« October 2005 | Main | December 2005 »

ハイドロフォーム機

昨夜は恵比寿の古河さんの御子息のベトナム料理レストラン”We”でラジコン仲間が集まった。赤とんぼの岩ちゃんと、哲ちゃんと、サイレントフライトで有名なグライダーの沖川さんでした。

(加藤栄護さん諌山さんと出会う)

偶然でしたが、入社以来のオンラインの先輩の加藤大先輩と諌山さんが既にお酒を飲んでおられました。先日、発起人となり(故)中原啓一さんの偲ぶ会をされたとこで、私も幹事としてお手伝いした。

お話では、今日、赤とんぼの三浦先輩と一緒に山本名誉会長とお会いになり、ひとしきり飛行機の話をされたそうです。山本大先輩は皆さんも日経の私の履歴書で御存知でしょうが、昔は陸軍士官学校で”隼”に乗られていました。

特攻隊として出撃直前に終戦となった経緯がおありです。その後、東大に戻られ富士通では池田さんとコンピュータ事業を立ち上げられました。長く社長をされていました。

さて、沖川さんも到着したので、我々、若手(笑)は席を移しラジコン談義となりました。

CIMG0135

暗くて駄目ですね。道産子哲blog参照して下さい。

(ハイドロフォーム機)

2005_11300095 沖川三郎氏は同じ富士通の仲間ですが、専門はグライダーですね。最近は電動機に凝っておられます。RC AIRWORLD誌の12月号で写真が紹介されていましたが(145頁)写真はその飛行機です。

私は素材代千円で頂いてしまいました。(感激)

(機体紹介)

・HP-Z2213-20 \6580円

・APC8x6E

・Hyperion TITAN 20A HI-PROブラシレスESC \6580円

・Hyperion 22 シリーズ用バックマウント、アダプタ付 \480円

・New! Hyperion EOS 5i Speed 5S14N CHAGER \9800円

・TP1320-3S(11.1V1320mAh)13C リチュームポリマーバッテリ \7100円 

 (THUNDER POWER)

以上\30540円である。

Continue reading "ハイドロフォーム機"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

上野寒中紅葉狩り 宴会編

奥様は掃除担当、正木さんはこまごまと買い物、アタシャ仕込の台所仕事です。ワンチャン達はしばし、ベッドの上で宴会に備え昼寝です。

今日は、バラ寿司、鳥の唐揚げ、惣菜屋さんから購入の肉ジャガ、カボチャの煮物、そして本場韓国風の焼肉と野菜のバーベキュー、キムチ、カクテキ、そんなレシピになりました。

CIMG0104

ほれ、できましたよ。さりげなく、部屋の隅に置いておくのだ。ホホホ

それにしても、この部屋はスタジオのようですね。ここで、お客を呼んで商売が出来そうな雰囲気ですね。

CIMG0105 ワンチャン達も宴会が早く始まらないかと、そわそわしてますね。今日は音楽好きが集まるようですね。正木さんの友人のプロのミュージシャンのマユさんとか、音大出身の森さんの奥さん(専門はサックス)とか、梶山さんとか皆さん芸達者である。

CIMG0110 とりあえず、森夫婦は未だ来てないけど、乾杯しましょう!

Continue reading "上野寒中紅葉狩り 宴会編"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

上野寒中紅葉狩り 散歩編

昔のコンテンツ時代の仲間が上野に集結するのだ。正木さん御夫婦からのご招待である。そこで、今年の春の”寒中花見 in 上野”での狂乱を皆様記憶におありでしょうか?

