« 神河内(上高地) 逍遥記(8) | Main | jo君のヨイトマケ奮戦記(14) »

江戸湾 クルージング

_1337 _1287 今日はケンタ&アトム御夫婦の仲間と江戸湾のクルージングを楽しんだ。

ケンタ&アトムパパ 記事参照

勝どき橋近くのマリーナからクルーザを貸切り、江戸湾から地上の世界を眺める旅にでた。

_1288 マリーナの連中がバーベキューパーテイである。何か、アメリカ生活を思い出させる景色である。皆さん、楽しそうに宴会をしていましたね。

場所は、勝どき橋にあるマリーナです。午後に集まり、クルーザを貸切り遊ぼうという,ケンタ&アトム御夫婦の企画でした。

_1327 今日のメンバー全員です、正木さんのお母さんと、何時もの正木さんの旧友と私、5人プラスケンタ&アトムです。

ケンタが最初から不安そうで、怯えていましたね、船は怖いのでしょうかね?

_1289 _1290 クルーザと釣り船も停泊していました。私は、今だかつて釣り船には乗船した事は有りません。必ず、船酔いすると思うのですね。だから、怖いです。

江戸湾のクルージング程度なら酔わないと思います。ケンタが酔うか?私が酔うか?お互い頑張りましょう。(所で犬は船酔いするんだろうか?)

_1292_1 _1294_1 正木さん御夫婦と派手なお母さんと不安なワンチャン達、そして、マユさんと不安なケンタ。

今日は美味しい神田の御寿司の差し入れが正木さんから有りました。

_1295 _1296 マリーナから離れます、船の乗務員さんは二人でそして我々5人という贅沢な舟遊びの開始です。

もともとは、屋形船でもんじゃ焼きを食べようという企画でしたが、今回はモダン?なクルージングになりました。

_1297 _1299 _1300 _1301 キャビンの様子です。バーは有りますし、アンテイークな調度品が古いアメリカを思い起こさせる雰囲気ですね。

_1303 _1304 お台場の方面の風景と右は築地の海からの光景ですね。東京を海と川から眺めると、又、違う顔が見えるかもしれませんね?何時も、我々は陸からしか街を眺めていない。

_1306 _1307 ともかく、ビールと御寿司でも食べましょう。マユさんとも上野の花見の宴会&音楽会以来の再会ですね。

ケンタ&アトムも元気でしたが、ケンタがとても不安そうで、怯えていました。(犬かきで泳げるから心配ないのにね)

_1309 _1312 東京タワーが見えますね、汐留方面ですね、レインボウブリッジも迫りました。

これから、この橋の下をくぐりフジテレビのあるお台場方面を目指します。

_1315 _1316 幕末にペリーが来航した時に砲台が設けられました。今は、鳥の住みかです。最近は鵜の独壇場です。

まるで、琵琶湖のように東京湾も鵜に占拠され始めました。めちゃめちゃ鵜がいます。

_1320 _1321 日航ホテルとフジテレビの建物に近くなりました。何時もはユリカモメのモノレールでこのあたりは移動していますが、海上から眺める景色も又、異なる趣ですね。

江戸は、本当に海に囲まれた場所である事がよく判りますね。

_1323 _1324 屋形船が停泊して天麩羅でも食べているんでしょうね?ここらで、停泊して宴会をするのが常だそうです。

灯台のようなものも有りますね、夜は風情があるでしょうが昼間ですのでまだ雰囲気が伝わりません。

_1326 _1327_1 後ろの船はワンチャンクルーズですね、犬を同伴できるんでしょうか?我々は全員集合写真です。

キャビンの中ですので、顔が暗くなりました済みません。

アトムは不安が無く、元気そのものでしたが、神経質なケンタは未だ、不安が続いている様子でしたね。

_1328 _1329 左は築地市場の風景です。海上からの物資はここから陸揚げされるんでしょうか?江戸時代から続く江戸の台所の重要な場所です。

右は海上消防船ですね。ホースから水とか消火液を噴射するんでしょうか?ノズルが見えます。

_1334 _1335 東京消防庁の方々ですね、我々は楽しく舟遊びですが、彼らは仕事中です、日夜、火災事故に備えて仕事をされているんです。

我々はワンチャンと一緒に手を振って応援しましたけどね。

_1336_1 _1338 _1340_1 _1339_1

|

« 神河内(上高地) 逍遥記(8) | Main | jo君のヨイトマケ奮戦記(14) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

