで日本との通信が途絶えたのだろうか?

 ベトナムと言う国と海外の国々との通信路は改めて、どうなっているのか?調査してみたいと思う。勿論、電話回線は日本と通じていたが、しかし、回線状態は劣悪であった。

海外との通信は陸上(回線とマイクロウエーブ)、海上、衛星と存在するが国家存亡の為にはあらゆる手段を用意している筈である。通信の最後の手段は私の趣味であるアマチュア無線であり電離層反射で無線を飛ばすことでしょうか?

 昨日は、インターネットは使用出来ないし、おまけに停電するし仕事はお手上げでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナムの家庭に招待されるの巻

 今日は郷端さんの友人の大學教授が彼を自宅の夕食に招いていた。    

_276 私は、郷端さんの友人として同行することにした。日本から持参した佃煮セットを手土産にハノイ工科大學に勤務する郷端さんをピックアップして約1時間程度ハノイから郊外にあるBinh(ビン)さんのおうちを目指した。

 田舎の村の細い道を進むと彼のお家に到着し、大きな鉄の扉の向こうに大きな邸宅がありました。犬小屋が二個ありウルサイ犬の歓迎です。息子さんが出迎えで流暢な日本語で歓迎されました。

 ビンさんはつい最近迄、ハノイ工科大學の先生で日本びいきの人として有名で彼自身が大阪大學、北陸先端大學で学び工学博士号を取得した経歴があるそうです。勿論、モスクワ大學とかカナダの大學の経験もあるという国際派です。若い48歳でVietnam National Universityの副学長に抜擢されたエリートなんでしょうね?

_278  奥様も大學時代の同期で大学院を卒業され息子さん,娘さん皆さん日本語がペラペラの超日本好きな一家なのです。息子さんも父親と同じ研究者の道に進まれるそうですが、娘さんは音楽家を目指しているとか?二人とも、日本への留学を強く希望してるそうです。

 晩餐会は中国風の丸いテーブルの真中に沢山の食事が並んでいます、肉と空芯菜_269_1 の炒め物とか私も一度スーパーで購入したバナナの皮で包まれたハムとか沢山の美味しそうな食事が用意されていた。酒は郷端さんが下戸気味なのでリンゴから作ったお酒が用意されていた。

 そのままでは食すことが出来ない小さなリンゴから醸造された酒_270 だそうだ。多分、私の娘が住むフランスで経験したシードルと同系統ではないだろうか?食事に用意された食材についてアレコレ質問する度に、奥様は冷蔵庫から食材を持って来られ御説明を受けました。

_271  最近は農作物の農薬が問題だそうで、特に中国から持ち込まれる野菜とかは問題があるようです。ちゃんとしたスーパーなら問題は無いと言うておられましたね。何せハノイは中国と国境を接していますからね。

 年末の予定は御夫婦で汽車にて中部のフエに旅行されるそうです。来年の114日の休みの日は郷端さんと二人、別荘に招待を受けちゃいました。

_272 _273

_274 _280 _281

_282 _283

| | Comments (0) | TrackBack (0)

jo君のハノイ暮らし(6) 花を愛す

_258  ハノイの国際空港であるドイバイ空港で出迎えの風景です。出迎えの人々は手に花束を持って出迎えるのです。

このオジサンは幸せにも沢山の花束を頂いたようです。花束の作り方がここでは、パチンコ屋さんの開店祝いのようにこしらえるみたいです。

_255  ホレ、丸くて華やかに見えますよね?観察してると、家族なのか数名単位で誰かを出迎えているんです。出迎えの飛行機は成田発の飛行機ですから、日本に仕事か留学か何かの理由で出かけていた人を、団体で出迎えているんですね?

_257  多分、一族としては選ばれた人が帰国するんでしょうか?そういえば、大昔の日本もそうでしたね?私が始めて会社から出張で羽田からニューヨークに出かける時も帰る時も送迎・歓迎は大変なものでした。海外渡航が珍しかった時代です。

何処か、懐かしいものがこみ上げて来る風景でした。

 (荷物が届いた)

 フェデックスで大きな飛行機関連の荷物と食料品の荷物が届いた。その中である、缶詰が破裂していた!匂いが周りに充満しているのだ。速やかに取り出したが、食料品と一緒に詰めていた電気製品が衝突して破壊した可能性が大である。

ついでに、孫の手が入っていた。これが待ち遠しい期待していたものだ。意外とこれが海外では存在しないと思う。もう随分と長い間重宝した我が家の大事なものである。

 ベトナムには米の輸入は禁じられている、けど、家内は米にウルサイので、それらしきものが見受けられた。私はどんな米でも大丈夫だ。そこで、現地の人に米に値段の差があるのか?訊いてみた。

彼の見解は古米か新米かで値段に差がでる、それとジャポニカ種とインデイカ種でも値段が違う、透明な米もあるとか赤米もあるとか言うてました。

 とにかく、飛行機が揃ったのだ、これで日曜日の休みは楽しめる筈だ。

 (大学関係者と会食)

ハノイ工科大学関係で会食でした。大変苦労です、けど、入学生3600名のトップ120名が新設学科に入学した。これはベトナム最高の頭脳ではないだろうか?

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

赤とんぼの便り

 赤とんぼクリスマスイブの飛行会が千葉で開催されたそうだ。久しぶりに元気な顔に会えました。

「MVI_0019.AVI」をダウンロード

 千葉のラジコン親父の飛行機、コルセアの見事なローパスの一瞬です。美しいものですね、地上スレスレで目の前を高速で駆け抜ける見事な姿です。

L_4dc3eaf62ebbfe6bc0f72b8de0404dc361b83f 逆ガルの独特の翼形をした昔の戦闘機ですね。確かYSのでかいエンジンが搭載されている筈ですが・・・・?

ところが、妙な写真もありましたよ!

L_f0858914f869164f80f49ce701e3ebb576d65e あれ~~~?

トルクロールにしては際どいですよね?さて、謎としておきましょう。まさか墜落させる人ではないですからね?

L_c95ec6b80f07c519cb2e350f62253cf5fda6d8  わこちゃんの、スローポーク機ですね?翼が座布団のように広いのが特徴ですね。わこちゃんは、何時も特徴ある飛行機を飛ばしておられますね。

さて、うまく飛んだんでしょうかね?

L_ef2cbf6619cab9043e55e744ea2ddf845f4c52 岩ちゃんのカタナ機ですね、FS52エンジンが搭載されている筈ですね。何時もはヘリを飛ばしておられるが、今日は飛行機のようです。

やはり、年の締めくくりは飛行機なんでしょうか?

L_f2f3c7cf02cf9656f3f46f58aa724507c28566 アレ~~~!!