(おさらい)

・寒中花見 in 上野(記事)

・上野花見 狂乱続編(記事)

・寒中花見 in 上野(写真集)

そうなんです、こわーーい人々が集まるのです。春は正木さんの奥様が居られないので、ご自宅では騒ぎまくりましたが、今回は奥様がおられるそうだ。おとなしくしなければ。

とりあえず、紅葉狩りの一日の写真集をご覧下さい。

・寒中紅葉狩りin上野 写真集

・けんた&あとむ凸凹散歩Blog

・けんた&あとむ

先ず前編、散歩編について記録を残します。

Continue reading "上野寒中紅葉狩り 散歩編"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

赤とんぼ2003年の思い出

三浦先輩から、CD ROMに収録された赤とんぼの記録写真、第二弾が本日到着した。

・2002年 秋合宿

・2003年 夏合宿 秋合宿

その他、2004年 5月の千葉飛行会が収録されていた。メインは2003年の夏・秋の合宿であります。

マイフォト:赤とんぼ2003年の思い出集

P1010006 2002年 秋合宿の白馬です。素晴らしい天気に恵まれましたね。この頃は電動機に凝っていた頃です。

Continue reading "赤とんぼ2003年の思い出"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

魏の曹操と邪馬台国

森浩一先生の本を読んでいて、未だ全ては解明されていないが、魏と邪馬台国の重要な考古学資料についての深い洞察の記事を読んで気になるので記す。

(曹氏墓出土の倭人字セン)

センという漢字がでないので失礼しますが、レンガの事です。倭人という漢字が含まれた七つの漢字が記された煉瓦が1977年に中国の安徽省はハク県(安徽省の北西部にあり、ワイ河の支流にある)の元宝村のお墓から出土したのです。

この墓は曹操宗族墓と推定されているそうで、且つ、時代が後漢末にあたり以下、重要な仮説が成立したのです。

・倭人という漢字が出土しこの場所で、倭人との関係が深い事を意味する。

・その墓の主が魏の太祖となる曹操に近い縁者の可能性が極めて高い。

・魏と倭王との外交の記録は東北・東アジアの諸国家に比べ異例といってよい扱いを受け記録も克明である。

・倭人、時をもって盟すること有りや。これが、解読された7文字の意味だそうだ。

Continue reading "魏の曹操と邪馬台国"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お茶の花

先日、宇治の木幡御蔵山に帰省していました。昔は御蔵山には沢山の茶畑があったそうです。買い物への行きかえりの道には小さな茶園があります。

CIMG0080 CIMG0079 (お茶の花)

珍しくお茶の花を見つけました。11月下旬の頃に咲くんでしょうね。東京ではお茶の木をあまり見かけませんね。

子供の頃の北河内の招堤村のお百姓さんは必ず、自宅の庭とか畑の畦道にお茶の木を植えておられましたね。そして、大きな茶色の硬い皮で覆われた丸い実が出来るんです。

だけど、本当は花を咲かせては栄養分が花と実に行くので、茶園では禁物なんだそうですね。木が弱ると花を咲かせるそうです。この茶園では今年の夏に何か異変があったのでしょうか?

参考資料 お茶の木について

| | Comments (8) | TrackBack (0)

突然の帰省だった

この4日間、突然に京都に帰省をしていました。色んな事情があったのですが、別に不幸があったとか、そう言う訳では有りませんのでご安心下さい。

ただ、私のように来年には還暦を迎える年代になると周りも歳をとり、それなりにお助けマンとして活動する事が多くなるのです。

(オール電化を経験して)

ガスを全て止めて、木幡の家内の実家はオール電化となった。ところが、お年寄りにはこれはむしろ難しいと感想をもった。先ず風呂だが、コンピュータ制御でお湯を浴槽に張る作業から温度から湯量から全て自動である。

追い炊きも出来るし、あれもこれも出来る。しかし、お年寄りにはマニュアルを読んでコンピュータ制御のオペレーションをするのは困難である。私も、マニュアルを一生懸命に読んで始めて風呂に入れた。

義父は危うく火傷をしそうだったそうだ。追い炊きをしたが、どんどん熱い湯が風呂の底から出てきて、湯槽の温度が上がり慌てて水を入れたそうだ。マニュアルを読むと、湯槽の設定温度よりも既に湯槽の温度が高い温度で追い炊きをすると、2度、温度を上昇させるそうだ。

IH調理も問題が多い。今までの鍋、フライパン、ヤカン、殆どが使用出来ないのだ。電磁波でやるので、アルミは駄目だ。そして、底がマッ平で大きくないと熱が伝わらない。そして、触っても熱くないので実感がでない。

