« 和倉温泉と能登紀行(5)完結編 | Main | 空太郎さん北京に駐在する »

上野花見2006年4月

Imgp3458 今年も恒例の濃い~~メンバーによる上野花見大会&正木邸音楽会が開催された。

あたしゃ、前日からバラ寿司の製作と当日にはポテトサラダの製作を行い重箱4個とポテトサラダをタッパーウエアに格納して宴会に出かけた。

写真は最後に解散直前に自動で撮影された映像であります。カメラは梶山さんのものです。

ところで、話は変わりますが、私の次女の大倉山のマンションの部屋は花見座敷がついているんです。(笑)

_759 この桜は私の次女のマンションの部屋から撮影したものです。二部屋から目の前に桜の大木があり花見をするには最高なんです。

世の中広しといえど、贅沢三昧な娘のマンションですね。けど、ケムンパの季節には洗濯物はベランダにだせまんせね?(笑)

_760 上野の夜桜ですね。仰山の人々が宴会をやっていましたね。この日は、強風が吹き荒れ、寒く、おまけに寒むそうな上弦の月がでており且つ、星が沢山みられました。

東京で星空が見れるのは、限られた時だけでしょうね。素晴らしい星空でした。

_765 _767 正木の旦那は今日も快調の様子です。梶山さんは事前に正木邸に来てリハーサルをしたそうです。今日はビートルズの曲が中心なんでしょうか?えらく張り切ってます。

ピアニカは正木さんの奥様の職場の後輩だそうです。とてもお上手でした。

_768 _769 4人によるセッションが始まりました。梶山さんが唄い始めましたね。時折、中断して打ち合わせをしてどんどん音楽は乗って来ました。見事なもんですね。

ホンマ、音楽が出来るというのは素晴らしい!私も是非又、学生時代のフォークソングとギターでもやり始めますかね?バイオリンは小学生の低学年で止めてしまったので、駄目だろうけど、ハーモニカとかギターなら?少し、可能性が・・・・・・・?

_771 _774 奥様のピアノも加わり、5人によるセッションが始まりました。

ピアニカがこんなに素晴らしいとは初めて知りました。素晴らしい音色でしたね。驚きです。

_775 楽しい音楽会は何時までも続くのですが、私は大倉山まで帰る必要があり、11時前にお邪魔しました。

今年も、楽しい花見&音楽会でした。

正木さんからのメールです

愉快な仲間たちのみなさまへ

風が強めですが... 満開の楽しい寒中花見大会でした。ありがとうございます。
Joシェフの美味しいバラ寿司、ポテサラダ、難波さんからオリジナルの梅酒、ピ
ザ屋さんから差し入れ等...ゲストの倉持さんのピアニカのおかげで音楽会らし
くなりました。感謝!!

今回はベースに初挑戦で忙しく写真が取れませんでした。詳しくはJo Blogの報
告を待ってください。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/

音楽会のビデオ期間限定でUpしました。(後日30秒バージョンに変更予定)
http://ww3.sunnyday.jp/sakuranohana/

今回、ステージがなかったマユさんは秘蔵ビデオで楽しんでください。
http://ww3.sunnyday.jp/mayusan/

次回企画は『ワンちゃんといっしょに屋形船』5月13日(土)or 14日(日)
お願いしているのはジョーカ・綱吉の湯の『ワンちゃんといっしょに屋形船』企画

http://www.tsunayoshi.jp/event/yakata.ht

お台場集合、司会、弁当、飲み物飲み放題、天ぷら、WANちゃんにはお土産、WAN
ちゃんゲーム付き
最低20名、参加費8800円、WANちゃんも5000から6000円ぐらいお土産・企画付き
ですので参加費が必要です。詳しくは後日...
みなさんの参加、よろしくお願いいたします。

正木

|

« 和倉温泉と能登紀行(5)完結編 | Main | 空太郎さん北京に駐在する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

部屋からの花見とは最高やね

 桜と富士山は日本の代表でありましょう。
娘っ子は自宅の部屋から桜の花見。
お父さんは自宅ベランダから富士山を肴にビール。
まことに贅沢な娘父でありますね。

 梶山くんがジャズの大ファンなのは知ってましたが、達者にギターを弾くのですね。
以前、何度か彼がジャズへの思いを切々とメールで書いて寄こしましたが、この記事で当時の彼の心情をよく理解出来ました。
(100本の金の指 100 gold fingers)を担当していた頃でしたかねえ。 
音楽会でJOさんの(テレサ・テン メドレー)はなかったのですか?

Posted by: ふうてん | 2006.04.05 10:49 PM

実家の桜

実は私の実家には大きな桜の木が有りました。兄貴が結婚するので、邪魔になり切りました。どうも、今から思うとそれがいけない事だったんでしょうかね?