わこちゃんの、スローポークが荼毘に。

何があったんでしょうね?噂では複数の飛行機が荼毘にふされたようです。アーメン

(追伸)

 本日、無事フェデックスがラジコン飛行機を運んでくれました。電動機が2機とバレリーナ機のバルサキット及びフィルムその他飛行機製作用の諸々です。

これで、全ての機材が揃いましたので、ハノイでの活動が出来ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

jo君の故郷 グーグルアース

 私の生まれ育った故郷をご紹介します。今まで沢山の子供時代の話を記事にしてきました。記事を読んでも位置関係が判りませんよね?そこで、今日はグーグルアースを使い一目瞭然に上空から鳥瞰できる趣向としました。

注:ダウンロード出来ないとの話があり,目下調査中です,私の設定に問題が有る可能性があります,申し訳有りません。

結論 わこちゃんから報告ありました。

グーグルアースからダウンロードするファイルはKML形式という
特別なものです。これを見るためにはグーグルアースを
インストールする必要があります。無料です。

グーグルサイトに入ってグーグルアースをインストール
してもらってください。Win用とMAC用が有りますから。

インストールされれば見られます。

わこちゃん      以上です。

・生家 此処で生まれ小学5年生まで育つ  「seika_kodomojidai.kmz」をダウンロード

・殿山第二小学校に通う 「tonoyama-daini-syougaku.kmz」をダウンロード

・兎狩りを全校生徒でやる「usagikari.kmz」をダウンロード

・兄貴、新池で溺れる「aniki-oboreru.kmz」をダウンロード

・引っ越す 牧野へ 「makino-jitaku.kmz」をダウンロード

・中学に自転車で通う「daiichi-cyuugaku.kmz」をダウンロード

・中学二年から新設の第三中学に転校する「daisann-cyuugaku.kmz」をダウンロード

(文化財情報 ご参考)

牧野・招堤村周辺 文化財分布

・九頭神遺跡206次 発掘資料

・九頭神遺跡 ご紹介

(補足)私の実家は九頭神遺跡に近接しています、飛鳥時代にここには巨大なお寺が存在したのですね。子供の頃から近くの円墳の祠は”クズ神さま”と呼んでいました。隣の村の楠葉村も”クズハ”と発音します。このあたりの古代は九頭神が支配したのでしょうね。

これが、継体天皇の出自の九頭竜川との関係を、以前から記事にしていました。古代の伝承と神話の世界で育ったのですね。

 地図には私が遊んだ多くの場所と名所旧跡が記されています。地図をぐるぐる見てもらえば判りますが、古代には栄えた都であった事がお判りかと思います。

私が育った昭和20年代はこの写真とはかけ離れた、状況でお家は殆ど有りませんでしたね。一面に田圃が広がる田園地帯でした。グーグルさんに昭和20年代の航空写真で再現して欲しいものです。

 昔、小学校の冬の体力訓練で全校生徒で山を囲み兎狩りをして、翌日の昼食は兎汁と雉の料理でした。その山も今は削られ、みる影も有りません。残念ですが、これもしょうがないですね?

生家から殿山第二小学校まで、田圃の道を通いました、野つぼが沢山あり、雨が降れば里芋の葉っぱを被り、サッカーボール程度の大きさのキノコを蹴りながら自宅に走った思い出があります。

多くの古墳に囲まれ、継体天皇の即位さられた樟葉の宮、筒城宮、百済寺、石清水八幡宮、洞ヶ峠、渚宮、七夕の故郷である天の川と織物神社、そして物部氏の祖であるニギハヤヒが降臨した磐船神社、韓国から日本に始めて漢字を伝道した王仁博士、崇神天皇と激戦を戦わせた木津川、日本の歴史に登場する名所の宝庫です。

この生まれ育った環境が私に一生涯の古代史趣味に走らせたんでしょうね?

(参考過去記事)

・jo少年の子供時代

・心の故郷(北河内 目次編)

・jo君の歴史彷徨シリーズ(目次編)

(ご報告)

・お陰さまでJoBlogを2004年の4月に開始し早くも2年半が経過しました、何時も盛り立てて頂く数名のblog仲間様と関係者の皆様のお陰で続けてこられました。感謝します。

アクセスでは総数で29万アクセスに及びました、有難う御座いました。記事本体では17万6千です。それにしても、沢山のアクセスを頂き感謝です。ここに御礼申し上げます。

クリスマス祝メッセージ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

遺跡仲間からの便り

06121310iseki1_1  東京の遺跡発掘仲間の小林さんから発掘の便りが来た。現在は府中の遺跡の発掘だそうだ。時代は奈良時代から平安時代の遺跡らしい。

そういえば、確か府中は奈良時代に武蔵の国の国衙が置かれた都だった筈ですね?前回のご一緒した浜田山の遺跡は旧石器時代でしたから、随分と時代は新しくなりました。

06122110iseki2_1 写真が4枚ほど添付されており、浜田山の遺跡発掘を一緒にやった仲間に会う事ができました。もう随分と日本は寒いそうで、又、日が落ちるのが早いそうだ。しかも、川の氾濫の影響か?石だらけの遺跡だそうで、夕方に鋤簾で削ると火花が散るそうだ。

 それでも、奈良時代の瓦が沢山出土するそうで、楽しいというレポートでした。ハノイでも遺跡の発掘に参加出来ると思うが、今は時間が無いので我慢しています。

 (鳥が少ない話の続き・・)

 ハノイでは鳥を見かけない話をした。ベトナム人の同僚に訊いてみると、鳥は居ますと言う。けど、カラスを一羽も見たことないし、トンビも鷹も鷲も隼も見たことない。どうも、比較の問題だから、科学的な数値で議論しないといけないようだ。

その話を聞いていた、同僚の日本人の若者(奥さんはベトナム人)が面白い仮説を披露したので、記録する。

 ・ベトナムの田んぼに出かけると、一面が田圃である。日本のように鎮守の森とか里山が存在しない。

 ・全て、田圃にしてしまったようだ。従い、森が無い、鳥が寝る場所が無い。

 そこで、joはこれは大事な事かも知れないと思った。日本の川は短い、ハノイのデルタは遥かヒマラヤから中国を経由して流れる大河であり、肥沃である。日本の土地は痩せており里山の堆肥が無ければ耕作ができなかったのでは?

ベトナムの人にjoは訊いてみた、

 ・ベトナムの田圃にタガメが居ますか?と訊くと、居ないという。タガメは冬眠する時に森でするのだ。ハノイも冬は寒いそうだ、オーバーコートが必要だそうだ。確かタイでは沢山のタガメがいると聞いた事がある。

 (当面の仮説結論)

 ハノイの紅河デルタ(トンキンデルタ)は大河が悠久の歴史で多くの栄養分をデルタに蓄積した。又、毎年の氾濫により肥沃な大地となり、日本のように里山を設け堆肥を作り土地に栄養を与える必要がなかった。だから、デルタ地帯は森を全て開墾してしまった。

森が無ければ、鳥もタガメも住む所が無い、寝る場所も無い。だから、鳥はきっと山岳地帯に逃げてしまったのではないか?

これは、現在の仮説であり、本当はどうか判らない。先ず、山岳地帯とか森がある場所へ出かけて実証しなければいけない。

(余談)

誰かが、鳥は皆食べてしまったんと違うか?という人もいたが、それはどうかな?確かに、鳩もいない。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

jo君のハノイ暮らし(5) ハノイ師走

_232 _234 _235

      ハノイも12月22日を迎えました。日本では金曜日で最後の忘年会で終電は満員ではないだろうか?