アタシャ、やっぱりボワ~~~と炎が出る所で料理をしたいと思った。これで、中華料理は出来るんだろうか?ま、ひがみかも知れんけど、アタシャガス派でいいと思った。だいたい、料理の迫力が出ないのだ。

Continue reading "突然の帰省だった"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

赤とんぼ 写真集三浦編(1)

赤とんぼ三浦さんが撮影された写真のCD ROMが到着した。内容は赤とんぼ合宿の写真集である。

・2004年 夏合宿、秋合宿

・2005年 夏合宿、秋合宿

赤とんぼ三浦さんの写真集(1)

今後、各、写真についてコメントを加えて行きたいと思います。考えてみると、自分の写真アルバムでは自分は写らんですね。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近の電動機

今から3年前の電動機の世界はニッカド電池にブラシモーターの世界でした。すこし、携帯電話の進化によりパワーは得れないが、長時間飛行可能なリチュウム・イオン電池が登場してきた。

携帯電話の小さなリチューム・イオン電池を二個、直列に繋ぎ8V程度の電圧を得て小さなモータをまわしていた。

2005_11190099 これが、ニッカド電池ですね。1.2Vで1500mAhの電池セルを8個、直列に繋いでいます。ですから9.6Vで1500mAhの容量となります。6個のセルなら7.2Vですね、10個なら12Vの電圧を得る事が出来ます。

2005_11190100

これは、携帯電話とリチューム・イオン電池です。左端の電池がラジコン飛行機で使用されます。3.7Vで570mAhのセルを二個直列で7.4Vの570mAhを得る事ができます。これで、500グラム程度の軽い模型飛行機は十分な推力を得ることが出来ますね。そして、20分程度は飛行可能です。

(リポ電池の登場)

リチューム・ポリマー電池の登場によりラジコン業界は激変してしまいました。そこで、リポ電池とは何でしょうか?

参考 資料”リポ電池”

特徴は高電圧を得る事が出来るのと、軽く長時間モータを回す事が出来るそうです。いいことずくめのようですが、値段が高いのと可燃性であるという危険をもっています。充電も難しいそうですね、電流、電圧を完璧に守らないと発火するそうです。

過充電は禁物で、有名なラジコン飛行機の世界の人がガレージで充電していて発火し、家を丸焼けにしたという話をラジコン親爺から聴きました。しかし、エンジン飛行機は騒音の問題があり環境問題を克服するには、電動に移行せざるを得ない傾向にありますね。

そこで、現在はリポ電池が模型飛行機業界では主流を占めた状況だそうです。この数年間は電動機から離れていた間に大きく世界が変化しました。

Continue reading "最近の電動機"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日は快晴七五三

昨夜は読売ランド近くの某会社をテッチャン、藤城どんと三人で訪問し、後輩と宴会であった。最近の銀行端末とかPOS端末とか、端末にまつわる現場の話を聞けた。

さて、今日は快晴である。昨晩から孫が私の布団の半分を占拠して、寝られてしまった。夜中にあまりに頭が押し寄せてくるので、頭の位置を逆にして僅かなスペースでまるで、居候の如く寝ざるをえなかった。

快晴ではあるが頭が痛い。しかし、家内の実家から送られた馬子衣装を今日は着せて七五三らしい。そういえば、この衣装は今フランスにいるMISAYOが初めて七五三で着た着物だ。その後、家内の妹の娘さん、三人が着たそうだから、五人目の七五三となる。

私の次女は七五三の時はアメリカ在住でしたので、神社が無いので、七五三はしていない。菊名駅近くの八杉神社に参詣した。

2005_11190087

2005_11190097 元々は、杉山神社と呼ばれていたそうで、このあたりの鎮守の神さんのようだ。近くには大きな神社が数社あり、ここは誰も来ない鄙な場所のようだ。

Continue reading "今日は快晴七五三"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005秋合宿 Ysさん写真

今回の2005年秋合宿には、初めてYsさんが参加されました。楽しい思い出が沢山できましたね。

Ysさんの写真集のホームページに白馬での思い出写真が掲載されています。写真集の”白馬”を開いていただければ、写真がみれますよ。

Ysさんのラジコン写真館

少し、写真家Ys氏の力作を披露します・・・・素晴らしい写真ですね!

