« 三輪山セミナ(2005) 記事目次編 | Main | 宴会(2005上半期) 記録集 »

Jo君の歴史彷徨シリーズ 目次編

私は子供の頃から歴史が好きでした。生まれ育った環境が招堤村という場所で、樟葉、長尾、田辺、石清水、交野、枚方、と古代史に登場する大和朝廷の根幹に関わる重要な場所で生まれ育ちました。

恐れ多くも、皇室系譜において、歴史学者が確実に辿れるのは継体大王までと多くの学者が意見を述べています。それ以前は王朝が交代した可能性が大きいと言われています。その継体大王が即位されたのが、樟葉の宮であります。

そんな環境で育ちましたので、日本の古代史に関しては還暦を迎えようとする歳まで、延々と憧れと憧憬が続いたのですね。そこで、これから10年かかるか判りませんが、私の考える、私説、古代史を記録したいと思います。

・Jo君の歴史彷徨(1)

・Jo君の歴史彷徨(2)

・Jo君の歴史彷徨(3)

・Jo君の歴史彷徨(4)

|

« 三輪山セミナ(2005) 記事目次編 | Main | 宴会(2005上半期) 記録集 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 Joさん
 このシリーズはシーラカンスさんも登場し、結構人気沸騰のシリーズだったと思うのですが~(^-^)v

 雑誌「カーマガジン」でHistoric Formula Car特集があって、連戦連勝のシーラカンス弟さんが格好良く登場してました。お正月4日、11時30~?TV(テレビ東京)にも登場みたいです\o(^o^)o/

Posted by: | 2005.12.06 at 04:17 PM

テッチャン

どうもこのシリーズの筆がぴったり止まりました。歴史関連の記事は仰山書いているんですが・・・・。

ナヌ?あのスピード狂の弟さんが?テレビに登場ですか?
ま、テレ東はネットが狭いから地方では観れないかもしれんね。

所で、最近、シーラカンスさんはお元気ですか?最近、本物のシーラカンスが東京工業大学に寄贈されたいう話を聴きましたがね。

Posted by: jo | 2005.12.06 at 04:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22007/7491957

Listed below are links to weblogs that reference Jo君の歴史彷徨シリーズ 目次編:

« 三輪山セミナ(2005) 記事目次編 | Main | 宴会(2005上半期) 記録集 »