会社の二階から見下ろした風景です。青果を売る店が並び、花売りのおばさんとか、何でもかんでも朝に天秤棒でぶら下げて会社の玄関前は露天になります。

 二階から籠をぶら下げて、お金を入れスイカを買うのです。(これは嘘です、一度やりたいだけ)。スイカは1キロ30円程度ですから,画面に写る黒部スイカというか、緑のラグビーボールは100円以内で買えるでしょうね。

_236

_241  (忘年会があった)

今日は、ベトナムの日本商工会の忘年会がハノイ北部の綺麗な湖(ホアン キエム湖)のSOFITEL PLAZAホテルで開催され200人以上の日本企業の方々が集まった。

ベトナム駐在の日本大使,公使閣下もご出席の盛大な忘年会となりました。大使閣下も今年ベトナムの政権が変わり、ズン首相の日本訪問のシナリオ作りからAPEC開催での安倍首相一行の受け入れ等々ご苦労でした。

 (インドシナ半島 横断ハイウエイ)

 日本でも報道されていますが、日本のODAで完成したメコン川を横断する巨大橋が完成し、これでタイからラオスを経由してベトナム中部の古都であるフエ迄貫通したそうだ。これで、タイから経済物資がインドシナ半島を横断してベトナムに到着し、既に存在するベトナムの1号線で中国の深セン迄が繋がるのだ。

_245

_246

この意味は絶大だそうだ。中国に拠点を築いている海外の企業は補完工場を安心してベトナムに建設できるという訳だ。中国,タイからKD部品(ノックダウン部品)とか補修部品をベトナムに運送可能だからだ。

 (子供の踊りがベトナムでは人気)

 ベトナムのテレビを観てると、やたらに子供たちの歌や踊りが放映されています。ベトナムは子供達をとても大事にする土地柄らしい。ベトナムではイジメは無いのでしょうかね?今度,現地の人々に訊いてみます。

_248(ハノイ駅)

これが、夜のハノイ駅です。ここから1800キロ離れた南のホーチミン(昔のサイゴン)まで通じています。けど、単線です。何日もかかるのでしょうね?道路では4日かかると聞きましたから、さて、一度はベトナムに駐在してる間に経験してみたいです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

jo君のハノイ暮らし(4) 38円フォー

 今日は会社の近くを歩き地場の人々が食べる屋台のような店でフォーを食べた。

_228 このような店が道路を挟んで沢山あります。ここは大学村ですので、貧乏学生さんが安く昼飯を食べにくるのでしょうか?

数名のお客さんと、おばさんが料理をしています。7年駐在のべてらん同僚に連れられて店に入りました。

_225  お肉の入ったフォーが出てきました。美味しそうですよ、味もいいです、酸っぱい味とハーブの香りがします。箸を取り、ナプキンで箸を拭いて、食べるのです。

あっさりした味であり、フォーも綺麗な透明の色をしています。この肉は本当の牛肉なのか?不安ですが、紙のように薄くスライスされている。

_227 _226 日本で言えば、立ち食い蕎麦という按配ではないでしょうか?かんきつ類の味が好きな人は絞ってフォーに入れて食べるんでしょうね。

このフォーの値段は、5500ドン、約38円でした。先日のPHO24で食べたフォーは300円でしたね。随分と値段が違うものですね。これなら、月1万円で暮らせそうです。

_229  懐かしい練炭が有りました。今でもハノイでは練炭を皆さん使用されています。子供の頃、この練炭に火を点けるのが子供の仕事でした。練炭に火を点けるには新聞紙の上に小枝を乗せその上に木炭を乗せる。

そして、木炭に火が点くとその上に練炭を乗せるのだ。ある程度練炭が燃えるとひっくり返し、その上に豆炭を乗せて冬のアンカに入れるのです。家族分のアンカを作り、そして練炭は炊事ように使用される。

其処までが、子供の夕方の仕事でしたね。これが、私の育った、昭和20年代の北河内の田舎の暮らしでした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

昨年の師走は寒波襲来だった

 還暦も過ぎると日々がすぐに過ぎ去り、昨日の事も一週間前の出来事も遥か過去の出来事のように覚えてくる。このあたりの心境をふうてん老人さんからメールで、”俺もそうやな”と思った。老師が言うようにむしろ遥か過去の出来事がつい先日の出来事のように思う。

 と言う訳で、昨年の師走はどないしてたんやろ?と思い、昨年のBlog記事を振り返ってみた。

 http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2005/12/1222_f945.html#comments 

(大寒波襲来)

 12月22日の記事では大寒波襲来とあります。昭和22年以来の大寒波襲来だったようだ。そんな寒波襲来の中、私は秋葉のラジコン店の徘徊をしていた様子だった。今年は亜熱帯のベトナムに来てしまった。一年で随分と人生も生活模様も変わるものだ。

 http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2005/12/post_dcbe.html#comments

(韓流ブーム ソウル便り)

 昨年は韓流ブームでしたね、私も”チャングム”に魅了されて昔懐かしい吉永小百合さんの面影がある主役さんを眺めていましたね。そんな折、昔の職場の仲間がソウルに駐在していますので、彼との美人談義が面白く懐かしいです。

 http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2005/12/post_a5bd_1.html#comments

(しもやけ、アカギレの思い出)

 昨年の師走は相当に寒かったんですね?子供の頃の冬の思い出話が記事にでています。今の子供達は理解できないかも知れないが、昔はしもやけ、アカギレは日常茶飯事でした。豊かな時代になったのですね?ベトナムの子供達は絶対知らんやろね。

 http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2005/12/2005_b154.html#comments

(クリスマス飛行会)

 クリスマスなのに朝6時に起床して千葉まで飛行機を飛ばしに出かけていたんですね。今年も赤とんぼではクリスマス・イブに千葉で飛行機を飛ばすらしい。さて、私は今年はハノイですが、どうなるんでしょうか?昨日、家内の話では私の飛行機を航空便で荷送りしたと言うてましたね。飛行機が間に合うかもしれない。

 2004年の師走はどうなのか?スマトラ沖地震災害の記事がありました、このようにBlogをやっていると、過去の記憶が蘇り老化している自分の記憶装置を補助してくれるフィルムのような感じがしますね。皆様も是非、始められてはいかがですか?

 (追伸)

 懐かしいBLOG表紙の写真を記録しました。http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2006/12/joblog_ac38.html#comments

「20041128e7a78be59088e5aebf.jpg」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

jo君のハノイ暮らし(3)

 私が日常、生活しているハノイの場所をグーグルアースの航空写真にてご説明します。

 ●私が住んでいる場所 jana garden apartment 

わた「jana gardenをダウンロード

  ●会社事務所

     office locationをダウンロード

  ●ハノイ工科大學

  「hanoi_university_of_techinology.kmz」をダウンロード

  ●ハノイ空港

     「airport.kmz」をダウンロード

 ●ラジコン飛行場

   「radio_cotrol_airplane_space.kmz」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

jo君のハノイ暮らし(2)

 今日の昼飯はフォーを食べに行きました。ここのフォーは美味しいと7年もハノイに駐在している同僚が言うのだから間違いは無い。

_222 _223 美味しそうな、鶏肉のフォーが出てきましたよ。スープは澄んだ色で野菜、ハーブが入っています。酢が利いていますね。

トッピングのハーブ類も付いています。これは、あっさりした格別上等のフォーでしたね。これで、300円程度です。高級なフォーだそうです。

_224 PHO24というお店ですが、同僚の話ではチェーン店だそうで、美味しい評判のお店だそうです。

ハノイにお越しの折は、お立ち寄り下さい。

  (物語ウ"エトナムの歴史)

 会社の同僚が中公新書から出版された上記本を持っていたので、借りて読んでいる。著者は小倉貞男先生です。ウ"? ベトナム語の発音は難しい、VIET NAMのVの発音表記は日本ではべと表記するが本当は違う、日本語の発音には無いですよね?