紅葉の山をバックに私の愛機最後の姿バレリーナ3号

晩秋の白馬三山遠望

赤とんぼ機雄姿

joさんと愛機バレリーナ3号最後の姿

わこちゃんの飛行機離陸瞬間の姿

カッチン、フラミンゴ機ローパス飛行

テッチャン古代機サンデーアルファ発進

三浦先輩電動機飛翔

アクロ7 ラジコン親爺のトルクロール

岩ちゃんのアミーゴ ホバリング

赤とんぼメンバと白銀の白馬連峰(すみません、お尻みせて)

荘厳純白の後立山連峰望む

白馬田園風景点描

そうそう、三浦先輩が撮影された全員集合写真が届きました。毎回同じ場所でマンネリですが、昨年の紅葉とはだいぶ見劣りします。

PICT0382E-mail (2005秋合宿 今年も無事終了)

昨年に比較して、紅葉がイマイチでした。ちなみに、昨年の集合写真はこんな、もんでした。2004年秋合宿写真。

これでは、判りにくい? 満天に紅葉!

ほらね。

そういえば、去年のワンチャン又見送りに来ました。池田屋さんのワンチャン

| | Comments (6) | TrackBack (0)

聖水信仰

前回は埋納信仰について、伏見人形を例に記事を書きました。今回は聖水信仰について少し触れてみます。なんせ、私の苗字も筒(九州の海人族)と井戸ですから興味があるんですね。

(九州の大王、磐井)

私が生まれ育ったのは招堤村ですが、隣の村が樟葉村です。継体大王(ヲホド王)が即位された樟葉の宮のある場所です。この継体大王は現在の皇室の確実に学者も認める先祖になります。それ以前は河内王朝の時代、崇神王朝の時代、と王権は交代したと多くの学者がいいますね。

さて、この継体大王は琵琶湖周辺と富山近辺、所謂、越の国が地盤の日本海航路を地盤にした王でした。そして、古代の大戦争と言われる九州の王である、磐井と戦争をしました。527年に筑紫平野で大規模な戦いが有りました。

(磐井とは何か)

考古学者の森浩一先生のお話では、以下、興味あるご意見であります。

”筑紫の磐井は、久留米市と八女市を勢力の中心にしていて、久留米市にある高良山が、大和朝廷の三輪山という聖なる山に相当する。その高良山の神籠石から流れ出る川が岩井川である。その川のほとりに今日も薬師信仰の聖水の湧く岩井と呼ぶ泉がある。

Continue reading "聖水信仰"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

伏見人形と甲子園球児

私の姉と家内の実家とMuの旦那は木幡にお住まいである。直ぐ近くに伏見稲荷神社があるんですね。そこは深草という場所です。お祭りでは雀のピン焼き(丸焼き)を売っているのが印象深いのですが、実は有名な伏見人形というのがあるんです。

(伏見人形概説)

今は全国各地に土から制作した土人形がありますね。実はその故郷がこの伏見人形なんです。江戸時代の初期にここ深草の陶土を使い製作され伏見稲荷の参拝客に売られたのが始まりだそうです。

考古学者の森浩一先生はお近くにお住まいですが、干支の伏見人形を全て買い求められたそうですね。そして、全国に江戸中期から広まったそうです。

実は、この深草という場所は雄略大王の時代(5世紀)に渡来系の秦氏がヤマト朝廷から陶土が素晴らしいという事で譲り受け、土師氏を住まわせていたそうだ。そういう意味では、土人形を制作出来る土壌があったわけですね。

Continue reading "伏見人形と甲子園球児"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

コンテンツ時代の同窓会

先日、恵比寿のレストラン&バー ”We”(ベトナム料理)にて同窓会が有りました。

CIMG0139

(二人のお祝い)