兄は52歳で亡くなりましたから、残念です。葉桜になるとケムシが仰山登場し、実家の家の中まで出現しましたね。

梶山さんはカメラと音楽にはウルサイ人ですね。最近は文章を書いているそうです。風の噂ですがね。

テレサテンですか~~~、何か雰囲気が違うようですよ~~~。

Posted by: jo | 2006.04.05 11:24 PM

 バラ寿司・・・

 恒例の上野の花見!楽しそうで、美味しそうで、ゲイジュツの香りがして・・・エエ雰囲気が伝わってきます(^O^)v

 オ~、屋形船企画が決まりましたね!哲たちは浜松町の船着場に集合でしたね。

Posted by: | 2006.04.06 12:02 AM

演奏曲の解説です。

1. This Boy:The Beatles の5枚目のシングル『抱きしめたい』( I Want to Hold Your Hanf)のB面収録曲。1963年11月発売。日本ではデヴューシングル1964年2月発売 邦題は『こいつ』。映画『a Hard Day 's Night』の中で『リンゴのテーマ』としてオーケストラ演奏のインストアレンジが印象に残っている。できればオリジナルの3部コーラスができるようにしたいです...ネェ Kajiさん

2. In My Life:若き日々をともに過ごした人々を 僕は決して忘れない これからも 時につけ思い出すことだろう だけど この人生でぼくは誰よりも深く 君を愛す... とジョンレノンの思いで深い場所『ペニーレイン』をテーマにした曲。でも、深く愛する人とは結婚・離婚をして小野洋子との愛の日々へ

3. 練習曲:I'm Only Sleeping(ビデオ未収録)実はこの曲が一曲目。マニアックなKajiさんの好きな曲。アルバム『リボルバー』収録 *そっとしておいてくれないか... 眠っているだけなんだから... ほとんど忘れていた曲です。
3曲ともほとんどジョン・レノンが書いた曲。Kajiさんのこだわり選曲でした。

4. No Problem:映画『ラヂオの時間 (Welcom back Mr.McDonald)』収録曲、唄はラジオ局の編成マン堀之内修司(布施明)、作詞は三谷幸喜、作曲は服部隆之 服部さんは『マツケンサンバ』で大もうけしましたが、このビッグバンドアレンジは特に好き!!

5. バラ色の桜んぼの木と白い林檎の木:1950年のシャンソン、日本ではストリップ小屋の定番。今回の唄はイベット・ジローの日本語レコードから、私の好きなサックスの本多俊之さんの十八番。

6.中年の心:Joさんと同じ今年還暦の北山修の作詞・唄の曲(作曲は平井宏)、5年前の55才ばーすでいコンサート・ライブ盤に収録、オリジナル収録はヒューマンズー。旅行へ行くときはこの2枚を聴きながらドライブするのがお薦め!!

7. Graduation Day :Joさんに捧げる「卒業ソング」は当然、「Graduation Day」好きなのはビーチボーイズのヴァージョン。ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンに多大な影響を与えたジャズ・コーラス・グループ、フォア・フレッシュメンの1956年のヒット・バラードです。
Kajiさんのセンスが光ます。楽しいコンサートになりました。感謝!! 
次回はテレサ・テンやりましょう。

Posted by: けんた&あとむパパ | 2006.04.06 05:45 AM

テッチャン

テッチャンとは何時もカラオケで、演技付きの演歌を聴かせてもらってますが、楽器が入る生もよろしいですよ!

今度、是非一度顔を出されませんか?演歌のバックオーケストラ出来るかどうか、判らんけどね。

屋形船、よろしいですね~~~、日本人なら一度は経験すべきやろね?

私の生まれ故郷の招堤村(しよだいむら)の隣の村が樟葉村で、今中フウケイという著名な作詞家がおられました。私その孫娘と同期で中学時代御一緒でした。

その、フウケイさんやけどね、”野崎参り”という唄をつくられたんやね。野崎参りには~~♪屋形船で参ろう♪・・・・

知ってるか~~~?

オホーツクでは判らんやろな~~~?

Posted by: jo | 2006.04.06 07:16 PM

ケンタ&アトムパパ

今回も大変お世話になりました。散かしたまま帰りまして、申し訳有りません。奥様に宜しくお伝え下さい。

しかし、何時も思うんですが、楽器が弾ける人々は本当に幸せやね~~~。人間と音楽の関係は太古よりあるんやろね~~?

猿からヒトに進化するときに、集団で狩をしたときに最初はコミュニケーションは音楽でやったんとちゃうかな~~~?(唐突 笑)

ま、あの世の世界にトランスできるのは音楽があるからやろと、考えています。

次回は、屋形船、そして、秋には掛川でのコンサートやね。楽しみばかり多くて皆様には申し訳ない。

ケンタとアトムによろしくね~~~。

Posted by: jo | 2006.04.06 07:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上野花見2006年4月:

« 和倉温泉と能登紀行(5)完結編 | Main | 空太郎さん北京に駐在する »