著者の本を少し読み始めたが、初めてベトナムの歴史に触れる人には難しい。何年かこの国に住み、人々と触れ、習慣を学び、空気を理解できるようになればこの本に書いてある事が少しは理解できるようになるかも知れない。

 (越南か南越か?)

 VIET NAMとは越南と漢字で書きます、これはベトナムの人が決めた国名では無いそうだ、元々は南越(NAM VIET)と国名を名乗りたいと清王朝に1802年に史上初めてベトナム全土を統一したグエン王朝の王のグエン・フック・アインは申告したが拒否されたそうだ。

仕方ないので、南越という国名にしたと言う。清王朝の拒否理由は、紀元前207年の秦王朝末期の混乱期に中国南部に清王朝に反逆する政権が生まれ国名を南越と呼び秦王朝滅亡後も漢王朝を悩ましたそうだ。この王朝がベトナムの起源であると言われていた。

中華王朝としては絶対認めららない国名だったんですね。現在でも中国と外交を行う時には過去の数千年の歴史を踏まえて話をしないとアカン。

 さて、現在のベトナムの国土が統一王朝として纏まったのは以外と歴史は浅いのですね?1802年だったのですね?ベトナム統一の歴史は北部のハノイ近辺の紅河デルタ地帯(トンキンデルタ)に紀元前より成立していた王朝が南下した歴史のようです。

基本的には北部、中部、南部(メコンデルタ)の三箇所の王朝が並立していたんでしょうか?この歴史は現在のベトナムを理解する為には大事な事かも判りません。

 ベトナムの歴史は二本の柱があると言う、一つは北部に国境を接する中華帝国、もう一つは西部、南部のインドシナ半島のラオス、カンボジア、タイという国々の民族との攻防ですね。著者はベトナム人は今でも、この二つの柱を軸に物事を考えると断言されていました。やはり、詳細な歴史をこれから数年かけて勉強したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

jo君のハノイ暮らし(1)

 日々の日常生活についてメモをとる事にした。これを、jo君のハノイ暮らしシリーズとします。北河内生まれの田舎育ちのjo君は同じベトナムの河内(ハノイ)で経験する日常生活について記録する。

_217 (昼飯です)

今日は会社のK君が持参したカレーに会社の台所で飯を炊いて、数名で一緒に食べた。そう、会社には台所が付いているのです、冷蔵庫も何でもあります。

実に美味しいカレーでした。奥様はベトナム人だそうですが、亭主が日本のカレーを教えたそうだ。本当に美味しいカレーでしたね。ご馳走様でした。

_219 (ヤモリ君再度出没した)

今日自宅に帰ると、部屋の廊下の壁にヤモリ君が又もや、出没しているではないですか?ホンマ勘弁して欲しいけど、私は別になんともないけど、内儀はんが今度来ると又、驚くやろな~~~?

ヤモリ君は悪さをするではなく、むしろ蚊とか虫を食べてくれるので、屋守ではないだろうか?

 (家の外がうるさい)

窓の外から演歌のような歌がスピーカを通じて流れている。夜の9時近いのに盆踊りでもやってるんだろうか?実はベトナムはウルサイのが玉にキズである。会社に行くと会社の周りは大きな青果市場というか、青空市場であり、且つ大きな交差点です。警笛をバイクが鳴らすわ、市場から演歌が聞こえてくるは、時折、特売の鐘は鳴るは・・・・・トホホです

_154 (いずれ交通事故に遭遇するな?)

毎日の心配事は、交通事故ですね。めちゃめちゃなんですね、道路が!本当に事故の寸前をすり抜けて生きてる感じですね。

私は車ですからいいですが、いずれバイクの人々と衝突する可能性は大ですね。ベトナム政府さん早急にインフラを整備しないとこれでは・・・・・・?トホホ

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ハノイラジコン三昧記録 (1)

_215  遂に、ハノイでの週末ラジコンがラジ研所長のお陰で実現した。ハノイでの日本からの進出企業さんでは、製造業が多い。基本的には休みは日曜日しか存在しない。私も、土曜日は出勤です。だから、日曜日だけが好きなラジコンが出来るのです。

参考写真集 マイフォト ハノイラジコン三昧記録(1)

日曜日の朝に所長から電話が有り、昼飯を一緒に食べてそれから飛行場に行こうというお誘いでした。所長のアパートまではタクシーで行くが、細かい金が無い。そこで、私の住んでるアパートの受付の女性に20ドルを現地通貨であるドンに両替をお願いした。

 彼のアパートまでは、約4キロ程度でしょうか?5万ドンで行けます。1万ドンが約70円ですから350円となりますね。ちなみに、空港からハノイ市内までのタクシー料金は10ドル程度だそうです。タクシーはドルでも通用しますが、つり銭はドンになります。

日本食屋では高額のドル紙幣で払うと、ドルでおつりが貰えますので便利ですね。ベトナム料理屋ではドルでお釣が貰えません。念の為。

 (飛行場は工場の敷地内だった)

_173  昼飯は所長のアパートの1階にある”山田屋”で味噌ラーメンと焼き飯、餃子三個がセットになった昼飯である。そして、所長の飛行機三機をバンのタクシーに積み込み、各種機材も積載して飛行場に向かった、約40分の旅である。

ドライバーはベトナム語しか喋れないので、所長は片言のベトナム語で指示をする。私にはサッパリ判らない。早く、現地語を学ばないといけませんね?痛感する。約4時間程度このタクシーを借り切るのだが、料金は20ドル程度だそうだ。

 (飛行記録)

_180  所長と工場に到着すると工場の警備の人々が続々と見学にやってくるのだ。所長はここで、二年間飛行機を飛ばしているので,有名なのだ。噂の700メータの滑走路も見事である、しかし工場に墜落しないのだろうか?

所長は赤とんぼメンバーと同じで、よく墜落させるそうだ。その度に警備の人を連れて屋根に登るそうだ。おおらかである。現在ベトナムで飛行機を飛ばしている日本人はホーチミンの某氏とハノイの所長だけだそうだ。

 モータグライダーは完璧な飛行でしたね。自作の飛行機ですが、Vテールの美しい飛行機がハノイの大空を飛翔していました。ここで、所長が日本の空とハノイの空に違いがあるでしょう?と,質問である。

Continue reading "ハノイラジコン三昧記録 (1)"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

懐かしのJoBlog表紙写真集

 2004年4月よりJoBlogは始まりました。懐かしい過去の表紙を飾った写真集です。

Continue reading "懐かしのJoBlog表紙写真集"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土曜も出勤です

 ベトナム現地の日本法人の会社で製造業の多くは土曜日も勿論出勤である。昔の日本も土曜日は半ドンの出勤でしたね。何時ごろから週休二日になったでしょうか?そんな昔ではないですね?

昼飯はベトナム料理を食べに会社の仲間と出かけた。シジミのスープが美味しいでした、とても酸っぱい味ですが、ハーブが入っていますね。空芯菜の炒め物も美味しいです。御飯は小さな蛸壺か骨壺みたいなもんで炊いたもので、コゲがあり美味しい。

_128 _129 最近は随分と寒くなりました。女性のバイク姿は顔が完全武装状態ですね。

信号のある交差点は珍しいですが、一斉スタートを待っている状態ですよ。とにかく、バイクが我が物顔ですね。

_140 _141 露天での商売は当たり前ですね、荷物はバイクか自転車で運んでくるんでしょうね?