今回のテーマはTomさんの役員就任祝いとコジラ親爺の帰国祝いでした。

そういえば、今年の春には上野で花見をやりましたね。もう殆ど櫻は散っていましたが、動物園の玄関の前でやりました。そして、音楽家?、Mさんのご自宅に押しかけ二次会をやりましたね。

次回は、上野で紅葉狩りのイベントと忘年会で今年のスケジュールは終わります。皆さん何時も元気なのが特徴ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

紀宮内親王ご結婚

今日は、紀宮内親王のご結婚式、披露宴がありました。本当に祝賀を申し上げます。

披露宴での美智子皇后の顔をみてると、観音さまか菩薩さんのようなお顔でしたね。今日は、御所を離れるときに抱きしめて、”大丈夫、大丈夫”と言われたそうだ。母と娘の別れがあった訳ですね。初めて、天皇・皇后が娘が民間に下る披露宴にでられたそうだ。

そういえば、従来の皇室の風習を美智子皇后は変えられましたね。自分のそばで育てられたし、紀宮も民間の幼稚園に入れられた。今度は、披露宴まで御出席された。改革の人でしたね。

(結婚式の天皇・皇后の席)

これには、興味がありましたね。天皇家の先祖を祭る伊勢神宮の天照大神の前で式を行うのですが、では皇孫の天皇・皇后のお席は何処か?伊勢神宮の大宮司が司祭をされる、わけですが、結果は大宮司の向かい側に座れたそうだ。

明治の頃なら考えられない世界でしょうね。だって、天照大神の直系の氏神様がおられる場所ですからね。

(披露宴の形)

新郎新婦は最初はひな壇におられたが、直ぐに天皇・皇后両陛下のテーブルにおつきになりました。庶民感覚では、両家の両親・兄弟のいるテーブルに新郎・新婦が座る感覚ですね。これは、新しい披露宴の形かもしれませんね。

来賓は周りにはべらす、周りから祝福を家族が受けるという感覚ですね。これは、おもろいかもしれない。

Continue reading "紀宮内親王ご結婚"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブッシュ大統領訪日

ブッシュ大統領は本日、11月15日夜に大阪空港に到着する。そこで、どないなスケジュールかアメリカに訊いてみましょう。

ブッシュ大統領訪日関連

15日に来日し、16日が京都で小泉首相と会談して、17日は韓国に渡り、韓国大統領と会談して、18日から19日のAPECに出席する。そして、20日に北京に行き胡錦涛さんと会談する、そして何と?21日はモンゴルである。

東アジアの覇権をかけた膨張中国とアメリカの激しいつばぜり合いが深刻化して来ましたね。ブッシュさんの人気が本国では厳しい状況であり、先の見えないイラク情勢、そしてスキャンダルと落日のイメージですね。

Continue reading "ブッシュ大統領訪日"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

甘樫丘東麓遺跡 建物跡出土

2005年11月14日読売新聞朝刊一面の記事”蘇我入鹿邸跡?出土”の見出しが躍った。

奈文研(奈良文化財研究所)が13日に発表したそうだ。関連記事はわがMuの旦那が記事にされているので、参照されたし。

甘樫丘には蘇我大臣蝦夷の宮殿、”上の宮門”があり、麓には蘇我太郎入鹿の”谷の宮門”が存在したと正史には記録されている。645年大化改新のクーデターにより、入鹿は南東600メータの地点に存在した飛鳥宮殿で暗殺された。

北東600メータの地点にある蘇我氏の氏寺である飛鳥寺のそばに入鹿の首塚(伝)が今も存在する。此処まで、暗殺現場から飛んで来たと言い伝えられている。無念の思いが民間伝承になったのだろう。

Continue reading "甘樫丘東麓遺跡 建物跡出土"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005秋合宿 事件簿

今回の合宿でもいろんな事件があった。少し、速報版とだぶりますが、ご紹介します。

CIMG0007 (飛ぶ前に壊れる機体)

・わこちゃんの機体での事件です。スターターをかけると尾翼への制御用のロッドは折れるし、尾翼が外れるし・・・・・。以前、07の小さなエンジンを搭載していた機体に今回、15CVAという一回り、ふた周り大きなエンジンを搭載したのだ。

