« アメフトの試合観戦記 | Main | ドイツ紀行(ゲーテ街道) 記事目次 »

ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(最終章)

遂にこれで、今回のドイツ紀行を終わります。私が何故に青春時代に大学に行きたかったのか?その謎に迫る旅でした。

高校生の時代に憧れた旧制高校のバンカラな世界、北杜夫さんが描いた松本高校の寮の世界、映画”ダウンタウンヒーローズ”が描いた世界。そして、ワンダーフォーゲル部に入り野山を彷徨った充実した4年間の時代。

このルーツはドイツのハイデルベルグにあると信じていました。青春時代の心の聖地を訪問する旅がこの、ドイツ紀行でした。願いは叶い満足しています。

ドイツと日本は環境が似ています、資源の無い国であり、植民地も持たない国で、敗戦国であります。しかし、戦後の歩みがかなり違うように思います。近隣諸国に対する戦後の対応、エネルギーに対する考え方、伝統あるゲルマン魂のありよう、EUでのリーダーとしての立場、等々、比較検討するには十分な国である筈ですね。

今回の紀行記では、折に触れこのようなテーマについて触れた積りです。たまたま、今日の日経新聞にドイツの風力発電についての記事がありました。参考になると思いますので、少し、紹介します。

(地球回覧 独風力発電)

磯山友幸記者(記) 
・ドイツには風力発電用の風車が1万6千基以上ある。
・発電量の11%を風力発電で賄う世界一の風力発電大国である。
・2000年に制定した再生エネルギー法により、市場価格より高い値段で買いとり20年間保証する。
・欧州エネルギー取引所では二酸化炭素排出権の価格が急騰している。
3月に排出権1トン=9ユーロが今23ユーロである。
・欧州では今年1月から国別の排出削減目標に従い、工場などに排出量を割り当てる制度が動き出した。
・2007年末迄に目標以上に削減すれば、その排出権を他の企業に転売できる。削減できねば、排出権を買わねばならない。
・風力発電は二酸化炭素を排出しない。化石燃料を使用して発電した場合の二酸化炭素排出量が”削減分”として計算される。
・1メガワットの風力発電の場合年間2500トンの排出削減になる。今の取引価格なら780万円に相当する。採算性が一段と向上する。

これは、EUの戦略でありドイツだけの話ではない。政治に未来の地球環境に対する危機感がある。新聞報道によると近い将来に北極の氷は全て溶けてしまうそうだ。北極熊はどうなるんだろうか?地球の深層海流の沈み込みの現場が無くなると、地球の環境はどうなるのか?

もう、50年か100年くらいしかもたない埋蔵量の石油に依存し、経済大国と謳歌しても、空しい。

色々と、考えさせてくれる貧乏旅行でした。


|

« アメフトの試合観戦記 | Main | ドイツ紀行(ゲーテ街道) 記事目次 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

そうですか、風力発電が戦後ドイツ半世紀の結論かもしれませんね。たしか、原子力も辞めたようなきがします。

いろいろなお手本に日本は明治以来してきました。お手本というのは、単に相手が大国だからでは、うまくいかないでしょうね。

気質、文化伝統、ものの考え方、やり方。
風力発電維持の頑固さをみると、まだまだドイツは日本のお手本になる国なのだと思います。

そうだ。
大学制度や、その実情も、なにかあるかもしれない。

Posted by: Mu | 2005.10.08 05:48 PM

Muさん

戦後60年の総括がどうか?焼け野原から立ち上がった、ドイツと日本。経済面ではお互いに互角ですね。しかし、ドイツは米国に対抗するEUを手の中に持った。

相変わらず、米国一辺倒の日本の戦略が今後の50年に効いてきそうです。アジアという近隣諸国と繁栄圏を切り開かないと、ドイツとは比較になりませんね。

大学制度も最近はおかしい、先ず、教養主義が否定されている雰囲気ですね。専門オンチばかり製造しても、環境の激変には対応出来ない。

主観を賛美されすぎですね、地道に幅広く勉強する世界が軽視されている気がします。大学の独立法人化も、何故そうするのか?まともに、聞いた事が有りませんね。

どこか、おかしいと思いますよ。良識ある人々の発言が本当に取り上げられているんでしょうかね。

ま、ここらでやめときます。

Posted by: jo | 2005.10.08 08:29 PM

 風力発電で11%も賄っているドイツ、驚きました。自己主張が強い、独立心が強い?ゲルマンなんでしょうか。右に同じ・・・的に感ずる近頃の日本、どう自己を主張していくべきか・・・戦略がないな~

 学校の独立法人化、日本は人材の育成にも国家戦略を放棄?なんて思ったりしてます・・・

Posted by: | 2005.10.08 10:25 PM

哲ちゃん

風力発電が日本に向いてるかどうか知らないがドイツで建設されてる風車は日本企業が頑張って建設してるんですよ。

日本は雷が多いから、落雷すると大丈夫なんだろうか?それと、安定した風が常に吹いている場所を見つけるのはどうするんだろうか?

ラジコングライダーの専門家に訊けば、判るかもね。

日本はやはり、黒潮発電でしょうね。(笑)海に囲まれた国ですから、何とかしたいですね。

教育の問題は国家国民の基本事項です、我々も具体的に行動しないといけませんね。反省します。

Posted by: jo | 2005.10.09 09:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ紀行(ゲーテ街道)心の旅(最終章):

« アメフトの試合観戦記 | Main | ドイツ紀行(ゲーテ街道) 記事目次 »