どぉーも、けんた&あとむパパです。
"けんた"には迷惑だったようです。外が見えにくいのと、揺れがどのくらい続くのか解らないのが不安材料。でもみんなが楽しそうにしていたので、なんとか我慢できたようです。
おかげさまで、晴海トリトン、東京インナーハーバーエリア(豊洲)、お台場、築地、勝どき橋の1時間の楽しい江戸湾クルーズになりました。豊洲は晴海大橋ができ築地市場移転、タワーマンション等、東京の水辺を生かした新名所づくりが着々と進められています。手塚治虫の夢見た『鉄腕アトム』のような未来都市には近づけないようですが... 新しい物好きの私には運河から未来が見え気がした一日です。

東京インナーハーバーエリア
http://www.tokyo-innerharbor.com/

私の好きな江川太郎左衛門のお台場『第六砲台』も見ることが出来ました。

http://ww3.sunnyday.jp/kentom/tabi/index05b.html

勝どきマリーナはボートライセンス(小型船舶操縦士免許)、ウェイクボード(水上のスノーボード)、ドラゴンボート、釣り船、クルーズ、屋形船、など家庭的で"けんた&あとむ"にやさしいお薦めのマリーナです。またデズニーランド花火を海から見学屋形船、BBQ・パーティー等楽しそうな企画ができそうです。

http://www.kachidoki-marina.com/

次は音楽会です。ほたら

Posted by: けんた&あとむパパ | 2006.06.05 at 06:04 AM

 江戸湾クルージング!日曜日は好天候に恵まれ、快適なクルージングだったのではo(^o^)o

 何年前でしょうか・・・営業部門にいる時に、SEさんにも声を掛け、屋形船を貸し切り、宴会をやりました。

 浜松町の船着場?を出港!お台場付近に停泊。揚げたての天麩羅、のり巻き、稲荷寿司などをいただきましたσ(^◇^;)。。。

Posted by: | 2006.06.05 at 04:35 PM

かっこいい遊びしてますね~
うらやましいです。
私も船乗りたいですよ~
いいなぁ。

Posted by: キミ | 2006.06.05 at 10:14 PM

Joさん
 私の気持ち。
 ケチつけるんじゃなくてな、願望~
 写真を一記事あたりすくなくしてくれると、ものすごうれしい。
 私ね、1写真を原稿10枚くらいの気持で見るから、こんなに写真があると、行間の軽妙洒脱なJO節が、あじわえなくなるんや。
(すんまへん、このコメント削除、よろしで)
結局は、JOさんのblogやもなぁ(笑)
おわびしながら、一筆啓上。

Posted by: mu | 2006.06.06 at 08:29 AM

ケンタ&アトム パパ

楽しいクルージング有難う御座いました。川と海から眺める東京というのも面白いものですね?

古代から江戸時代、そしてほんの数十年前までは、川と海が交通路でしたね。今は高度経済成長で川は高速道路になり、陸上交通全盛です。

しかし、これは何時まで続くでしょうね?維持コストが膨大にかかるし、ガソリンは値上がりするし、何れは又、川と海の時代が来るでしょうね。

楽しいクルージングでした、有難う。ケンタは少し、怯えていましたね?でも、陸上に上がると直ぐに元気が回復して良かったです。(笑)

Posted by: jo | 2006.06.06 at 08:09 PM

テッチャン

屋形船宴会ですか?宜しいですね~~、元々の企画は屋形船でした。

ところで、屋形船にはトイレは有るんですか?宴会するとビールは飲むから、トイレが無いとアキマセンよね?(笑)

営業部門時代には楽しい思い出が沢山あるんですね?羨ましいダス。

Posted by: jo | 2006.06.06 at 08:21 PM

キミさん

写真のblog頑張っていますね?この前は、藤城さんの歓送会はご苦労様でした。

キミさんもゴンを連れて、クルージングに来られれば良かったですね?

blog頑張って下さい。

Posted by: jo | 2006.06.06 at 08:25 PM

Muさん

どうも、ご無沙汰です。

確かにそうですね、最近は写真が多すぎると思うてました。niftyさんが責任を持ち保管されるので、自宅のパソコンに保管してるより、安全かいな~~?そんな気持ちも有りまして、記録でもあるんです。

ただ、自分が味わった雰囲気をお伝えするのは、Muさんのように、文章博士なら言葉で伝えることが出来るんでしょうが、私の場合は写真の方がより雰囲気をお伝えできると考えとりました。

しかし、あまり、仰山な写真は確かに面倒ですね?少し、考えます。

Posted by: jo | 2006.06.06 at 08:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22007/10386912

Listed below are links to weblogs that reference 江戸湾 クルージング:

« 神河内(上高地) 逍遥記(8) | Main | jo君のヨイトマケ奮戦記(14) »