・ロッドがバルサ棒と針金であるが、バルサ棒が四角いままである。これでは、折れてもおかしくなく、飛行中でなくて幸いであった。どうも、何時もわこちゃんの機体は強度が足らないのだ。バルサの場合は丸棒でなければ、駄目だと思う。

・飛ぶ前に壊れるといえば、テッチャンのサンデーアルファ機も赤とんぼ機の着陸オーバーランで衝突されて壊れた。

CIMG0011 (サンデーアルファ機の問題)

・問題は二点ですね。一つはエンヤ19BBエンジンの調整不足による離陸時のエンスト。二点目は、最初の墜落時にサーボベッドが胴体側面との接合場所が外れた事に気がつかなかった事ですね。

・墜落の原因を完全に究明してからでないと、飛行機を再度、飛ばしてはいけないのだ。一度墜落した飛行機は厳重にチェックしないと危険ですね。

Continue reading "2005秋合宿 事件簿"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005秋合宿 速報版

PICT0382E-mail CIMG0067 2005年度、赤とんぼ 秋合宿は無事終了しました。天気予報通りに12日(土曜)の午前中は雨に見舞われましたが、午後は晴れました。

2005年秋合宿写真マイフォト

(合宿あれこれ)

・総勢12名の参加による盛大な大会となりました。初参加のYsさんは初日から参加され、土曜日の午後には富山から、昔の電気屋さんが子供さん二人を連れての参加でした。山小屋管理人、岩ちゃん、ラジコン親爺、三浦さんと息子さん、カッチン、ワコチャン、jo総勢12名ですね。

・金曜日朝6時40分にカッチン、ワコチャンが我が家に到着、私の飛行機4機を搭載すると9機の飛行機をカッチンは上手に積み込みました。バッテリー、燃料缶、着替え、諸々凄い荷物である。

・途中の中央高速、双葉SAにて休憩と朝食の蕎麦を食べて白馬に向う。もう、Ysさんは到着されたと連絡が入る。未だ11時前である、”えらい早いな~~”、千葉組も順調に来てるし、三浦さん組も順調である。昼食のオムスビとお茶とビールをコンビニで買い込み佐野坂の田圃に向う。

Continue reading "2005秋合宿 速報版"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

明日より2005秋合宿

遂に明日から2005秋合宿のスタートです。早く帰宅し準備と帰路についたが、私の乗降駅である東横線の大倉山駅で人身事故が発生し、小杉駅で立ち往生。

日吉と渋谷の運転、菊名と横浜方面は僅かに運転され始めたが、大倉山駅ではレスキュー隊が到着しジャッキで電車を持ち上げて救出作業を開始したとアナウンス。

そこで、これは、当分は駄目だと判断し、国鉄を使い小杉から川崎駅へ行き、横浜駅へ向う。市営の地下鉄で新横浜駅に向った。デジカメのSDカードとか少し買い物もあり、駅近くのヨドバシカメラで購入し自宅に向った。

娘も立ち往生で子供を迎えに間に合わないそうなので、家内が学童に向った。私は、大倉山の駅の近くの有料駐輪場に自転車を停めてあるので、今度は自宅から徒歩で自転車の回収に向った。ホンマ超忙しい合宿前日の事故である。

Continue reading "明日より2005秋合宿"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

交友往来メモ録 ベトナム編(1)

最近は新しい仕事仲間が出来たり、又、古くからの仲間と再会したり、人生の楽しさを謳歌しております。人との出会いというのは、不思議なものですね。最近の印象に残る交友について少し、記録しておきます。

(Vさんの語るベトナム)

最近、ベトナム生まれだけど若い頃に東大に留学に来られ、ベトナム戦争の勃発で祖国が無くなったVさんと知り合った。そのまま大学院に進まれ、工学博士号をとり某大手F社で長く衛星の仕事をされていた。

私はベトナムの歴史には詳しくありませんが、昔、サンノゼに駐在していた折、お向かいのお家の人々がベトナムの方々であり、大層お世話になりました。美味しいベトナム料理を御馳走していただいたり、色んな相談に乗って頂いた経歴があります。