天秤棒で荷物を運ぶ姿はこちらでは、当たり前の風景です。

_145 自宅のアパートは既にクリスマスツリーがロビーでは飾られています。

さて、明日は日本の赤とんぼの連中は千葉飛行会の予定ですね?噂では、雨で悲観的な模様ですね。私は、明日日曜日はラジコン所長とお会い出来るかな~~~?

(閑話休題)

 先ほど、ラジ研所長から電話があり明日ラジコンをやろうという、吉報です。所長は今日の土曜日は休みだったそうで、エクストラの最後の製作詰めをされていたそうで、今、フィルムを被覆されていると言う。

明日の昼前に研究所を訪問し一階の山田屋でラーメンを食べて、飛行場?(工場)に出かける段取りですね。アタシャ未だ、一機も到着してないので見学ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

忘年会を考える

 今日の朝、衛星番組で”忘年会”の本を出版された園田英弘先生がお話をしておられました。先生によれば、世界で唯一の文化である忘年会の歴史についてのお話です。先生のお話では、ルーツは室町時代にあるそうで、庶民のものではなかったそうだ。

人により、ルーツは鎌倉時代の連歌会の”年忘れ”にあるという説もあります。ともかく、庶民まで広がったのは明治以降だそうです。特に、企業、官僚、大学生の間で広まった。文学作品では夏目漱石の”我輩は猫である”に忘年会の言葉が登場するらしい。

 昔から不思議だったのは、何で年を忘れるのか。忘れる必要があるのか?という、疑問でしたね。江戸時代から借金は年末に清算するという話は聞いていたし,年末に借金の取り立てでお店の人々は大変だという。

別に,何時でもえ~~やないか?と,思うが違うのだ。年が変わると,過去は水に流れてしまうという古来からの日本人の考え方がどうもルーツではないだろうか?借金の取り立てが流れては元も子もない、だから取り立てに師走となる。

 忘年会の私の理解は、ほっとくと全部流れてしまうので、関係者が集まり、お前と俺の間には色んな事がこの一年あったよね?事実の確認をして貸し借りの清算をする儀式の場ではないだろうか?と,勝手に考えている。

組織の場合はこの個人的な貸し借りの総和であり、一番えらい人が演説し、一年間の組織を構成する人々の清算の総括をするのではないでしょうか?同時に、異なる組織との貸し借りの清算総括をする。

 (何で水に流れてしまうのか?)

 疑問ですよね?考え方として人間中心の考えでは理解出来ない、しかし、人間は自然界で生かしてもらっている!という考えに立てば少しは理解出来ませんか?日本の自然界は一年で繰り返します、四季があります。一年で生まれ変わると考えれば?

日本人の縄文の時代から育まれた古神道の考えがベースにあり,その上に仏教思想が乗っかったと考えましょう。

弥生時代のお墓からは、船の形をした棺おけが多数出土します。遺体を船に載せ川に流した歴史があるんですね。遥か水平線上にあの世,冥界が存在すると考えたのではないでしょうか?精霊流しは仏教ですが、古来の世界観の上に乗っかる行事ではないだろうか?

 我々が生かされているこの世は、一年で終わり、又、新しい自然界が始まるのだ。昔から,新年には若水を汲むという行事があります。新しい水の力を得て人間の一年が始まるのだ。

 (今後の課題)

 さて、このベトナムという国の人々は”忘年会”という日本独特の行事をどのように感じているのだろうか?ベトナムにも同じような行事があるのだろうか?これは,今後の課題であり旧正月のテトが来ないと判らない。

今年は2月17日だそうで、昔の日本の年末と正月を思い起こさせる行事だそうだ。今も昔の日本が残っていると言う。楽しみですね。

さて、園田英弘先生の本にはどのように,書かれているか、早く読んでみたいです。

(商工会総会)

 今日の夜はnikkoホテルでベトナム商工会の総会があった。

_121 _123 今日は青ザイのお姉さま達はサンタの帽子を被っておられましたね。クリスマスが近いのだ。

 ベトナム人画家の絵です、素晴らしいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ベトナム金融事情

 ハノイの銀行に口座を開設した。手持ちの千ドルを預金しようとしたが、断れた。ドンであれば問題無いがドルの場合は難しい。入国時に持ち込みドルの承認を貰っていなかったので、駄目なのだ。

今日は日本の会社に取引上必要なので、送金処理(ドル)が可能なのか?銀行のAssistant General Manager に相談に出かけた。金額が少し高額なので、心配であった。しかし、問題はなかった。

 WTO加盟により、随分と海外との資金のやり取りも簡単になったようだ。今まで、政府が各取引の中身をチェックしていたのが、銀行に任せるようになりました。昔は、ベトナムからドルを日本に送金するのは至難のわざであったそうだ。

本当か嘘か判りませんが、日本で換金性の高いベトナムコーヒーを買い、ドルの代わりに送ったという話を聞いた。私の預金の問題はマネーロンダリングを心配しているようだ。

 どうやら、怪しい連中が関税を逃れ密輸している犯罪者が沢山いるそうですね?ベトナム政府はブラックマーケット撲滅を目指しているそうだ。

勿論、私がこちらで働いて正当に支払われたドルは預金可能であります。所得税をちゃんと払う証明が出来るからですね?だけど、稼ぎすぎてドルが沢山溜まればどうすれば良いのだろうか?ま、その心配は有りませんのでこちらで、使います。

(閑話休題)

ベトナム金融事情とは関係ないですが、夜の食事関係です。

_115 _116 このポークハムを購入したが、妙な葉っぱに包まれている。これは、有名なハワイで豚をバナナか椰子の葉っぱで包んで土の中で蒸し焼きにしたと違うやろか?

大丈夫だろうか?不安が襲うのだ。

とにかく、キャベツとか人参とかハーブ類と一緒に炒める事にした。ハーブも初めての素材である。_117 _118

そして、米もこしひかりを購入した。”日本で採れた第一世代の種籾だけを使って、肥沃な大地ベトナムで丹精込めて作りました”とあります。

なんか怪しいな~~~?

_119 _120 米は少し硬い感じがします、香りは違いますね。けど、食べれるものだから、大丈夫。豚ハムは中に香辛料が含まれていますね、唐辛子系統でしょうか?

食感はゴムみたいやな~~~?ジャガイモ、キャベツ、人参はなじみで大丈夫だ。ハーブは少し、違和感がありますね、匂いがきつい。

ともかく、現地の食材をどんどん試してみないとここでは生きて行けない。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ベトナム経済成長の課題

 ベトナムで事業を展開してる経営者と食事をしていると、幾つかの経済成長に対する懸念が聞かれる。それは、人生観というか幸せに対する考え方である。こちらの日本から進出してきた製造業の現場では休みは基本的に日曜だけだ。月に一度土曜日の休みはあるが・・・。

何故、土曜日まで出勤して働かないといけないのか?という疑問である。日本の高度経済成長の時代はアメリカの生活に憧れた。電気冷蔵庫、大きな車、大きなテレビ、美人の奥さん?(笑) ベトナムでは家族と一緒にいる時間を大事する。その家族も大家族である。

 先週の土曜日に私の専属ドライバーは休みたいと言う、家族が田舎から出てくるから一緒にいたいと言う。32歳の独身ドライバーである。

考えてみると、ベトナムでは食費がいくらでも切り詰める事が出来るそうだ。食料はメコンデルタでは年に三回も米が収穫できるし、ハノイでは紅河デルタでいくらでも米は出来る。そして、野菜も豊富、果物も豊富だ、しかも南北2000キロに及ぶ海岸線では魚が獲れるのだ。

 今の生活で十分だ!何で休みを減らしてでも働かないとアカンのや?もっとより良い生活をしたいと思いませんか?より良い生活とは何ですか?

