« 八重山諸島の旅 水牛さん編(4) | Main | 八重山諸島の旅 竹富島(6) »

八重山諸島の旅 川平(カビラ)湾 (5)

石垣島には日本百景の一つだそうですが、美しい湾が有ります。米原のヤエヤマヤシ群落の近くです。位置関係は写真を見ていただきたい。

川平(カビラ)湾の位置とヤエヤマヤシ群落

_1677 _1675 川平をカビラと読めるのは、私はテレビで人気のサッカー好きの兄弟タレントの影響です。彼らは石垣島と関係があるんでしょうかね?(笑)

高台から眺める湾は松島の風景に似てるように思いますが、海の色が多彩なのが異なりますね。さんご礁の宝庫であり、遊泳は禁止です。グラスボート(船底がガラスで作られた遊覧船で海底の様子を眺める事が出来る)でさんご礁を観察出来ました。

_1659 _1662 船底がさんご礁に触れると思える程の距離関係で船底を眺める事が可能です。沢山のカラフルな熱帯魚が大きな魚もさんご礁にはいるんです。

デズニーのアニメ映画で有名になった”クマノミ”も多数観る事ができました。すこし、川平湾のさんご礁を観てみましょう。

_1664 _1667 所で、宝石として珍重されている珊瑚はこのような浅瀬にいるものではなく、海底20メータという深い場所で何十年、何百年かけて成長した貴重な珊瑚だそうです。

グラスボートとさんご礁と言えば、今回の旅で石垣島から高速艇で10分程度の距離にある竹富島でも遊覧しました。

_1474 _1476 竹富島への渡航です。この島はさんご礁で出来た島の様子ですね。竹など何処にも見当たりませんが、竹富島といいます。(笑)

私の解釈は竹はタキで嶽だと思います。その話は別途です。

_1477 _1482 _1483 _1495 _1507 _1523 竹富島のさんご礁も綺麗ですね?何時も思うが、綺麗なさんご礁と魚の群を眺めていると、浦島太郎の竜宮城の伝説は自然な発想ではないか?と思いますね。(笑)

さんご礁には小さな魚が隠れる場所が豊富に有り、それを狙う大きな魚が集まる。肴では無い(笑い)魚の宝庫なのだ。

話を戻して、川平湾に戻りましょう。

_1679 _1680 再度、高台から眺めるカビラ湾です。実に美しい風景ですね。ここでは、黒真珠の養殖が初めて成功した場所でもあるそうです。綺麗な海でなければ出来ないそうです。

かけがえの無い自然を何時までも守らねばならないと、本当に思いました。

参考サイト カビラ湾

美ら島物語 カビラ湾

|

« 八重山諸島の旅 水牛さん編(4) | Main | 八重山諸島の旅 竹富島(6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八重山諸島の旅 川平(カビラ)湾 (5):

« 八重山諸島の旅 水牛さん編(4) | Main | 八重山諸島の旅 竹富島(6) »