ベトナムという国はどういう国なのか?私も興味がありますので、最近は仕事の話よりもお会いすると祖国の事について質問するよにしています。現在ベトナムは世界で4カ国しか存在しない?共産党一党独裁国家でありますね?(キューバ、北朝鮮、中国、ベトナム)

Continue reading "交友往来メモ録 ベトナム編(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

理想の家庭 漫画の世界から

日本人が理想とする家庭とはどんな、もんだろうか?長く受け入れられている漫画の世界から少し分析してみましょう。

先ずは、”サザエさん”、”ちびまる子ちゃん”、そして”コボちゃん”、”おとぼけ課長”の4作を採り上げたい。長谷川町子さん、さくらももこさん、そして男性漫画家の植田やすしさんです。

(厳しい親爺がいる)

一家を支える厳しい親爺が存在する。サザエさんの浪平さんは常に説教をする。子供を厳しく叱責し、時に雷を落す。ちびまる子ちゃんの場面では何時も酒を飲んでグータラだけど、いざという時には一家を支える頼もしい父に変貌する。

コボちゃんはおじいちゃんがその役目であり、サザエさんの場面設定に似ている。何時もは優しいが、時に厳しいおじいちゃんになる。おとぼけ課長は何時もドジばかりしてるが、厳しい父親である。

これは、今の時代とは違いますね、しかし、誰もが望んでいる世界ではないのだろうか?昔のアメリカのテレビ番組でも”大草原の小さな家”とか”パパは何でも知ってる”とか、強い父権が存在した。

Continue reading "理想の家庭 漫画の世界から"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

晩秋の北安曇村

晩秋の北安曇村は紅葉に包まれ、後立山連峰の峯々には真っ白な雪が被っています。今週末の天気予報は:

北安曇郡白馬村 週間天気予報

11/11(金) 降水確率40%  最高温度13度 最低温度2度 

11/12(土)       50%               12度      1度

11/13(日)       30%               10度     -2度

あかん、土曜日は雨だわい。みぞれかも?

栂池の自然園の今の晩秋の季節では、どうなっているんでしょうか?                                               http://homepage3.nifty.com/loghouse/05tayori/051027.htm

Continue reading "晩秋の北安曇村"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

何故世界中で動物の鳴き声は異なるか?

アメリカに昔、赴任して秘書さんと話をしていて、不思議の思ったのは米国と日本では動物の鳴き声の表現が異なることである。

(ポピュラーなやつ)

・犬はワンワン、米国bow bow 又はwoof woof

・ネコはニャンニャン、米国meow meow

・豚はブーブー、米国oink oink

似てるところは、牛のmoo,カラスのka ka その他、鶏、羊、蛙、猿、ライオン、皆違いますね。

Continue reading "何故世界中で動物の鳴き声は異なるか?"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004年秋合宿回想と今年は?

そろそろ、赤とんぼ恒例の秋合宿が数日後に迫った。さて、昨年の秋合宿の模様は以下の通りである。

(記事編)

・秋合宿初日

・人気レシピ

・ローパス飛行

・秋合宿終了

Continue reading "2004年秋合宿回想と今年は?"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

新説 地球の歴史

先日、NHKの番組では興味ある話をしていました。メタンハイドレートと恐竜の肺の機構についてでした。

(ベルム紀末の生命絶滅)

今から2億5千万年前ですが、古生代最後のベルム紀末に海洋生物の90%以上が絶滅したのは、今まで知られていました。今回の番組では、その原因が海底のメタンハイドレートの崩壊による爆発(ブローアウト)と海中・陸上の酸素の激減と地球の高温化であったという説でした。

崩壊の原因は不明だそうだが、地球が寒冷化し海面が低下してハイドレートを閉じ込めていた周りの気圧が低下したのか、プレート移動で断層に歪がでたからか?未だ判らないそうだが、生命絶滅の原因がメタンハイドレート崩壊で説明がつき易いという。

Continue reading "新説 地球の歴史"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日快晴