ここで、言葉が詰まる。

 しかし、日本の場合は高度経済成長期に皆が働き、会社も個人も沢山の税金を国に払いそれで、社会インフラの構築が出来たのだ。この国では誰が税金を払っているのか?である?ハノイでもほとんどの国道は日本からのODAである。地下鉄も無い、鉄道も無い、停電はする、インターネットはADSLが限度である・・・・。

しかし、それで幸せになったのか?

難しい自問自答が続くが、ベトナムウエイという独自な社会主義国の建設にこれから私はお付き合いするんです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハノイ交通事情

 ともかくバイクが鰯(イワシ)の群れのように泳いでいる。その中を自動車が包まれるように移動するのだ。ハノイ市内では朝夕は大変混雑、渋滞しますが、昼間でも沢山のバイクが泳いでいる。

もう限界ではないだろうか?如何に日本の首都圏の地下鉄とか鉄道が公共運輸機関として大事か?このハノイに来て思いました。WTO加盟で新投資法と新企業法が制定され益々急速な海外投資が始まるのに、これで大丈夫なんだろうか?

 信号は巨大な交差点以外では、有りません、混雑が始まるとおまわりさんが出てきて交通整理するんですね。バイク運転技術、車の運転技術では世界トップではないだろうか?日本だと直ぐに喧嘩になりそうだけど、こちらでは”暗黙智”があるのか?トラブルはなくイワシの群れは泳いで行く。

会社は大學の近くで、青空市場に近接しており、玄関前には誰かが店を広げるのだ。車で出かける時とか帰社するとス~~と立ち退いて行く。そして、又、何事も無かったかのように誰かが店を広げるのだ。会社の運転手さんも、社員の人も文句は言わない。

 この国はベトナム戦争で勝利を収めた、誰か指導者がいて戦ったのではなく、なんとなく全員で戦ったと聞きました。そこらあたりは、日本人と似ていませんか?特別に優れた指導者がいて物事を進める方法とは異なりますね?

無秩序に見えるようで、実は秩序がある国というのが、このベトナムなのかも知れません。そんな印象があります。

 しかし、何でそんなにバイクで移動するんだろうか?動きすぎのような気がするんですが、昼飯も自宅で食べる人々が多いとも聞きました。ともかく、公共運輸システムは抜本的な手をうたないと・・・・・・と、思います。

 写真集 躍動するハノイは今(1)

 (母音の話・・・・)

 母音が多い事であれこれ、考えていますが、国の成り立ちの歴史も大事かもしれませんね?単一民族か複数民族の集合体かどうか?そういえば、朝鮮半島も幾多の遊牧民が南下して沢山の国を作った歴史がありましたね。

話し言葉と言うのは、直ぐにローカル性が強くなり、交流が無いと津軽弁と薩摩弁のように全く通じなくなりますね?

(富士通ベトナム)

_110 _111  今日は午前中、富士通ベトナムを訪問した。シンガポール系のホテルとオフィスビルが一緒になったビルです。

グランドフロアーには綺麗なクリスマスの飾りが飾られていた。外資系だからこのようなクリスマス飾りがあるんでしょうね?ここは、仏教国、何と言おうと旧正月テトが本場である。

ま、日本は何でもありの国ですから、当たり前の世界ですよね?

 (晩飯は質素に)

_112 今日は早く帰り、日頃は贅沢しているので、久しぶりに韓国ラーメンに御飯を入れ、野菜を沢山入れウインナーも入れ、雑炊激辛ラーメンを製作した。

これが、結構いけるのだ。ビールも美味いのだ。

 (ケンタ&アトム パパ)

_113 これが噂の赤い水の水道水から作られたお湯ダス。判るかな?この水道水は絶対に飲んではいけない。炊事に使う水も飲料水を使用する。

炊飯器で炊く水も飲料水を使用します。匂いが駄目だと娘は言うてましたね。何せヒマラヤから中国を経由して流れ着いた水やからね。

ついでに、我が家の写真です。

_059 _114 _072 _073 _058 _061 あとの一部屋はラジコンの製作ルームで極秘です。何せ高価なラジコン機材が満載でベッドの周りは足の踏み場が無いのだ。

ケンタ&アトム パパ状況は以上ですが・・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

今日も昼間は停電?

 昨夜帰宅すると、受け付け嬢が管理人の私宛の手紙を持参した。開くと前回の停電時に我が部屋が階下の非常電源発動機の騒音で迷惑をかけた謝りだった。

が、朝起きて再度、手紙を確認すると今日も朝の7時から夜の7時まで停電し、その為に我が家は騒音と振動の攻撃に遭遇するという、予告だった。幸い。本日は休日でないので、昼間は家にいない。

 年に一度か二度なら許すが、ホンマ困った事だ。

閑話休題 ハノイが急に寒くなりました。17度だと言うが体感温度はもっと寒い。皆さんはバイクだから、完全防寒体制である。冬は5度位に下がるらしい?

(ベトナム語研究)

 ベトナム語講座です。と言ってもこれからですが、先ず母音が12個もあるんですよ!これは、メチャ発音が難しいのではないだろうか?

a 「あぁ」 口を大きくあけ、のどを開放して明るく
ă 「あ」 口を真四角に大きく開ける・短くそして少し上げ気味に
â 「あ」 喉の奥から濁った声で・口をすぼめて
e 「えぇ」 明るく「え」と  (舌を丸めない) 南部では「えぁ」と発音
ê 「え」 を喉の奥から 少し強く・口をすぼめて 南部では「い」に近い音
i 「い」
y 「い」 i とほとんど同じ
o 「おぉ」 口を丸くして明るく 「あ」と「お」の中間音
ô 「お」 口をたてに開いてハッキリした「お」
ơ 「お」 口を丸くして 喉の奥から濁った音で
u 「う」 口をたてに開いて
ư

「う」 口を横に開いて 喉の奥から

注:参考文献はASIA言語研究舗さんから索引しました

Continue reading "今日も昼間は停電?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本の電子協の皆様来訪

 今日は突然にJETRO関係の富士通OBから電話で日本の電子協の連中とハノイ政府関係者との会合に招待された。昔の私の部下だった成田君が参加していた。懐かしい、もう何年前の話だろうか?UNIXがまだポピュラーになる前の頃にバークレーUNIXとか、GNUを研究していた頃だ。

彼とは、4バイトの標準化でATTと提携し、川崎工場で彼らの技術者を招き世界標準の4バイト仕様を開発したものだ。懐かしいメンバーとハノイで出会うとは?

