« 米国紀行 1999年8月 | Main | カナデアンロッキーへの旅(1) バンクーバー&車窓編 »

ヨセミテの想い出

IMG_0031 皆さんは上高地へ行かれた事はあるでしょうか?釜トンネルを抜けて、大正池、田代池、明神池をすぎ、梓川を遡ると、仰ぎみる穂高の峰々の素晴らしい光景を。

ヨセミテに入り、まさにその景色が上高地の数倍のスケールで迫る感覚を受けました。写真の一番奥が、有名なハーフドームですね。

米国に駐在になり、次の年の夏に二番目の姉と子供達と、上の姉の子供達がアメリカに遊びにきたのです。そこで、先に来た姉と娘さんを連れて家族でヨセミテに行きました。

IMG_0024 IMG_0023

姉と娘さんです。今は熊取という新大阪国際空港の近くの田舎で玉葱畑に囲まれて暮らしています。旦那さんは弁護士ですが、娘さんは医学部に進み、お医者さんをしていますね。

この頃は未だ小学5年生の頃ですね。姉は料理が得意で、高校時代は卓球部でした、自宅に卓球台があります。

IMG_0020 IMG_0019

ヨセミテでは確か、山火事があっても人工の手では消火をしないと聴きました。あくまで、自然に任せるという話でした。自然環境に手を加え環境が変わる事を避ける為だと思います。

滝もスケールが違いますね、豪快な滝がいくつも、いくつもありました。そして、一番有名なのが、ハーフドームという岩山です。

年末から岩壁を登り始め、正月に岩の上で新年を迎えるクライマーが多いそうです。

IMG_0014 IMG_0015 写真の後ろの山がハーフドームです、豪快な山塊ですね、世界中の山男がこの壁を目指すと聞いていました。

私たちは、気楽にロッジに宿泊して、散策した程度です。未だ、息子が1歳少しでしたからね。

日本から来た、姉も子供達も大変楽しんだ夏休みでした。

IMG_0032 IMG_0026 姉と子供達は二ヶ月ほど、我が家に逗留していました。サンノゼが気に入ったのか、楽しそうでした。

私の自宅の前で浴衣を着て過ごしたり、近くに買い物に出かけたり、後発の二人の姉の息子さん達が到着すると、ロスアンゼルスのデズニーランドまで案内させられました。

右の写真は、前庭から隣のお家を背景に写したものですね。

IMG_0027 IMG_0012 家のガレージと裏庭の写真です。次女が水を撒いています。芝生の手入れはちゃんとしないと、特に前庭の芝生は手入れしないと、近所の人に怒られます。

環境が悪くなると家の値段が下がるからだし、深刻な問題になります。

IMG_0001 IMG_0005 台所とリビングですが、息子が寝てますね。

サンノゼではガスを使う家は少なく、ニクロム線の上に鉄板が載り、調理しますが、私の家は家主が中国人でしたから、ガスでした。

それから、水は遥かシェラネバダ山脈から地下をもぐってくる水ですので、硬水ですから、調理と飲む水はスーパーで購入します。水道の水でお茶を沸かすとヤカンの中が真っ白なものがこびりつきます。

生ゴミはデイスポーザルで粉砕して下水に流しますので、一度は下水が詰まりました。専門の会社にコールして詰まりをとってもらいました。

IMG_0008 IMG_0009 娘が通っていた小学校のジョンミューアスクールです。そして、ハロインの時の自宅での風景です。

子供も大人も変装して、その日は会社でも変装して来る連中が大勢いました。やはり、カリフォルニアですね。

|

« 米国紀行 1999年8月 | Main | カナデアンロッキーへの旅(1) バンクーバー&車窓編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ヨセミテ公園はすごいね

 最初の数枚の写真を見て(シェラネバダ)とか(北北西に進路をとれ)とか(マウントラシュモア)とかのキーワードが頭をよぎりました。
やはり我々のアメリカのイメージはジョン・フォードやアルフレッド・ヒッチコックの作る映画に大きく影響されているのでしょうね。

 カリフォ~ニャの住宅の風景もやはり映画で馴染んでいる風景そのものなので、そこに実際にJOさん一家が何年も住んでいたのだと考えると不思議な感じもします。

 写真の中で一人だけ当方にも見覚えのある方が写っていますね。
セピア色・・・やっぱアナログの方がええんですかねえ。

Posted by: ふうてん | 2006.02.26 12:08 AM

ふうてんさん

セピア色のヨセミテ、大自然よろしいどすか?ホンマ、私は思うに歴史の浅いアメリカでは自然が一番ですね。

北米でのお勧めは、このヨセミテが一番です。サンフランシスコから車で5時間程度で行けます。自然が好きな人には、お勧めですね。

アメリカは国立公園、国定公園が厳格に守られています。自然を大事にしようという考えですね。

この紀行は1983年の夏の思い出ですね。もう23年も昔の記録です。今も、それほど変化は無いと思います。

Posted by: jo | 2006.02.26 09:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヨセミテの想い出:

« 米国紀行 1999年8月 | Main | カナデアンロッキーへの旅(1) バンクーバー&車窓編 »