今日は秋晴れの素晴らしい天気である。しかし、富士山は望めない、少し霞んでいる。

さて、赤とんぼ秋合宿は数日後に迫ったので、週末は最後の準備をしておかねばならない。昨夜は、久しぶりに5歳年上の先輩と武蔵小杉の居酒屋で杯を傾けた。美味しい酒でしたね。

(羽生田先輩)

彼は数年前に会社の役員を退職し幾つかの会社の顧問をされていて、今年になり会社を創立され今月から、本格的に会社を立ち上げられるそうだ。私の5歳上というと64歳でしょうか?相変わらず元気の塊みたいなところは、歳をとっても変わらない。

昔から、ボーイスカウトを指導されており、子煩悩である。彼は今も気迫は漲っていますね、男は仕事を引退してはいけないと熱く語られていました。

大昔は赤とんぼの三浦先輩の下で建設現場の親玉みたいな、厳しい現場監督のイメージが今も抜けない。私と同期のテッチャンとか石田君とか数名で古河さんの指揮下でAIMの

DCの企画を進めていた頃に、ようやく開発に着手する段階になった。その時に三浦さんと羽生田さんが精鋭の開発部隊100名を引き連れて強力に来られた。今も忘れられない、戦いの始まりでした。感動の瞬間でしたね。

Continue reading "本日快晴"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005RC航空ページェント 報告

昨日は朝の早くから、わこちゃん御夫婦とカッチンと4人で横浜駅に集まり、電車で片道、2時間もかけて駕籠原駅(群馬?)にでかけました。

地元の赤とんぼのメンバーである、トリさんが車で迎えに来てくれていました。20分程のドライブで利根川の河川敷に設けられた尾島ラジコン飛行場に到着です。電話で千葉から来る予定の岩ちゃんにアクセスすると、渋滞に巻き込まれ1時間は遅れる様子でした。

2005RC航空ページェントin 尾島

2005RC航空ページェント写真集

Continue reading "2005RC航空ページェント 報告"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

サンデーアルファ本体完成

テッチャンから譲り受けた25年前の機体、サンデーアルファの本体の制作がほぼ完成した。

2005_11020075 エンジンはエンヤ19Ⅳを搭載し、200ccのオイルタンクを搭載し、サーボ・モータを三個搭載し、ラダー、エレベータ、エンジンと接続した。これで、ほぼ本体の工事は終了である。残るは、翼へのサーボモータの搭載が残されただけである。

これでは、秋合宿に間に合いましたね?どないします?飛ばしましょうか?それとも、処女飛行には立会いなさりますか?私はこれで、何時でも飛行可能な飛行機が5機になりました。

嬉しい悩みだす。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日はRC航空ページェント

明日は群馬県尾島にて2005年度のRCショーがあります。早朝より横浜駅から電車に乗り、片道2時間をかけて尾島に向かいます。前回見学したのは2002年度の航空ショーでした。

2002年度RC航空ページェント参考

この時は横浜から三人でわこちゃんの車で出掛けました。しかし、帰りの道が混んで4時間位かかってしまいましたので、今回は便利な電車の選択となりました。千葉からは、岩ちゃんが車で参加予定であり、現地では群馬のトリさんが参加予定です。

Continue reading "明日はRC航空ページェント"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Ysさんのオールドタイマー機

Ysさんはラジコン歴が我々、赤とんぼの30年ではまだまだという程、古くからのマニアである。今度、赤とんぼの秋合宿に参加頂けるようで、光栄な限りです。楽しみにしています。

最近の、自作の飛行機のご紹介で、オールドタイマーの飛行機とエンジンが復元された様子なので、ご紹介致します。

Ysさんのオールドタイマー機

Super Tyger102機とFuji099エンジン1958年(47年前のエンジン)に注目下さい。美しいフォルムの飛行機と搭載されてる、大昔ほぼ半世紀前のエンジンです。

さて、どのようなサウンドを聴く事ができるんでしょうか?秋合宿の岩岳飛行会が楽しみですね。

朗報

今日からJoBlogは10ギガバイトに容量がアップ。現在約300メガ近いので、嬉しい話だ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »