« 和倉温泉と能登紀行(4) | Main | 上野花見2006年4月 »

和倉温泉と能登紀行(5)完結編

遂に和倉温泉と能登紀行も最終章になりました。やはり、最後は平安京で終わるのが宜しいようですね。

(朝はイノダコーヒー)

_720 _721 能登半島の旅も終わり、のんびり京都で花見と考えていました。けど、桜は咲いておらん!

ま、定番ですがイノダコーヒで朝食です。セットメニューを全部注文して大人4人とガキ一人で丁度4人前です。

しかし、人気があるんですね、満員でした。何時も、Muの旦那、ふうてん老人と来るのですが、満員だったのは初めてでしたね。

(二条城を見聞する)

_723 _726 おのぼりさんの如く、二条城を見学する。もとは、離宮だったのを江戸時代に幕府の拠点として都には似合わない城を築いた。

ホンマ、六波羅あたりでひっそりしてればいいのに、伏見城の建材を運んで関東武士は城を築いた。

_736 _739

狩野派の大胆な襖絵を見学するには最高でしょうね。西欧の画家が驚嘆した構図と力強い絵は圧倒しますね。

僅かに、桜が咲いてました。板張りの冷たい鶯張りの廊下で冷えて、便所を探しまくると偶然にかわいい桜に出会いましたね。(笑)

今の季節はライトアップされてるそうだが、桜は未だ咲いていないけど、客は怒らないのだろうか?

(池波正太郎さんゆかりのお菓子)

娘がどうしても、欲しい本を置いている本屋と老舗のクッキー屋さんに行きたいというので、市役所近く迄電車で出かけた。

_744 _745 本屋の向かいに、老舗のクッキー屋(村上開新堂)さんがあり、娘達がクッキーを購入している。何気なく、私も店に入ると何と、池波正太郎はんがこよなく愛した、菓子があるではないか?

好事福ろ(こうずぶくろ)菓子参考

季節限定、紀州のみかんを使い手作りで製作したミカンゼリーではないですか。494円です。思わず、買いましたね。みかんの中を刳り貫き、そこに、みかんから製造したミカンゼリーを詰め込んだ逸品である。

この旅を完結させるにはやはり、素晴らしい出会いが有りました。これにて、終わりよければ全て良しでした。

|

« 和倉温泉と能登紀行(4) | Main | 上野花見2006年4月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

デザートが出ましたね

 この10日間ほどの行動範囲は広いですなあ。
雪山から始まって東京の六義園、金沢の兼六園、能登半島。
最後の京都でイノダ・コーヒーと村上開新堂の好事福盧が出てフィニッシュ。
和と洋、両方のフルコースをこなしたような満腹感でありました。
最後のデザートも言うことありません。

 一家そろっての(卒業旅行)のようでしたね。

Posted by: ふうてん | 2006.04.05 12:12 AM

卒業旅行

懐かしい響きですね。結果的にはそうなりました。

青雲の志を抱き東京に出てきて早、37年になりました。富士通という会社にお世話になり本当に楽しい思い出が出来ました。

家族に対するサービスは殆ど出来ない状況でしたが、それも許して頂きましょう。

これから、第二の人生が始まりました、今日から都内の縄文遺跡の発掘に参加しましたが、雨で昼で中断となりました。けど、縄文土器の破片が三個出てきましたよ!

昨日から自分の弁当とお茶を製造して、朝5時半に起床し、万全で出かけました。これも、やみつきになるかもね?(笑)

Posted by: jo | 2006.04.05 02:18 PM

 Joさん

 ホンマに忙しい年度末で・・・当面のイベントが全て終了、残すは屋形船宴会のみ(^O^)v

 既に縄文遺跡を3片も掘り当てた?古代史のジョーさん、縄文土器に迫る!ですね\o(^o^)o/

 哲もオホーツクの畑で、縄文土器のかけらや石器を拾いましたけどね~・・・σ(^◇^;)。。。

Posted by: | 2006.04.05 11:54 PM

テッチャン

遺跡発掘の新人として現場の作業員を始めて二日目やけどね、ホンマ体力勝負やね!

腰がたたないよ~~~!(悲鳴)

現場は地層が10層に連なり、最下層は3万5千年前の地層ダス。約1メータ上の層、確か6層か7層やけど2万5千年前の地層ダス。

石器も縄文土器も出土していますよ~~~!

しかし、考古学とは肉体労働であるというのを、身をもって体験しています。そのうち、記事を書きます。

Posted by: jo | 2006.04.06 07:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 和倉温泉と能登紀行(5)完結編:

« 和倉温泉と能登紀行(4) | Main | 上野花見2006年4月 »