_108  彼は東京都が創設した、産業技術大学院大学の教授もしているそうだ。会合では色んな人々と出会いがあった。

ハノイの郵政公社の人とかベトナム政府の人々とも出会えましたね。日本のハイテク企業の投資を歓迎している。細かい事が知りたい人は私に相談されたし。(笑)

ラジコンだけでは無くて、実は本業もあるのだ。(笑)

_101 _102 _103 _104 ベトナム政府関係が用意してくれた晩餐会の食事である。

どれもおいしそうであるが、私は色々な人々と名刺を交換しなければいけない。食べてる暇は無いのだ。と、言いつつ実はしっかりと食べた。

_105 _106 今ベトナムはハノイでは急激に海外の投資が始まりました。私が1982年にシリコンバレーに赴任した時のような興奮が渦巻いているのだ。

この時代にここに存在出来る事が幸せである。私に出来る最大限の事をこの国の人々の為、そして日本の為、会社の為、自分の為に精一杯頑張りたい。

_109 彼が宿泊している、NIKKOホテル迄送り、日本料理の弁慶で日本酒を飲み最後にホテルのお姉さまの見送りを受けた。

読者にはむさくるしい野郎ばかりの写真では満足しない人々がいるので、一応サービスのつもりで写真を掲載です。

ハノイに来たくなりましたか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハノイラジコン所長 訪問記

 遂に、家族が帰国したので、ラジコン所長の研究所を訪問し、会食も出来ました。住所を片手にドライバーに渡し、所長宅を目指した。

_076  所長は忙しく、バルサからエクストラの機体本体の製作中で忙殺されていた。この前に、墜落大破されたそうで、粉々になった機体を再度製作されている。

ベッドルーム以外は全てラジコン飛行機の製作工房と化しており、夢のラジコンマニアの楽園であった。

_077 _078 早速、試作途中のジェットエンジンのテスト運転を披露して下さいました。

私も海外障害保険に加入しているので、万が一の場合も大丈夫である。今回は消火器はそばに置かずにブタンガスに点火である。

_080 _081 一応ガスによる点火は成功していますね。次の工程はケロシンも混合する工程であり爆発させる。

そして写真のコンプレッサーの羽根を回転させ回転数を10 万回転まで上げるのだそうだ。

問題はその時のベアリングが高速回転に持つかどうか?という事らしい。

_082 _084

 所長の説明ではブタンガスを最初噴出させ点火し、エンジン後部の羽根を回転させる、と同時にコンプレッサーの羽根が回転する。

最初はモータで回転運動を与え、そしてブタンガスに点火するそうだ。回転が始まると、最後にケロシン(灯油)を噴出させ爆発をさせる。そうすると後ろの羽根の回転数があがり、同時に前面のコンプレッサー羽根が益々空気を圧縮して気化レベルを上げ爆発レベルを上昇させ、回転を10万回転まで持ち上げるマッチポンプの原理だそうだ。

 _085 サイトー82の4サイクルエンジンをエクストラには搭載してるそうだ。パイパーカブ機とかセダクションがありました。

_088 _089 _090 _091 工具の素晴らしさはピカ一でしょうね?

Continue reading "ハノイラジコン所長 訪問記"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

一人暮らしの週末

 一人暮らしは気楽なものだ。日本とは時差が二時間遅れているが、朝の5時頃には目が覚めてしまう。(歳のせい?)

ハムを入れた野菜炒めを製作し、昼頃には蕎麦を茹でてザル蕎麦を食した。蕎麦を食べると、眠くなり昼寝である。某企業さんの資料を読んでいるが、専門すぎて判らない。組み立て製造業の生産管理を中心とする現地企業の中核の部分である。これから、勉強して日本の企業が如何に現地で奮闘努力をしているか、身体で会得したい。

 ハノイのラジコン所長さんからメールだ。朝から飛行機エクストラの製作をされてる様子、バルサ材から設計図があれば何でも製作してしまうんでしょうね?バルサを削って本体を今日中に製作するそうだ。

所で、私のパソコンは日本時間の儘である、変更しないと皆様にご迷惑ですね。

_063 そうそう、今日は洗濯したのだ。家内と娘に教えて貰った通りに操作をして無事に洗濯は完了した。

洗濯したものは、ベランダでちゃんと干した。

あれ?ラジコン所長からの電話である、暇なら来ませんか?有難いお誘いである、それでは今から研究所の訪問としませう。

一応私は海外障害保険に加入しているので、万が一、所長の試作ジェットエンジンが暴発しても保険金はおりる筈である。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

住まいあれこれ

 週末、アパートの住民の親睦会というか、クリスマスパーテイがありました。

_041 _046 ここに住んでいる人々の交流の宴会ですね。家内と娘は今日の夜に日本への帰国です。帰国直前のハノイの思い出の宴会でした。

青ザイを着た女性が沢山サービスしてくれました。楽団も呼ばれていました、昔懐かしい音楽が楽しめました。

_045 _048 これで、しばらく家族ともお別れです。明日からは一人で頑張る必要があります。

さて、部屋にイモリが迷い込み大騒ぎでしたが、先ほど会合から帰宅した時にイモリさんは外に出たいのか、玄関で私をお迎え。

可愛そうだから、玄関のドアを開けて外に逃がしてあげました。

_034 _035 アパートの北側の風景です。 間口が狭くて細長い建物が多いのがベトナムの特徴です。まるで、京都のようですが、理由は何なのか?

これらの建物はレンガを積み上げただけの高層ビルです。最近は少し鉄筋が入っているのも見かける。地震が無い国ですから、大丈夫なんだろうか?

_036 _037 背の高い避雷針なのか?無線塔なのか?何か判らないけど、このような塔がハノイには沢山建っているのだ。今度、地元の人に訊いてみます。

ともかく、バイクの鳴らす警笛がうるさいのがハノイです。もうすぐ、慣れるだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハノイの週末

_031 _032  昨日は朝から夕方まで停電だったそうだ。私の部屋は二階ですが、下の部屋が非常電源ルームで自家発電機が稼動し、ウルサイウルサイ・・・・やっと、夜の7時頃に停電が回復した。

ベランダから眺める風景ですが、この季節はプールはやっていませんね。ベランダからは大きな池が望め鳥がチチチチと鳴いています。

随分と涼しくなり始めたようですが、昨日はとても暑い日でした。客人の山本先輩と日本食の昼飯を食べましたが、汗がタラタラでしたね。

_028 会社の応接間での先輩です。ホーチミンで今、会社の設立活動をされていますが、大変そうです。

今、ベトナムはWTO加盟をうけて急速な海外資本が流入始めました。大きく変わる激動期ではないだろうか?

_030 ベランダ下のアパートのテニスコートでは、住民の子供達のテニススクールが開催されています。

さて、今日で家内と娘は帰国しますね。夜は私は仕事で会合である。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ハノイからコンニチハ!

