« 伏見人形と甲子園球児 | Main | 2005秋合宿 Ysさん写真 »

聖水信仰

前回は埋納信仰について、伏見人形を例に記事を書きました。今回は聖水信仰について少し触れてみます。なんせ、私の苗字も筒(九州の海人族)と井戸ですから興味があるんですね。

(九州の大王、磐井)

私が生まれ育ったのは招堤村ですが、隣の村が樟葉村です。継体大王(ヲホド王)が即位された樟葉の宮のある場所です。この継体大王は現在の皇室の確実に学者も認める先祖になります。それ以前は河内王朝の時代、崇神王朝の時代、と王権は交代したと多くの学者がいいますね。

さて、この継体大王は琵琶湖周辺と富山近辺、所謂、越の国が地盤の日本海航路を地盤にした王でした。そして、古代の大戦争と言われる九州の王である、磐井と戦争をしました。527年に筑紫平野で大規模な戦いが有りました。

(磐井とは何か)

考古学者の森浩一先生のお話では、以下、興味あるご意見であります。

”筑紫の磐井は、久留米市と八女市を勢力の中心にしていて、久留米市にある高良山が、大和朝廷の三輪山という聖なる山に相当する。その高良山の神籠石から流れ出る川が岩井川である。その川のほとりに今日も薬師信仰の聖水の湧く岩井と呼ぶ泉がある。

書紀によると、継体と磐井の決戦は御井(みい)郡で行われたとある。御井とは、磐井勢力の聖なる山の高良山の麓にある聖なる水の岩(磐)井を尊んでの表記であり、今日の三井郡に名を残している。想像をめぐらすと、王権の象徴としての聖なる泉の争奪が最後の戦いになった。”

ということは、磐井とは特定の大王の名前ではなくて、九州の王権のシンボルである泉を制圧した大王であるという事かも知れませんね。

(三輪山にも磐井が)

書紀では雄略大王が即位する前に後継者争いをします、御馬皇子(みまおうじ)が最後に雄略と戦ったのが三輪山の磐井のほとりだそうです。そして、敗れ、泉に呪いをかけたと伝えていますね。

(平将門も)

平将門も王城を建てる場所を下総国猿島郡石井郷に本拠を置いたそうです。石井は今でも岩井(磐)イワイと発音するそうです。(現在の茨城県岩井市ですね。)

実は奥州王権をたてていた藤原氏も平泉という聖水信仰に基ずく場所に王権を構えた。単なる地方豪族では無く、地域国家の王がイワイと深く関わっていたのですね。

(石清水八幡宮は?)

実は石清水八幡宮の麓に”徒然草”で有名な仁和寺の法師が間違って参詣した、石清水八幡宮の摂社である高良神社がある。継体大王と戦争をした筑紫の君の聖水の故郷、高良山と同じ名前である。

この関連は森先生も未だ解明していないそうだ。しかし、継体大王即位の場所のすぐ傍の男山にあの筑紫の君の聖山、聖水が存在するとなると、どういう事になるんだろうか?

(二月堂)

奈良のお水取りの二月堂の井戸も若狭湾に繋がるという伝説がありますね。そして、若水の信仰と・・・・・。どうも、日本人には泉がとても大事なようです。

|

« 伏見人形と甲子園球児 | Main | 2005秋合宿 Ysさん写真 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

堪能しますね、この記事。
しかし、いくつかのエピソードを小説みたいに繋げることはなさらないのですか?

高良山と泉。
磐井、岩井。
石清水。
と、ここでMuも立ち止まってしまいました。
期待します(笑)

Posted by: Mu | 2005.11.20 01:38 PM

Muさん

先ほど京都から帰りました。近いですね。御蔵山からJRの六地蔵の駅まで歩いて、10分。六地蔵から稲荷さん、東福寺三経由で13分で京都駅、のぞみに乗車して2時間で新横浜。歩いて10分。合計2時間33分で到着です。ま、待ち合わせを入れて3時間でドアtoドアです。

さて、今度繋いでみますか?強引にね。(笑)

Posted by: jo | 2005.11.23 03:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 聖水信仰:

« 伏見人形と甲子園球児 | Main | 2005秋合宿 Ysさん写真 »