 12月4日に無事、ハノイに赴任しました。当日早朝に歯痛の激痛に襲われ、飛行機に乗る前に歯医者に駆け込み、応急手当をした状態でハノイに到着しました。

 成田空港ではこれからハノイで世話になるラジコン兄さんにお会い出来ました。私は、大きなトランクに中身は全てラジコン機材を満載し、無事ベトナムに持ち込みが出来ました。私が通関で拒否に合えば、同機でラジコンのジェットエンジン機材を持ち込もうとしているラジコン兄さんを巻き添えにする積もりでした。(笑)

今回の赴任は家内と肺炎初期で病気の娘の三人でした。ハノイ到着は日本時間の深夜に相当し、NIKKO HOTELの迎えのバンでハノイ市内までの一時間のドライブでした。

 娘のハノイ記事 参照

Img_0433 空港近くの工業団地での某企業の開所式とホテルでの披露宴の模様です。

Img_0437

_023 _025 山本先輩がホーチミンの帰りに立ち寄りました。

四川火鍋でした。

番外写真です

_013 _014 この花吹雪がすばらしい!感動ですね。

え?そう思いませんか?

| | Comments (8) | TrackBack (0)

日本とも暫くのお別れ

 明日の夕刻にはハノイ行きの便に乗る。姉二人と家内の実家にも電話して、しばしのお別れを告げた。昨夜は、娘二人と孫も入れて晩餐会となった。

若い頃の米国赴任の時は数年は日本に帰国できない事が前提でしたので、かなりの決意で出かけたが、今回は我が家も其の儘にして、出掛けるし、距離も近いのであまり悲壮感は無い。ちょいと、近所に出掛ける気持ちです。

 気持ちは若いですが、物理的には還暦を迎えた身ですから、身体的には過信せずに自然体で頑張る積もりです。この年齢からは智の勝負ですから、若い頃のような直感的な猪突猛進は我慢すべきでしょうね。

 この数日間はフランス在住の娘が帰国後、病気なので、毎日、食事を作り食べさせていました。里芋とか、薩摩芋が好きでまるで、芋タコなんきんの娘です。大根とか、牛蒡とか人参とか山芋を買って、煮物にして食べさせています。

何せあまり肉は食べない人なので、動物性たんぱく質不足が心配ですね。しかし、納豆が好きなので、植物性たんぱく質で補っています。

 さて、明日の荷作りは完了しました、今日の夜がしばしの別れの我が家の夜となりましたね。汚く汚した儘ででかけてしまいそうです。(笑)近所に次女が住んでいるし、家内も直ぐに日本に帰るので、安心して出掛ける事が出来ます。

ハノイまでの飛行機の経路は日本列島に沿って南下し、遥か石垣島の上空を通過し海南島を左に見て到着です。何か日本列島の最後の場所がハノイである雰囲気を前回の旅行で感じましたね。

 それでは、日頃お世話になっている皆様と何時も遊んでくれる友人の皆様としばしのお別れですが、これからも宜しくお願い申し上げます。ハノイから状況を連絡しますので、宜しくお願いします。

 皆様も良いお年をお迎え下さい。

  ハノイに赴任する jo より

テッチャン 別れの記事有難う

(追伸)

 早朝から歯痛が発生し、近所の歯医者に駆け込み、膿を沢山出しました。これは、緊急に現地で歯医者に行けという指示です。飛行機では、気圧が変化するので、激痛が走ると脅かされました。

社長の話では、治療はハノイで外人専用の医者にかかり、入れ歯は現地のベトナム人の歯医者がいいそうです。日本で私は170万円もかかりましたが、現地では、300ドル程度で出来るそうですよ。

 シルバーの皆様、いればが必要な時はハノイに来て、歯を作られては如何でせうか?ホンマ、どないなるんでしょうね?

 先ほど、ふうてん老人から別れの電話が有りましたが、以上、報告しておきました。それでは、これから、横浜経由、成田へ向かいます。皆様、ごきげんよう!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

正木さん、わこちゃん有難う

 正木さん(ケンタ&アトム パパ)今日、私の60歳バースデー記念音楽会のDVDが到着しました。有難うございました。

 2006年9月 上野正木邸での音楽会

_069 還暦記念です、このアルバムを持ってハノイに赴任します。楽しい思い出を有難うございました。

来年の桜が咲く頃には、帰国し上野で花見をやりましょう。そして、楽しい音楽会を期待しています。

 (わこちゃんCD有難う)

_071  70年代のCDアルバム70曲以上入っていますね?全て懐かしい曲ばかりです、ハノイの自宅で聴きます。ラジコン飛行機を製作しながら聴きますよ。赤とんぼの記録映画で使用されてる曲も多いので、時折、赤とんぼの記録映画を取り出して、観ますよ。

そうそう、昔、私達家族が米国に赴任した時はわこちゃんに私のマンションに入ってもらいましたね?その後は山小屋管理人さんに入って貰いました。今度は、息子が沖縄から来春に卒業して帰りますので、ご心配無用です。

皆様の暖かいお心の応援を受けて赴任できます。有難う御座いました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006年師走

 今年の師走はまさに、師走です。引越し荷物を梱包したり、業者とあれこりやりとり、結局はラジコン関連の荷物は全滅で3個とも輸送不可という事で落胆。ホンマ困りましたね。

 神奈川県警に犯罪履歴証明書を受け取りに行く。開封厳禁と言われた、中身が見れないのだ。今回初めてこのような公文書が存在する事を知った。最近は米国とかカナダとかの先進国で留学する時も要求されるそうですね?

日本政府は何でもかんでも、相手国がわが国民に要求する犯罪履歴証明書要求に対してこの証明書を出す訳ではないそうだ。確かに、個人の最大のプライバシーですから、使われ方が問題ですよね?しかし、9.11以降は各国は犯罪に関しては敏感になっているんでしょうね。

 (アメリカとベトナム)

 米国下院議会でベトナム国を恒久的最恵国待遇国とする議案が否決されたそうだ。しかし、12中には再度この法案を通過させる予定だとか。既に、ベトナムはWTO加盟を果たしており、米国にとり経済界からの突き上げは激しいのでしょうね。

 日本はベトナムから戦略的恒久的最恵国待遇を受けている、ロシアに次いで二番目の国のポジションにいます。これから、ベトナムへの投資は激しくなりますから、米国も何としてもAPECハノイでブッシュが訪問するまでに、法案を通過させたかったのでしょうが・・・。

ベトナム戦争終結30年だが、未だ糸を引いているのだろうか?日本でも多くのアジア諸国に迷惑をかけた戦争から60年が経過したが、被害を受けた国々の傷は癒えていないと思う。戦争とはそれ程、簡単には当事者同士の傷は癒えないのでしょうね。

 ベトナム経済と言えば、先日友人のベトナム人のVuさんから関連記事を読めと参考ニュース記事を送って貰った。 フォーチュン記事

 (娘がピンチ)

 フランスから帰国した娘がひどい風邪の症状なので、赤坂の病院に行くと肺炎だそうだ。これでは、関西行きも不可、ベトナムも無理かも知れない。激務で身体を壊したようだ。今は我が家の実家で静養している。本人は病気で寝てるのは退屈だと言う。(笑)

さて、あと二日で日本を離れ異国の空のもとで仕事である。ホンマ人生とはおもろいもんですね?

  (トランクの中)

_066 _067 FedExから返却された段ボール3個分の荷物を、左の写真の如く2個をトランクに収納し、1個は少し、ダンボールを小さく修正して成田に持ち込む事にした。

2個の段ボールを連結した荷物は電動機が2機収納されている。そして、バレリーナのキットとフィルム関係4本が収納されている。

JALに確認すると、私のトランクはラジコン関連の電子部品が沢山収納されており、爆弾と誤認される危険があるが、如何に証明すれば良いか、色々と相談した。そして、ベトナム政府が禁止している持込品についてもFedExから色々と教えて頂いた。

 さて、最終的にどうするかは未だ決めていない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »